5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆千と千尋の神隠し 其の39★

1 :薫習:03/01/27 22:51 ID:LoBI4pWc
私的名作です。

結論から言えば「記録」「宮崎駿」でこの作品を好きになったわけではない。
また他人がこの作品をどう思っているか俺には関係ない。
だけどこの作品に共感する人たちがいればうれしいし、
そんな人たちと語り合いたい。

                        以上


          【「☆千と千尋の神隠し 其の35★」302のレスより】

前スレ
☆千と千尋の神隠し 其の38★
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1043482842/-100

関連スレ・サイトは>>2-10あたり

2 :薫習:03/01/27 22:52 ID:LoBI4pWc
* * * * 各公式サイト * * * * *
千と千尋 日本公式サイト
http://sentochihiro.com/
千と千尋 フランス公式サイト(オススメ)
http://www.chihiro.msn.fr/
スタジオジブリ
http://toho.co.jp/cron/ghibli.htm
ベルリン映画祭公式サイト
http://www.berlinale.de/
もののけ姫 英語公式サイト
http://www.princess-mononoke.com/
ローソン
http://www.at-lawson.com/AboutView.cfm?LayoutGroupID=4700
米ブエナ 映画公式サイト
http://bventertainment.go.com/movies/spiritedaway/index.html
米劇場版予告編
http://www.apple.com/trailers/disney/spirited_away.html
哲学板千と千尋
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/philo/1043417557/l50


3 :薫習:03/01/27 22:54 ID:LoBI4pWc
           ■関連スレ■
日本を代表する映画人、宮崎駿について
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1037419033/
´Д)つパズー!■天空の城ラピュタ 4■シータァ(。Д。)
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1041065483/
【やっほー】耳をすませば・その2【元気だね】
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1027615669/
☆☆☆猫の恩返し 3匹目☆☆☆
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1030274420/


4 :名無シネマ@上映中:03/01/27 22:54 ID:SDwZuLzG
乙カレー祭り

5 :薫習:03/01/27 22:55 ID:LoBI4pWc
こちらも盛り上がってるようで・・・

[DVD千と千尋の神隠し]色合い改悪を抗議するスレ10
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/movie/1043421164/l50

6 :名無シネマ@上映中:03/01/27 22:56 ID:hIImwjMz
過去ログ
其の1 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/987/987943214.html
其の2 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/993/993657085.html
其の3 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/995/995557920.html
其の4 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/995/995708900.html
其の5 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/995/995873483.html
其の6 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/996/996094761.html
其の7 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/996/996234184.html
其の8 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/996/996420858.html
其の9 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/996/996865369.html
其の10 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/997/997119960.html
其の11 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/997/997280243.html
其の12 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/997/997524784.html
其の13 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/997/997643031.html
其の14 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/997/997813658.html
其の15 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/997/997900855.html
其の16 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/998/998041266.html
其の17 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/998/998155260.html
其の18 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/998/998496349.html
其の19 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/999/999499779.html


7 :名無シネマ@上映中:03/01/27 22:57 ID:hIImwjMz
其の20 http://cocoa.2ch.net/movie/kako/1000/10001/1000190099.html
其の21 http://choco.2ch.net/movie/kako/1001/10016/1001693206.html
其の22 http://tv.2ch.net/movie/kako/1004/10041/1004108917.html
其の23 http://tv.2ch.net/movie/kako/1009/10096/1009626273.html
其の24 http://tv.2ch.net/movie/kako/1017/10179/1017932853.html
其の25 http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1021481520/
其の26 http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1025708486/
其の27 http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1027013311/
其の28 http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1027083387/
其の29 http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1027157052/
其の30 http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1027997620/
其の31 http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1030188249/
其の32 http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1033143621/
其の33 http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1035792719/
其の34 http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1040232587/
其の35 http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1042279275/
其の36 http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1043406089/
其の37 http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1043421582/
其の38 http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1043482842/l50

8 :薫習:03/01/27 23:00 ID:LoBI4pWc
>>6-7
サンク〜

9 :名無シネマ@上映中:03/01/27 23:01 ID:+G3Zjfsm
1の口上シンプルだけどカッチョいい。

人を褒めるって照れくせえな。

10 :名無シネマ@上映中:03/01/27 23:10 ID:KUK8bEjT
>>1 おつかれ。

11 :名無シネマ@上映中:03/01/27 23:14 ID:K6NM+Q4P
薫習タン、乙カレ〜
なんかカコ(・∀・)イイ!!

12 :名無シネマ@上映中:03/01/27 23:39 ID:WwD1Q/Uf
沢口靖子秀逸だな。

13 :部屋掃除:03/01/27 23:59 ID:ITeg+cdO
>>1
コテハンさんこんにちわ。
おつかれさま。
ありがとう、そして、さよなら。

14 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:22 ID:AIIfs8xW
最後のシーンなんだけど、千尋はなんで両親があのブタの中にいないってわかったの?
某日記系サイト見てて、ヒントが掲げられてたんだけど、さっぱりわからん。
、「名前を奪われる」「目に見えないもの」「にがだんご」「あっちの世界でのルール」だって。

神、教えてプリーズ!!

15 : :03/01/28 00:26 ID:IeBOEQTZ
んー、勘。

16 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:28 ID:kLncTZ4n
1の302のレスからの引用、カコイイね。お疲れ。

17 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:29 ID:kLncTZ4n
>>13
部屋掃除さんなんで、さよならなん?
いなくなってしまうのん?
(´・∀・`)さいなら…

18 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:31 ID:8Ed2PN3h
単純過ぎる話だが、
一度ハクに連れられて両親豚を確認してるからじゃないか?
湯婆婆はそのことを知らない。

夢の中でニガダンゴ食べさせに行った時、
既に「これは両親じゃない」という見分けがついていたし。

19 :部屋掃除:03/01/28 00:34 ID:c7L7HYoL
>>14
じゃあ、そのヒントに「おばあちゃん」も
くわえてみてはいかが?

>>17
じゃあ、こんにちわ。
なんかの賞とった時の宮崎監督のコメントが
こんなんだったと思う。
使ってみたかったの。深い意味全く無いです。

20 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:39 ID:sqiF7l01
ぎゃはははははははははーい! 千の神いっただきー! ひゃほう!

1000 :名無シネマ@上映中 :03/01/28 00:37 ID:sqiF7l01
1000

21 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:41 ID:CWW78OZq
>>前スレ996
あそこは亀仙人の家

22 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:43 ID:Ps6jTmWh
他所のスレ見てたら1000逝ってたのな クソォ

23 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:44 ID:Q0Ryuxqk
ハクのうろこって百合根みたいでうまそうだね

24 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:45 ID:WEOsimwc
>>19
なるほろ。

>>20
よかったね。フンだ。

25 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:47 ID:kLncTZ4n
>>19
ああ、そうでしたね、
「日本の宮崎監督からは『ありがとう、そしてさようなら』と伝言が来ています」
でしたっけ。
なるほどお。

26 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:48 ID:AIIfs8xW
>>18
レスありがとう!
うーん、そんな単純なのかな?
名前を奪われるってのがつながらんし…

>>19
答え、わかってるんですか!?
「おばあちゃん」って、銭婆に会った後の千尋が湯婆婆に使う呼び名ですよね?
うーん、なんだろう?考えてみます。

物語の読解力ないのかな俺。

27 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:49 ID:Q0Ryuxqk
ハクのワキの下で握ったおにぎりなら食える

28 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:51 ID:CWW78OZq
ハクって目が大きいから宇宙人みたい

29 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:55 ID:WEOsimwc
ずばりこの映画のテーマは「生きる力」というよりも、「自己内面回帰」って感じがする。
「自己認識」というか。
ん〜、たとえば「ミツバチのささやき」に通ずるようなテーマ。
おんなじ風に感じる人いない?

30 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:58 ID:Q0Ryuxqk
なんでハクは名前思い出したときは目がキラキラしてたのに
湯屋に戻ったらツリ目になってたの?
釜爺が
「ハクは湯婆の弟子になってから、目がきつくなって青白くなっちまって…」
みたいなこと言ってたから、呪縛が解けたんなら戻ると思ったのに。
ぼぼのけ姫で結局たたり神の呪いが最後まで完全に取れないで残ったアシタカみたいなもん?

31 :部屋掃除:03/01/28 01:04 ID:c7L7HYoL
>>20
日付が変わるとIDって変わるの?それでみんな
待ってたりしたのかな?日付変わるまで。
前スレ976の発言とか。

みんな素直だなあ。

>>26
答えは星の数ほどあったりなかったり。

>>29
そのために「吐き出す」ことが重要だと思いました。
もともとあるんだってば、自信を持ちなさい、とも似た。

さて、
「欠点だらけの最高の映画」という類いのことを言っておられる方が
(2ちゃんに、じゃなくて)いらっしゃいますが、
僕の気持ちもまさにそうですね。

進化だけが人間の進む道ではない、と21世紀になって
考え始めたのかな?という観点では「オトナ帝国」も同じ机上に
挙げられてもいいと思うけれど。そういえばあれも
気味の悪いディテールの映画でしたね。

32 :名無シネマ@上映中:03/01/28 01:16 ID:WEOsimwc
   

   ♪ちィィ〜〜ん胎盤

33 :名無シネマ@上映中:03/01/28 01:22 ID:DiqA2jc+
前スレ852のこれ↓

もののけやラピュタとかこれまでの自然破壊や科学技術への警鐘とは
わけがちがう。現実のシリアスな問題(子供を取り巻く環境)を
問うておいて、漠然とした回答しか示さない。
貴様ムスカか?下界を見下ろしているつもりか?
観客はまさにその下界をのたうちまわってんだぞ?

なんかすごく同感。
回答出せや!ってわけじゃなくて、熱い説教ならうざくても許せるが、
やる気のない、人を馬鹿にするだけのための映画なんてうんざり。

前スレで、パヤオの物語論があったが、見解が自分とまったく逆。
ストーリーの破綻は、根本に流れる熱意だけによって許されるもんだろ。
テーマが何もないのなら、その空虚さを埋められるのは、
きちんとしたカタストロフィと物語の枠じゃないの?
それが熟練の技ってもんじゃないの?

すごくよくできたアニメ映画だと思うけど(特に前半)、
自分にっとっては気持ち悪い・嫌いな作品だな。手ざわりが最悪。


34 :20:03/01/28 01:23 ID:I4CPVo6V
>>31
ただ回線を切ったからIDが変わったに
すぎないわけですが何か?

35 :名無シネマ@上映中:03/01/28 01:34 ID:VZiVwZSY
>回答出せや!ってわけじゃなくて、熱い説教ならうざくても許せるが、
>やる気のない、人を馬鹿にするだけのための映画なんてうんざり。

この気持ち凄くよくわかる。熱い説教映画なら構わんのだよ。
中途半端に社会に対する皮肉や寓意を込めた映画なんて人を馬鹿にしてる。
この映画崇拝してる人はそういうファッション的(表層的)にしか問題を捉えて
いないんじゃないのか。それとも全然考えていないのか。
中途半端に問題定義するくらいなら完全にエンターテイメントにして欲しかった。
俺は個人的に結論皆無でも骨太な熱い説教映画であるもののけ姫を支持する。

36 :名無シネマ@上映中:03/01/28 01:37 ID:v5K3Xcn1
せっかく銭婆たちが作ってくれた髪留めも
記憶を無くしたら大して大切にしないでポイってこともありうるんだよね
せつねえ

娘が見慣れないキラキラした髪留めつけてたら万引きと勘違いするかもしれない


37 : :03/01/28 01:39 ID:IeBOEQTZ
わしは何も考えてないから好き。
ナウシカみたいなのは嫌い。

38 :名無シネマ@上映中:03/01/28 01:42 ID:Ps6jTmWh
っていうか。そんなに深く考えなくてもいいんじゃない?

39 :名無シネマ@上映中:03/01/28 01:53 ID:07+If4cj
ここで長文書いて自分の意見を開陳する人って

例外無くつまんないか読むに耐えないね。

40 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:01 ID:jAFYwETP
>>38
視聴率46.9%ていうにはある意味「宮崎駿教」みたいな意味合いがあり、
「信者」が教えを被りたいのかな?

41 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:01 ID:8Ed2PN3h
テーマ性やらメッセージやら問題提起やら、
映画ってのはプロパガンダの道具に過ぎないんですかい?
そういう読み方もまた楽しいものだけれど、それもまた表層の一部だよ。

「問1、この文は何を意味しているか述べよ」的国語教育の
弊害ではないのかと問題提起してみよう。

42 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:09 ID:4+XjZZ/x
>>14
湯婆婆は大切な坊がすり替わっても気が付かず、
また、外見の変わってしまった坊を坊だと分からなかった。
本当に大切にしているのなら分かるべいではないか、
分からないのは湯婆婆の坊に対する愛情が間違っているからではないのか!
と映画を見ながらは感じました。

だから、豚の中に両親が居ないとどうして千尋は分かったのかと考えるのではなく、
両親と正しい関係を築けていれば、分かって当然と考えて見るといいのではないでしょうか?


43 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:17 ID:Ps6jTmWh
信者って何さ。
深く考えすぎると楽しいもんも楽しめないよって思っただけだよ。


44 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:21 ID:VTAXRhl5
478 :名無しさんは見た! :03/01/27 11:21 ID:9MxpS2kQ
http://www.sanspo.com/cinema/interview/021105hiho02.html

 「千と千尋−」ってあれだけ各メディアで論じられた中で、誰もカオナシ
の行為の意味は持ち出さない。触れることがまずいって思ってるのか、ただ
鈍感なのかわからないけど。でも「プレミア」のインタビューで監督本人が
“これは売春の話です”って言っている。本人が話していても聞いていない。
日本の映画評論って本当にデタラメなんだよ。



「プレミア」のインタビューで監督本人が“これは売春の話です”


45 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:23 ID:DiqA2jc+
>>35
お、自分が書いたかと思った。
もののけ、面白かったよね。 話の破綻具合はわりとすごかったけどパワーあった。

>>41
いや、お話つまんないなあ何でだろう?って思って考えたら、
テーマ云々の話になったわけであって、
別にメッセージがないから良い映画悪い映画っていう話をしたいわけじゃないですよ。


46 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:27 ID:DiqA2jc+
>>44
でも(大人だったら)誰が見ても、「油屋」は置屋というかそういう宿なんだなあって
分かると思うんだけど。
得意がって「誰も言わないんだよ!」ってほどのことじゃないだろ。

47 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:40 ID:oOSUXvZB
考えすぎて自分の頭の中で爆発してしまい、妙なところでつっかかって映画に
入れない人があーだこーだと屁理屈つける。

だから、ここの長文はつまんない。

結局、その人固有のお悩み相談みたいになっちゃうから。

48 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:49 ID:PPVxqKMI
>>46
違いますよ
わかっていても悪いイメージの文章を意見として書くと
怖いので書いてないと言ってるんでしょ
ライターや出版社の姿勢に文句言ってるのでは
大ヒットするのがわかってるわけだし


49 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:52 ID:8Ed2PN3h
>>45
おう、そうか。わたしゃ後半、全員がアドリブで行動しているような
感覚が実に気持ち良かったもので、ストーリー云々の不満は無かった。
一つの状況に脚本無しで役者放り込んだら、主役が舞台の外に出ちゃった
感じでありましたよ。

緊密なドラマ構成や、全てが腑に落ちる行き届いたシナリオってのも
時に気が詰まる時もある。

50 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:54 ID:DiqA2jc+
>47
そうか、作品語りのスレだもんね。
シナリオ甘いし、面白くないんだけどどうよ?って思ったけど
面白いと思った人が集まってるとこじゃあお呼びじゃないわな。

51 :名無シネマ@上映中:03/01/28 02:55 ID:xtokEpvx

両親が作った借金をかえすためにソープで働く千尋の物語でファイナルアンサー?

52 :ラララ:03/01/28 02:58 ID:iT6I68R5
NEWSWEEK WEBの記者曰く
'Spirited Away' was 'the best movie I saw in 2002 だってさ
http://www.msnbc.com/news/860322.asp?0si=-



53 :名無しさん:03/01/28 02:59 ID:7CalGlM4
りんはなんであそこに居るの?

ストーリーが主人公にご都合すぎてつまらなかった

54 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:03 ID:xtokEpvx
>>53

もともと、監督自身、起承転結・勧善懲悪のハリウッドみたいなの作る気ない
んじゃないでしょーか。できない人が作ったのではなく、できる人があえてそう
作ったのでは?

おれはハリウッドの映画がお馬鹿単細胞に見えるから、ああいういい加減で
めちゃくちゃな作りとか好き。ワルノリの好き。例によって悪ノリってのは、
お風呂でキモい客の相手をさせられる千ね。

55 :14:03/01/28 03:20 ID:AIIfs8xW
まっぺんDVD見直してもやっぱりわからん。
誰か、なんで千尋が両親はあのブタの中にいないってわかったのか教えてくんろー!
ヒントは「名前を奪われる」「目に見えないもの」「にがだんご」「あっちの世界でのルール」だって。

56 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:21 ID:uxzosSst
あらゆることに意味があると思う方がおかしいのではないか。
そんなことを言ったら元も子もないけれど。
たとえば油屋に掛かる橋は鉄筋だよね。あれは何の意味もないと思う。

57 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:24 ID:xtokEpvx
>>56

そうそう。特に意味はないと思う。腺と千尋って監督が悪ノリして作ったアニメ
だから。

マスコミで毎日のように垂れ流されるうそ臭い美辞麗句と世界中からの絶賛。
でも、本当はロリコンと風俗と少しだけ資本主義批判がテーマかな。

58 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:25 ID:IeBOEQTZ
>>55
それってちゃんとした答えがあるの?
カンでええやん、カンで。

59 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:30 ID:R6wUKbVs
>>53
ご都合主義、分かる。
他キャラの能力に乗っかって
千尋への障壁が無かったように見える。

60 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:30 ID:kLncTZ4n
もののけ姫って評判悪いの…?
ちと意外。

61 :14:03/01/28 03:31 ID:AIIfs8xW
>>58
答えって言うか、そのHPの管理人はタネがわかったらしい。
ネタバレになるから言わないって書いてるけど。
URLさらしちゃまずいよね?
気になって寝れん…

62 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:31 ID:kLncTZ4n
>>53
なんというか、自分にはあなたかプロジェクトXを「ご都合主義だ」って
言ってる様にもみえるですよ。
サクセスストーリーを描いたのに「成功しすぎ」と言われては。

…といいつつ、まあご都合主義だってのは俺もおもうけど。


63 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:33 ID:kLncTZ4n
>>61
あのシーンに関しては、
厳密な、理系的な「これひとつ、これが正しい」っていう答えは正直ないと思う。

そのサイトの管理人は、その人なりの解釈で答えを編み出したんだと思う。
だからそう気にせずに、見たとおり自分の解釈で答えを見つければ良いと思うけど…。

その管理人の答えを当ててみたところで、人の解釈が自分になじむとは限らないし。

64 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:35 ID:xtokEpvx

とにかく、ゲロとかグチョグチョとか多かったね。あれは悪ノリでしょう。
あんなのを絶賛する大人を信用するなって子供へのメッセージ??

それから、ダイヤモンドをうっとりと見ていながら従業員が部屋に入ってくると
あわててダイヤをしまう湯婆婆。それとは対照的に住み込みで働く従業員の
貧しい生活。あれって、まさに資本主義そのもの。それが悪いとか良いとか
言ってるんじゃなくて、ただのありのまま。

それから、ハクってなんだかんだで千尋をお風呂屋さんに売り飛ばした男
だなー。あれってスカウトみたいなもの?ハクは湯婆婆の仲間だって聞いた
千尋が泣き出すのが印象的。

それから、湯婆婆(ソープの支配人)ではなく、第三者のハク(スカウト)と
釜爺(第三者)が千を説得して、「私を働かせてください」と言わせる。絶対
に風俗の経営者はそこで働くことを強要したりはしない。この辺のくだりは
宮崎監督と同じ左派である青木雄二のナニワ金融道でもお馴染み。

65 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:36 ID:uxzosSst
ご都合主義って言えば、千尋が雑巾掛けしてるシーン。千尋の周りの
女の子達は皆いわゆる「千尋的容姿」だ。
顔のでかい女がたくさんいたが、構図悪いもんな。
あのシーン以外彼女達は登場しない。どこかに行ってしまった。

66 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:38 ID:kLncTZ4n
 >>65
あのシーン以外でもいるよ。
リンに「リン、大湯だって?」と話しかける少女。
まああれは微妙に顔が長いように見えるのでナメクジ女だとしても、
その「大湯だって?」の少女と同じ部屋で(画面の構図としては後ろで)働いてる
子は雑巾掛けのシーンに出てきた、あなたの言う所の「千尋的容姿」の子だよ。

よーくみるとそこら中にいるよ。
あのシーン以外登場しない、なんてことはない。

67 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:40 ID:R6wUKbVs
映像的にゲロのどす黒さが気持ち悪かった。
川の神様?が来た時、正直ウンコかと思った。

68 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:41 ID:xtokEpvx
>>67

いや、正解。あれはウンコのメタファー(隠喩)ですよ。

69 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:41 ID:uxzosSst
>>66
ごめん、ちょっと恥ずかしい。
でも言いたかった事は、顔のでかい女と雑巾掛けしてもええんちゃう?
ってことだね。

70 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:42 ID:kLncTZ4n
ホントかなあ…ちと極論過ぎない?

いや、そんなもんかなあ。
不思議の国のアリスの「奇妙なお茶会」シーンでもそういう分析あるし、
大変だあ。

71 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:43 ID:SmDTmGn5
いやー深い。
銭婆婆と湯婆婆の二人の意味が不明だ。

72 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:43 ID:R6wUKbVs
ハクもリンも、千尋に深く関わる人は千尋的容姿だよね。

73 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:44 ID:kLncTZ4n
>>69
あ、なるほどそういうことか。
なんか揚げ足取ったような形になってごめんなさい。

なるほど確かにそうだよね。
一緒になって働いてるんだし(住みこみの部屋も同じ)、
あの顔でかの…ナメクジ女と働く描写くらいあっても良さそうなのにね。


74 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:46 ID:xtokEpvx
>>70

えっと、正確にはウンコじゃなくて、スカトロ系の妄想を映像化したっぽい。
あれは神様のヨゴレなんだけど、映像的には妄想オタを引き付ける技巧かと。
風呂屋に就職した千(源氏名)が最初に執らされた客はキモい客。

宮崎アニメはロリコン系の妄想ができる映像が多いよ。
千と千尋のアニメポスターも水か汗みたいな水分が千尋の顔にかかっている
けど、あれも妄想オタのための裏サービス。


75 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:48 ID:IeBOEQTZ
昔、「ごっつええ感じ」で
「恐怖のキョウちゃん」という松本が考えたらしきアニメやってたど
なんか、あれのムチャクチャさと共通するものを感じる。

76 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:48 ID:Ps6jTmWh
顔のでかい女たちって雑巾がけとかしなさそう。
リンとかが一番下っ端なんでしょたぶん。

千が働くときもリンが世話を押し付けられてたよね。

77 :誰も読まなくてよし:03/01/28 03:48 ID:8Ed2PN3h
>>55
まずババァがこのゲームに勝つ為にはどうすべきか。
約束は守らなければいけないというルールがあるから、
ハクの約束に基づいてセンに契約解消のチャンスを与えねばならない。
千尋は名前を奪われて婆に支配されている(ことになってる)から、
この豚の中から選べと言われればセンは囲いの中の豚からチョイスするだろう。
しかしその場合、僅かな確率ではあるが、偶然正解を当ててしまう可能性もある。
業突く張りのババァはそんな危険を犯すような真似はしない。
つまり、正解豚はこの中にはいない。賢い千尋はこのトリックを見抜くだろうが、それを指摘することも出来ない。
この時点でババァの中ではババァの必勝だが、坊がセンを開放しろと主張している。
これにババァは困った。センに勝ち目は無いのだから。
そこで偶然の助け船か?センが自分を「おばあちゃん」と呼んでいる。
支配下にある者はこんな呼び方は出来ない。ということは呪縛は解けているから
真の正解を選ぶことも出来るわけだ、とババァは考える。
…以上の目に見えない心理戦があのシーンにはあったのだ。

78 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:50 ID:kLncTZ4n
 >>74
え、う、ん〜…そ、そこまでのものなの?(;´Д`)
そこまでいくとちょっと理解の範疇を超えていそうだ。ごめん。

流石にそこまでは、違う…とは思うんだけど。

79 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:51 ID:xtokEpvx

今回はナニワ金融道の影響もあるかも。宮崎さんも青木さんも左派で同じ思想。
ナニワ金融道では親が作った借金の返済でソープに売り飛ばされる話があるが、
ナニワ金融道で大切なものが契約書とハンコ。千と千尋の設定でもハンコは
人を自由に操れる魔法として扱われているとのこと。そして風呂屋で働きたい
という千尋に湯婆婆が契約書を書かせて念を押す。

さらに、ナニワ金融道であった話だが、ソープの経営者はけっして女の子に
働けとは言わない。グルになった第3者が女の子を説得する。自分から「ここ
で働かせてください」と言えと諭す。


お い ら は 深 読 み し す ぎ の 電 波 で し ょ う か ?

80 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:54 ID:xtokEpvx
>>78

PTA公認・大人と子供が仲良く映画♪みたいな世間の無言の圧力が、ただの
オタである宮崎監督にどれほどのプレッシャーを与えているか・・。あの人は
聖人君主でも模範としての大人でもなく、ただのロリコンのアニオタなんですな。
そんな監督の妄想を映像化しているだけなんだが、世間が騒ぎすぎ。


81 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:56 ID:uxzosSst
>>79
面白い(w
なるほど千尋の自立が早すぎると思っていたが、「ここで働かせて
ください」と食らいついたのはあの時点でハクにホの字だったからか。

82 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:56 ID:xtokEpvx
>>78

おれ以外にも2ちゃんでたくさんの書き込みを見た。

千と千尋はソープの話
スカトロとロリコンの妄想
左翼の裏映画

これ系の感想を抱いた人間は多い。
とくに、ゲロとウンコはあまりにも露骨。

83 :名無シネマ@上映中:03/01/28 03:59 ID:xtokEpvx
>>81

「ここで働かせてください」はハクが「この世界(社会)では働かないものは
食べられるか消される」と脅したからではないかな?

これは、ナニワ金融道だと「おい、娘さん。親の作った借金の返済をなにも
あんたがする必要はないんや、でも、あんたが返してもええんやで」と圧力
をかける。千は子供なのでそういう責め方ではないけどね。



84 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:01 ID:IeBOEQTZ
スカトロって何?

85 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:02 ID:R6wUKbVs
ハクが銭婆に謝らなかったのが納得できない。

86 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:03 ID:SmDTmGn5
銭婆婆と、湯婆婆は同一人物か?

87 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:05 ID:Ps6jTmWh
悪いけど、ここのスレ見て初めて
うんこにも見えるんだってこと知ったよ。
自分って正常な思考回路の持ち主なんだなって思って
安心しましたが。

88 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:06 ID:xtokEpvx
>>84
あまり書きたくないけど、ウ〇コを食べたり、肌に塗ることに性欲を感じる異常性癖。

>>85
ハクは湯婆婆に魂を奪われ、今までの悪行は覚えていないんだったっけ?

>>86
そこは謎。同一人物?て書き込み多いね。

89 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:06 ID:uxzosSst
>>83
なるほど。あの時点でハクは「虫」を飲み込んでいた、つまりババア
側の人間だったのは間違いないワケで、純粋な正義を発現出来ない
状態にあった。名前さえも忘れた状態のハクは「私は千尋の
味方だ」と言いながら実は、確信犯だったと言える。脅しだ。

90 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:06 ID:R6wUKbVs
>>87
でもウンコっぽいな〜汚いな〜とは思ったでしょ?

91 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:09 ID:SmDTmGn5
あの鳥の名前、湯バードっていうんだよね。(・∀・)イイ!!

92 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:10 ID:Ps6jTmWh
>>90
思わなかったよ。みんなうんこだと思ってたのかよ!?

93 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:10 ID:IeBOEQTZ
>>88
スカトロ解説ありがと。そんな人がいるんだ。

>>90
あんななめらかなウンコはなかなかでない。

94 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:10 ID:R6wUKbVs
>>88
魂を奪われて自己を失ってたってのは謝らなくてもいい理由には
ならないと思う。千尋と一緒に謝るのが普通だ。

95 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:11 ID:xtokEpvx
>>89

ハクは千尋に「おまえの味方だ」と言いながら、湯婆婆の元で働くようにしむけた。
「ハクは湯婆婆の仲間だよ」それを聞いた千尋は泣き崩れた。ここがすごい印象的だった。

96 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:13 ID:xtokEpvx
>>92

スカトロの趣味がある人や、そういう隠喩を探すのが楽しみな人、ちょっと想像力が
働きすぎるw人には「汚いなぁ・・まるで〇〇コじゃないか」と思ったはず。

97 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:14 ID:8Ed2PN3h
湯婆婆が悪で銭婆婆が善って訳じゃなく、互いに対等に戦争していた
立場だから、ハクが一方的に謝ることも無いかと。

それでも、竜の姿で分かり辛いが、頭はしっかり下げていたと思うが。

98 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:15 ID:xtokEpvx
>>94

ハクって美少年だから勘違いされやすいけど、正体は人間に消されて、湯婆婆の
元で魔法を学んでいた学生。だから、その魔法を学ぶ理由ってのは人間への復習
だわな〜。

この美少年=正義っていう図式はアメリカの勧善懲悪・起承転結のA級大作からの
伝統。もしかしたら、ハクって憎悪に満ちた川そのものなのかも。

99 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:15 ID:uxzosSst
>>95
あなたはヤクザ、私は借金苦の女という立場。
でもあの頃孤児院では一緒だったのね、思い出したわ。
という物語なのかも、なんて(w
弘兼の漫画ちょっと思い出した。

100 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:15 ID:UuWvuGYv
散々ソープだなんだ言っておいて

>「ハクは湯婆婆の仲間だよ」それを聞いた千尋は泣き崩れた。

これかよ(w
むしろ性的表現はここだけなのに。

101 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:20 ID:xtokEpvx
>>100

ごめん。激しく意味がわからない。もう少し詳しく説明しる!

性的表現はいっぱいあったでしょう。

お風呂屋さん
ウンコ風呂
カオナシ 千尋のストーカー。お金だして「ァ・ァ・ァ」ってきもい。そして
カオナシが「千尋が欲しい・・ァ・ァ」とか言って、大きくなりながら、汚い
液体だしまくって追いかけるシーンなんてかなり悪趣味。

102 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:21 ID:Ps6jTmWh
うんこじゃねーって逝ってるだろ!w

103 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:22 ID:xtokEpvx
>弘兼の漫画ちょっと思い出した。

読んでみたいので教えてけれ。島耕作とかだっけ?

104 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:23 ID:riKPzFDg
もー めんどさいからこの解釈にするよ

>>オクサレ − 光明皇后の湯屋に来た膿だらけの病人。
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/min/998416299/437

>>カオナシ − カエル、父役、湯女らの欲望を飲んで肥大化した
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/min/998416299/459

>>76
リンも将来、下っ端が増えてくると「でかい顔」になったりして。

105 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:23 ID:R6wUKbVs
うんこじゃ無いって分かってるけどさ、
登場した瞬間は、うわッうんこっぽいのが来た!とは思ったはず。

106 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:23 ID:xtokEpvx
>>102

すまん。隠喩オタなんで。

107 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:25 ID:uxzosSst
>>103
いや、短編なんだ。「人間交差点」の中の一話にそういうのが
あった。

108 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:26 ID:xtokEpvx
>>104

オクサレは原典としてはそこかもしれないけど、でもわ・ざ・わ・ざウンコっぽくしたのは事実。
カオナシについてはやっと意味がわかったよ。でも、あれもわざとああいう悪趣味な映像にしたね。それこそ、父役の欲望は千尋が欲しいということがわかった。

109 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:27 ID:xtokEpvx
>>107

あ、知ってる知ってる。ずっと気になってたから、読んでみるよ。ありがと。

110 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:28 ID:xtokEpvx

今日は妄想を書きなぐって正直スマンかった・・・。おやすみなさい。寝まする。

111 :名無しさん:03/01/28 04:30 ID:7CalGlM4
>>92
ウ●コだけとは思わなかった。
みんなが「クサイ!」って逃げ回るんだから、
ウ●コとかドブとか混じった汚物だとは思ってたよ。

ただ一般ウケするために黄色とか茶色には塗らなかったんでしょう。

112 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:30 ID:Ps6jTmWh
わざわざうんこっぽくしてないよ・・
ヘドロだよ・・・(´д⊂ヽ

>>110オヤスミー。

113 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:32 ID:uxzosSst
だけどよ、宮崎は素晴らしい映画を作る人=宮崎は素晴らしい人、
みたいな解釈してる大人もたっくさん居ると思うんだが、
そういうのに違和感ある人も結構いるようでなんだか安心したよ。

愛すべきロリコンおっさん。漏れはそんな感じかな。

114 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:33 ID:R6wUKbVs
ハクだけ何の成長もしてなかったな〜
自分から魔女の手下になって結果的に悪行働いたくせに
謝罪の言葉も無いのかよと思った。

115 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:41 ID:Ps6jTmWh
でもおくされ様可愛かったよね?
風呂の淵にちょこんと手を置いてハァァァーって。

さっきからうんこうんこ言ってすまんです。寝るです。

116 :110 :03/01/28 04:41 ID:xtokEpvx
すまん。ちょっとだけ書き忘れたのでカムバック。

>>112
アリガトー。そしてオヤスミ-。

>>113
そうそう。愛すべきロリコンおっさんなんすよ。自分が思うのはこの手の才能の
ある人って、メディアやお母様方がとにかく聖人ですばらしい人って扱うよね。
でも、宮崎さんてちょっと才能があるロリコンのおじさんで、普通の人なんすよ
ね。とかく日本でも世界でもこういうタレントは、政治に利用されたり、うそ臭い
美辞麗句が並ぶ。監督自身もスカトロの趣味とかはないだろうけど、聖人扱いされ
るのは息苦しかったのではないでしょうか。それから、ああいうグチョグチョは
ただの悪ノリで、いたづらみたいなものでしょうね。子供の時のいたづら心というか。


それから、千と千尋だけどあれはわざとああいう風に悪趣味に作っているけど、
宮崎アニメは本当に楽しいと思いますよ。自分はラピュタが一番好きです。
では、おやすみなさい。


117 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:43 ID:riKPzFDg
ヘドロか〜。ようやく腑に落ちた。(w

あとは、ディズニーに産み付けた卵がどうなるか、生暖かく見守ることにしまつ。

118 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:51 ID:uxzosSst
>>116
そうそう。普通のおじさんだよね。
>>114
それを読んで、ハクは宮崎の化身か?と思った(w
ロリコンを商売にしてごめんなさい、でも謝らないよ!みたいな(w

119 :名無シネマ@上映中:03/01/28 04:54 ID:riKPzFDg
自己レス >>117
考えが変わった。うんこでもOK。府に落とす必要は無い。 ではでは。

120 :名無シネマ@上映中:03/01/28 05:16 ID:dongpHnE
しかし、まあ宮崎も変な映画をつくったもんだな。

何が目的だったんだろうか?
日々溜め込んでいるフラストレーションを発散させただけだったりして・・・・

121 :名無シネマ@上映中:03/01/28 05:22 ID:kLncTZ4n
唐突だが、やっぱり英語吹き替えの際、向こうの人によって追加された
最後の台詞は、要らないと思った。
要らないよ、あれ。

122 :名無シネマ@上映中:03/01/28 05:22 ID:kLncTZ4n
って何書いてんだ俺。唐突過ぎ。逝ってくる。

123 :名無シネマ@上映中:03/01/28 05:32 ID:AaC0Z1MO
>「プレミア」のインタビューで監督本人が“これは売春の話です”

プレミアで検索してみたら、それらしきミヤザキへのインタビューがあった。
http://anime-tourist.com/article.php?sid=307

This is page two of our coverage of the Spirited Away
English premier on September 10th, 2002.

湯屋は何を意味してるのか?と制作スタッフに聞かれ、
私(ミヤザキ)はこう語ったという下りがある。

HM
When my staff asked me, "What does the bathhouse represent?", I said, "Why
of course, Studio Ghibli." (laughter) It's just a small building, our studio (like the
bathhouse) has three floors. If you are just a rookie animator here and you had
been told to go up and meet the scary producer on the third floor, you would
have felt just the way Chihiro did going to up Yubaba. (laughter)

「湯屋とはもちろんStudio Ghibliのことだと説明しといたよ」

トークの隅々まで探したけど、売春とか性奴隷の話は、ミヤザキの
語るセリフはもちろん、インタビューワーの質問にも、まったく出てこなかった。

「うちのアニメーターはカマ爺のように働くとき6本の手を動かす」とかいった冗談を
続けて語るだけで、そのまま冗談の言い合いに転じている。
もしかしてこの記事のことではないとしたらアレだが、検索ではこれしか引っかか
らなかった。もしこれがその記事だとすれば、湯屋が売春宿だ、などとはミヤザキ
本人は全く語っていないことになる。

124 :名無しさん:03/01/28 05:33 ID:7CalGlM4
そういえばさー、
父親はいざ転勤先に出勤しようとしたら異変に気づくよね?
1ヶ月ぐらい経ってて無断欠勤してたからクビになるんじゃない?

125 :続き:03/01/28 05:33 ID:AaC0Z1MO
売春宿だと解釈する方がなんとなく面白いので、最初私も信じたけど、近代になって
大量の労働者が都会に集まり、苛酷な労働を強いられたのは、売春婦というより
ありとあらゆる工場従事者であって、産業資本主義を国策として進めた時代だから
当然だけど、売春宿などというものは逆に隔離されて締め付けが厳しくなってる時代
でしょ。富国強兵、禁欲、というキーワード。

湯屋といったら、わざわざ製作者がメタファーとして使う使わない以前に
=売春宿っていうイメージが強烈に結び付いていて、あえて使う意味が無い。

親が破産して娘が身代わりに借金返済の奉公なんて、近代は普通にあっって、
ほとんどは普通の奉公で、むろん女に限らなかった。売春婦なんてその割合の1%も
占めておらんと思われる。
ということで近代の都市労働の一般的・典型的な労働環境を、ノスタルジー感ある
タッチで表してみた、というつまらん結論に落ち着き、湯屋=売春宿論は私の中では
崩壊しました。少なくとも本人がはっきり言ってくれん限り信じない。

126 :名無シネマ@上映中:03/01/28 05:35 ID:D6fq2wQK
自分もコレ↓を読んでいたせいか糞にしか思えなかった。
http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/view/sen.htm
そもそもヘドロだったらそんなに(従業員一同鼻を覆うほど)
臭くないし。

127 :名無シネマ@上映中:03/01/28 05:43 ID:kLncTZ4n
 >>126
…ヘドロは臭いよ、本当に。

 >>123>>125
まあ遠回りっぽいけど激しく同意。
実際宮崎監督がそう発言していたインタビューがあった気はしたけど、
冗談の範疇であった気がするよ。
というか、あなたの言う通りそんなモチーフは普通に存在し、
描く上で普通に入ってくるものであって、それを拡大解釈して、
鬼の首とったように(そしてそれが全てだといわんばかりに)言うのはどうかと思うね。

128 :名無シネマ@上映中:03/01/28 05:44 ID:kLncTZ4n
 >>126
読んでみたら…なにそれ。無茶苦茶な解釈だねまた。

129 :名無シネマ@上映中:03/01/28 06:00 ID:AaC0Z1MO
>>127
同調してくれてどうも

130 :名無シネマ@上映中:03/01/28 06:11 ID:dongpHnE
>>125
だって、あの建物はバブル期に失敗したテーマパークって千尋の父親が冒頭で説明しているよ。
そこから、俺はバブルに象徴される人間の貪欲さがテーマのような気がした。
少女買春とか風俗とかって問題は現代のものでしょ
川の汚染なんてまさしく現代の問題だし

舞台の色調が近代風であるから近代の問題しか描いてないっていうのも極論のような気もするけど

131 :名無シネマ@上映中:03/01/28 06:55 ID:AaC0Z1MO
バブルと箱もの(テーマパーク)の失敗というのは顕著に
現代チックだけれども、文明の残骸、墓場といった設定が
現実世界を越えた精霊が跋扈する舞台としてふさわしかった
から、たまたま使っただけのような気がする。。
父親が語るのはそのまんまの事実で。

蛇足だが、監督の意図は別として太り過ぎといわれるアメリカ人を
痛烈に風刺する結果にたまたまなってしまっている。
アメリカ人は自国の貪欲な大量消費スタイルをこの両親にいやがおう
にも投影せざるをえず、それがアメリカでの良薬口に苦しみたいな好評価に
無意識に繋がっているのではないか。
個人的には日本人のいきあたりばったりな郷愁をベースにして、大量生産と
大量消費を型どおりに風刺し、川の精が大量のゴミを放出するところに最も
力点を置いたと思う。
ミヤザキの映画を見るの初めてだが、川の精の入湯シーンは、ディテールの
描写の細かさとアクセントの効いたダイナミズムが絶品で、そのリアルな
迫力、ヘビーな質感はまさしくダンテ的というほかは無い。

132 :名無シネマ@上映中:03/01/28 07:11 ID:djB5lLML
郷愁なんか感じるか?
俺にはあの世界が日本には見えなかったよ。

133 :名無シネマ@上映中:03/01/28 07:54 ID:xBmCgJl6
千尋の両親、何であんなに冷たいわけ?特に母親。
千尋を説教する前にあの両親何とかしろと思ふのだが。
子供のために作るべきなのは説教アニメよりも
夢や希望とかを描いた温かい作品だと思うなー。

134 :名無シネマ@上映中:03/01/28 07:56 ID:4T/llbuA
顔なしというのは、そのまま2ちゃんねらーのことだよ。
宮崎は2ちゃんを見てるんだよ
炉利でストーカー的で、油屋では大暴れしてたのに、
千尋と2人きりになったらおとなしくなるナイーブさなど、
掲示板では暴言を吐いててもオフ会では人見知りする2ちゃんねらそのもの。

135 :名無シネマ@上映中:03/01/28 08:04 ID:xBmCgJl6
千尋は銭婆のところへ行く必要あったのか?
ハクの命を救うって、ハク途中で回復してるじゃん。

136 :名無シネマ@上映中:03/01/28 09:29 ID:djB5lLML
大人になってもつまんない世の中ですよって言ってんだろ。
まぁせいぜい頑張れやと。

137 :名無シネマ@上映中:03/01/28 09:34 ID:AIIfs8xW
最後のシーンなんだけど、千尋はなんで両親があのブタの中にいないってわかったの?

138 :名無シネマ@上映中:03/01/28 09:57 ID:QKhlYNJq
昨年の古い情報ですが、
「日本映画界パワー100人ランキング」(☆「プレミア日本版2002年6月号」)
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_04/2t2002041905.html

1位宮崎駿監督
100位「2ちゃんねる」

はい。宮崎監督は1位で、「2ちゃんねらー」が100位です。

何だか今年も1位は宮崎駿監督のような感じが…
アカデミー賞ノミネートでさらにパワーアップしそう。
アカデミー賞受賞したら、最高のパワーアップ!

で、ついでに「2ちゃんねる」(2ちゃんねらー)もさらにパワーアップ(かな?)

139 :名無シネマ@上映中:03/01/28 10:29 ID:AIIfs8xW
何でハクは坊を連れ去ったのはさも自分がやったみたいに言い張ったの?
あれって、銭婆(の式神)の仕業だよね?ま、実際につれてったのは千だけど。
そもそもあのハンコについてた虫は、はんこを守るための呪い(釜爺談)なの?それとも、ハクを操るために忍ばせた湯婆婆の呪い(銭婆談)なの?
ストーリー中にも二つの答えが出てるし…。
とりあえず、決定的にわからない&物語全体から見て答えられてないことに違和感があるのはこの二つの謎。
誰か、教えてプリーズ。

140 :名無シネマ@上映中:03/01/28 10:51 ID:kLncTZ4n
>>139
別にハクは自分がやったとは言ってないんだよね。
「大事な物が入れ替わったのにまだ気がつきませんか」ってだけで。
んで坊が消えたと知った湯婆婆が「坊をどこへやった」と
ハクがやったものとして誤解して、それをハクが訂正しないもんだからそのまますすんだ、というだけな気が。

まあそうでなくても、ハクはかなりの重役、側近だから、
普段 湯婆婆の留守中の油屋の管理くらい任されてそうだし、
おまえ留守番頼んだのに坊が外にでてくのを止めなかったのか、と
事務的な管理責任を問うただけかも。


で、あの虫は、俺の個人的な解釈では湯婆婆が、ハクを操るために入れた虫。
ハンコを守るための呪いは、目に見えない何らかの形でハンコについてる。
ってことだと思ってました…
なんか両方ともあの虫だと解釈する見方もあると言われて、ああ、なるほどと。
そうなると、お互いがお互いの呪いだと認識しているということで、
湯婆婆・銭婆同一人物説がここで浮上するわけですな。

141 : :03/01/28 10:52 ID:qu5TsKVu
昨日からメタファー話で盛り上がっているようなので、
俺が見つけたメタファーをここで報告する。

・荻野 → オギノ式
・琥珀川 → これが破瓜か
・「ここで働かせてください」 → 「ここがいいの、はたいてください」Mの気あり。
・釜爺 → おかまの自慰
・すすわたり → 吸って、吸って、わたすの、吸って
・行きと帰りのトンネル → 産道。一度体内に回帰し、生まれ変わった。
・髪留めのゴム → 家族計画をきちんと。

また見つけたら報告する。以上。

142 :名無シネマ@上映中:03/01/28 10:53 ID:kLncTZ4n
うーん…w

143 :名無シネマ@上映中:03/01/28 10:55 ID:qU9yodxo
さんざん既出しまくりだろうが、
「マンションを建てるために埋められた川」ってかなり無理があるね。
見てるときはすんなり納得しちゃうけど。

144 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:20 ID:qjDrG9Mv
神様が住むくらい由緒のある川をそう簡単に埋め立てられるのかな?
私も疑問です。
歴史に出てきそうですしね。

145 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:20 ID:pmSK4ugC
>>143
言われてみれば確かに。気付かなかった。

146 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:26 ID:raOqS2iO
>>144
由緒ある川だから神様が住む、というわけでもないんじゃないかな。
オクサレ様の真の姿=名のある川の神様、に比べるとハクはずいぶん若いから
児童公園に作られたニセモノの小川レベルでも良いくらいだと思う。
そんなチャチなもんにも神様は宿ってるんだぜ、ってのが八百万の神様という考え方だと思いますしな。

147 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:28 ID:GgMFe38O
小さな子が川遊び出来て、埋め立てできるくらいの川だから
どこぞの支流の小川だったんでしょう。
最初に出てきたゲロベチョのヘドロ川の神に比べりゃ
ハクは随分小さな竜だったし。
あの話じゃ大根だかタクアンにまで神様がいるんだし
小川にだって神様くらいいるんじゃないの。

148 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:29 ID:GgMFe38O
あ、かぶった…鬱

149 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:30 ID:AIIfs8xW
>>140
すんごい明快な答えをありがとう!
なるほど、今DVD見直したらうなずけたよ!
あと、ハンコについてたヤツがハンコを守るための呪いだとは誰も言ってなかったですね。
銭婆の式神が「死のまじないをかけた」ってのと、釜爺が「魔法の傷は油断できない」って言ってたから勘違いしたよ。
ハンコにかけたまじないを虫と勘違いしてたのは千も同じですね。

で、すいません後もういくつか…
さっきから何度か聞いてるんですが、最後のシーンなんだけど、千尋はなんで両親があのブタの中にいないってわかったの?
ハクに連れられて豚小屋に行って両親見たときは一切顔見てなかったし、途中で何かに気づいた風だったし…
あと、さいごにトンネル抜けたらじっとトンネル見てるのって、記憶が消えているっていう描写だと思っていいんですよね。賛否両論ありそうだけど。
銭婆の「一度あったことは忘れないもんだよ、思い出せないだけでね。」っていうせりふと、わざとらしくキラッと光る髪留めからして。
記憶が消えてるって言っても「思い出せない」状態になったとでも言うか…

150 :146:03/01/28 11:32 ID:raOqS2iO
…と思ったけど、公園のニセ小川で溺れるのは至難の業か。
けど小川ってのは結構たくさん埋め立てられてるみたいです。
住宅街に伸びてる緑道や遊歩道のほとんどは、もと川だったところだし。

151 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:35 ID:GgMFe38O
>>150
公園で水量まで管理されてる川ならともかく、
大雨の後だと小川でも危ないし
川どころか側溝でさえ溺れる大人もいるから。

152 :推測だが:03/01/28 11:39 ID:NBPr4NJz
>>149
>千尋はなんで両親があのブタの中にいないってわかったの?

○湯治場(?)で下働きをして多くの神様や妖怪(?)と接した。
○無気力だった千尋は、湯治場での経験で生きる力を取り戻した。
○離ればなれになっていたことで、両親への想いが募った。

以上により、両親を見分ける力がついたのでは?

153 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:43 ID:kLncTZ4n
 >>149
うーん、豚を見分ける最後のシーンは過去ログでも散々議論されてるけど、
具体的な根拠は描写されていないから、それぞれが想うように解釈して、
想うように補完するしかないと思います。あればかりは…。

一応過去に出たものは、
銭婆の髪止めがなんらかの力を与えていた説、
同じ犬でも飼い犬は見分けつく様に、両親のこと本当に想ってる千尋は見分けるのは当然説。
単純に、両親豚には髪の毛が残っていて、それがなかったから説。
直勘説。
愛だろ、愛説などなど…。(過去ログよむと色々あって面白いかも)

個人的には、坊を深く深く愛している様に見える湯婆婆が姿が変わっただけで
坊だと判らなくなったというのと対照的で両親との愛だ、という解釈が好きだけど…。


記憶が消えているかどうかも…これはまた各人の解釈次第かと。
門を振り返るのも、憶えているからこそ、見返すともとれるし。
ここらはこれが答えだ、という明確なものはないんじゃないかと。


154 :名無シネマ@上映中:03/01/28 11:44 ID:raOqS2iO
>140
ハンコと呪いの解釈に同意。
>149
勝手な解釈で推測すると、
千尋と湯婆婆の雇用契約は銭婆のハンコの魔力によって結ばれている→千尋の本当の雇い主は銭婆
銭婆は千尋の働きを認めて、家に帰るように促す(セリフはちゃんと覚えてないけど、ハクに千尋をちゃんと送り届けろ、
と言うのはそういう意味だと思う)
千尋はもう油屋で働かなくていいってことだ。つまり湯婆婆との約束も果たされているはず。
約束が果たされているなら、両親はもうもとの姿に戻っている。
千尋はそれを悟って、自信を持って答えたんではないでしょうか。

155 :名無シネマ@上映中:03/01/28 12:06 ID:AIIfs8xW
>>152-154
この二つは明確な答えがないもんなんですね。
なんだか色んな解釈が聞けて面白かったです!
皆さんありがとうございました!
これから過去ログあさってみます。

それにしても、ハクはいつの間に千の服を抜き取ったのだろうか(w?

156 :名無シネマ@上映中:03/01/28 12:08 ID:a2gR8iOj
愛の力で見分けられるから
きっと龍を見たときにすぐに「ハク」と分かったし、
ブタも見分けられる。

157 :名無シネマ@上映中:03/01/28 12:23 ID:qTL3m+D8
贔屓にしてるヘルス嬢が
無邪気に「面白かった」と言っていた。
風俗嬢の話だとはよう言わなんだよ。


158 :157:03/01/28 12:25 ID:qTL3m+D8
言われる前に言っておく。
はい、私はカオナシです。

159 :名無シネマ@上映中:03/01/28 12:35 ID:+h6ePNYD
TVで再度観てみたら、湯婆婆が坊が変身したのを見分けられなかったことを
何度も強調していたので、本当の親子なら姿が変わっていようが
見分けられるものだという主張なのだと思いますた。


160 :名無シネマ@上映中:03/01/28 12:43 ID:kuJYp3pJ
ちなみにハンコについてた虫は実は銭婆とハンコとは関係なく、
湯婆がハクをあやつるために、ハクの中にいれていた魔法のもの。

と銭婆が話すシーンがあります。

161 :名無シネマ@上映中:03/01/28 13:03 ID:uzFbYRXM
>>87
正常な思考回路=世の中が自分と同じ思考で構成されていると信じている
   
異常な思考回路=まともな思考なんて誰も出来ない(自分を含めて)と
        考えている     

162 :名無シネマ@上映中:03/01/28 13:26 ID:WEOsimwc
>>141
おもしろい!続けてください!

163 :名無シネマ@上映中:03/01/28 13:49 ID:k5VwoEIL
ってか、引っ越し先の近所(というより、殆ど隣接してる)に何であんなわけのわからん異空間があるんだか。

引っ越し先の住宅街の住人の多くはそこに迷い込んで行方不明。
でもってそこの住宅街は殆どゴーストタウン化していると思われ。

・・・・などといったアホな妄想をしてしまうのだが。

164 :名無シネマ@上映中:03/01/28 13:50 ID:sp+IofRM
>>154
>>千尋はもう油屋で働かなくていいってことだ。つまり湯婆婆との約束も果たされているはず。
>>約束が果たされているなら、両親はもうもとの姿に戻っている。
>>千尋はそれを悟って、自信を持って答えたんではないでしょうか。

そうも思ったけど、ハクが千尋をこっそりと両親に会わせるために豚小屋へ連れて行った時の言葉も気になるのよねえ。
「両親を忘れないようによく覚えておくんだ」(英語吹き替え版)

「豚の両親の姿を覚えておいてどうするんだ」と思ったけど、その言葉が最後のシーンにやけに結びつくのよねえ。
ハクはどうして千尋にあんなことを言ったのか? 
もしかしたら、ハクは最後の湯婆婆の課す問題をすでに知っていたのだろうか?
(注・日本語版にそのようなせりふがない時は、これはなかったことにしてください)



165 :名無シネマ@上映中:03/01/28 14:11 ID:B6RvPUpm
湯婆婆のまじない=はんこと一緒に出てきた虫。
銭婆のはんこの呪=鳥の形をした紙。(ハクが追いかけられてた)


166 :110:03/01/28 14:12 ID:xtokEpvx
昨日の妄想の続き書きますね。

ハクと千尋の恋愛物語に涙しました・・なんて女性の書き込みがあるけど、あれ
って過剰なほどの恋愛体質だと思う。おもしろい、人気のある作品は美少年と
美少女が運命の赤い糸で引き寄せられて恋に落ちる・・みたいな。あれって少女
漫画読みすぎたトラウマか妄想?

ハクは湯婆婆の一味で千尋を風呂屋に売り飛ばした張本人。こういう女の人が
ホストクラブに真実の愛を見つけたりするんだろうか?

167 :名無シネマ@上映中:03/01/28 14:17 ID:Gh89CPM9
>>29
同じく

168 :名無シネマ@上映中:03/01/28 14:20 ID:EgdS8EQq
>>166
美しい恋愛劇が好きな自分が好きな(あるいは気持ち良い)んだろうね、その人は。

169 :ななし:03/01/28 14:23 ID:TuimE4C9
千尋は何日間油屋にいたの。
夜のシーンは3回あったけど。

170 :名無シネマ@上映中:03/01/28 14:23 ID:kuJYp3pJ
>>29
みつばちのささやきはそれが美しいタッチで描かれているけど、
こっちはきたな・・・いや、いいや


171 :名無シネマ@上映中:03/01/28 14:25 ID:EgdS8EQq
>>169
あの世界とその周辺(自動車)では3泊4日
現実世界では数時間程度しか経過していないと思われます。


172 :名無シネマ@上映中:03/01/28 14:43 ID:N6awqXql
>>164
だけど、私の一番好きな答えは
「だって、子供が両親を間違えるはずがないもの」

 これはある人の投稿で、私もそういう答えを聞くのが一番、ほっとするというか、安心したというか。


173 :名無シネマ@上映中:03/01/28 14:49 ID:EgdS8EQq
一般に、子供の感覚は大人に比べ優れているというね

人間は生まれたばかりが最も可視領域や可聴領域、その他の感覚の幅が広いが
成長するにつれ、情報の取捨選択を学ぶことで使用頻度の低い能力は使わなくなる

とかいう話を、NHK特番で見た事があるよ
千尋は取捨選択が下手だったのだろう。


174 :名無シネマ@上映中:03/01/28 14:58 ID:SZk8B+uf
この映画ってほんとにソープランドの話なんですか?
だったら千尋はソープ嬢?

175 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:06 ID:v2bcZA34
初めて映画板に来たのだが、



      お ま え ら 平 和 だ な (藁






176 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:07 ID:uzFbYRXM
>>171
数時間で、あそこまで車が汚れますか?

177 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:13 ID:kuJYp3pJ
>>176
そういえば、あの汚れた車を見て、
父母と対照的に千尋は驚いていなかった。

つまり千尋の記憶は消えていなかったと推測できるか

178 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:14 ID:uzFbYRXM
>>174
ハクは権力(魔法)欲しさに魂をヤクザ(湯婆)に売って、
味方だと偽りながら千尋をソープに送り込む
スカウト兼敏腕マネージャー

179 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:18 ID:N6awqXql
>>176
トンネルから出た時、雨や強風は吹いていなかった。
車にあの木の葉の落ちている量からすると、うーん。
私の家の周りには木が多くて、木の葉にはずいぶん、敏感だから。

引越しは何月だったのかな? 落葉の量は季節とも関係があるからね。


180 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:21 ID:uzFbYRXM
>>177
千尋は「ぼーっ」としていたor興味が無かった

ツライな。

あそこで普通に「だから行くの止めようって言ったのに!」
というセリフを千尋に言わせるのは、いかにリアルといっても
作品の余韻を壊しかねない。だから沈黙・・・



181 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:24 ID:tOgc1tri
>>171
1ヶ月くらいじゃないの?

神隠しってそんなもんでしょ?

182 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:27 ID:B+rXAkIG
>>176
>あの世界とその周辺(自動車)では3泊4日
車を森で雨風にさらしておけば一晩でもあのくらいは汚れますよ

>現実世界では数時間程度しか経過していないと思われます。
母親は「引っ越しトラックきちゃったわよ」と言っている事から
大した時間は経過していないものと思われます

>>174
千尋は商品にするにはガキすぎます、せいぜい風俗嬢見習いですな。

183 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:28 ID:uzFbYRXM
>>179
ただ、時間の経過の証拠として車を汚しておきたかっただけかと。
髪留めは確かにあの世界の存在の証拠だけど、この世の千尋にとっては
「ただの」髪留めにすぎない。たぶん、なぜか捨てられないお気に入り
にはなるだろうが・・・。
第3者の観客だけが切ないだけ・・・泣ける。

184 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:29 ID:X+Y6mVB0
いや、実時間はほんの2、3分だと思った。
最初、トンネルを抜け、「小川」を渡った所からが
千尋のインナースペースだったのでは?

185 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:33 ID:kuJYp3pJ
車のシートがほこりだらけってとこから何年も時間が経っていたという解釈もできると思うよ。

それこそ浦島太郎なみに・・・
個人的にこういう方がおもしろいな

186 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:36 ID:uzFbYRXM
>>182
トンネルをぬけてこの世にかえってきた3人にとっては
1、2時間(田舎のアミューズメント施設で飯を食った時間)
帰った時間がたまたまその時間であっただけで、同じ日の
出来事だという証拠はない。まあ、油屋の世界の時が早いのは
みとめるが。

千尋にはカオナシという上客が付きましたが。

187 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:36 ID:X+Y6mVB0
オレは現実には何の影響も無く、ただ千尋の内面がくっきりした
って方が好きだ。

188 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:37 ID:RLm8l+ie
実は夢オチ。

ホントはあのあとに車の中でいつのまにか寝てた千尋が、
「千尋、ついたぞ!」と親に起こされるシーンがあったのだが、
実も蓋もない、ということでカットされまつた。

189 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:39 ID:n/sJ+w2g
>>185
車のシートが埃だらけなのは窓を開けっ放しにしておいたからではないでしょうか
何年も経っていたというオチも悪く無いとは思いますが
私は>>187の用な考え方がより美しいと思うです

190 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:41 ID:MqACHnlM
>>186
良く覚えて無いんだけど、奥さん時計持って無かったかな?

191 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:45 ID:MqACHnlM
ちゅーか、何日も何ヶ月も空白の期間があった場合
あのエンディングの後にまた一騒動が予想されるわけで
特に父親なんかは、その好奇心から、またこの場所に訪れようとすることは想像に難く無いですし

あまり美しい終り方とは言い難いのでは…

192 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:46 ID:uzFbYRXM
トトロのオチのトウモロコシと同じでしょう。
トトロとネコバスはホントいるんだ。
「夢だけど夢じゃなかった」
さつきとメイにはトトロの記憶が残るからまだ救われるが、
今回は誰も覚えていない。そこがポイント

193 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:49 ID:kuJYp3pJ
>>191
俺は、その物語は終わっていないって感じが好きだね

194 :名無シネマ@上映中:03/01/28 15:56 ID:X+Y6mVB0
>193
本編の一段落が台なしになるのは、やだ。
髪止めだけで充分。

195 :名無シネマ@上映中:03/01/28 16:06 ID:uzFbYRXM
>>191
はっきり言えば演出。
子供の視点で見れば、「大人は何も気付かない、変わらない
鈍感な生き物。千尋(子供たち)は変わったもんね〜」という
優越感を持たせたい。
 我々が見ても明らかに不可解な汚れ方をしているのに、気付かない
(悪戯かしら)両親。子供はその理由(真実)を知っている。

汚れていた事実に意味があるだけで、期間を問うのはナンセンス。

196 :名無シネマ@上映中:03/01/28 16:12 ID:imXtdaUo
何ヶ月も空白があった場合の後日談
・父親失職、心労でブタの用に太る
・母親心労でブタの用に太る
・借金がかさみ両親はヤクザに拉致され臓器売買の素材に
・千尋が敏腕風俗マネージャー(ハク)に出会う
・ハクの勧めで千尋が違法ソープランドに志願
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

197 :名無シネマ@上映中:03/01/28 16:25 ID:OLUCdj1V
>>185
エンジンがすぐにかかってるので、数年はないと思われ。

198 :名無シネマ@上映中:03/01/28 16:27 ID:lfmRFCX1
晃世と梨世の神隠し

199 : :03/01/28 16:47 ID:sP0yqvjB
車の中におきっぱなしにしてたサンドウィッチが
腐らない程度の時間と思った。

200 :名無シネマ@上映中:03/01/28 16:48 ID:uzFbYRXM
リアルを追求するならカエルが神隠しにあうべきだった

201 :名無シネマ@上映中:03/01/28 16:52 ID:Q77soWFe
>199
ラストでサンドイッチ食うシーンなんてあった?

>200
なんでカエルが?

202 :名無シネマ@上映中:03/01/28 16:56 ID:ZIv1syN6
俺はカリオストロと、紅の豚と、ナウシカと、千と千尋見たんだけど
一番千と千尋が面白かった。最後まで展開が読めなくて凄くよかった。

203 : :03/01/28 16:58 ID:qu5TsKVu
>>199
雑草が伸びているんだが……

204 :名無シネマ@上映中:03/01/28 16:59 ID:Q77soWFe
カリオストロってスカトロっぽい名前

205 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:03 ID:toD8NL6v
>>201
我集院。

206 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:06 ID:jQINNsmX
昨日のザ・ワイドでやっちゃいました。日テレ。
46%で視聴率最高だって自己宣伝やってたんだけど・・
なんと岡山で行方不明の姉妹の画像が挿入されるというミス。
たぶん編集段階で混じっていたんだろうけど。


207 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:17 ID:Hh0cadbh
雪が溶ければ見つかるさ。ヒヒヒ



208 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:18 ID:uzFbYRXM
>>206
「きっと千尋のように帰ってきますよ」というメッセージでは?

209 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:18 ID:YLAhxBtA
>>184
アウディが坂を登る途中に小さい川を渡って水をはねかす。ここが境界かと。

ttp://scriptkidie.tripod.co.jp/chihiro.html

210 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:21 ID:x2wf+DUW
数十年後に今と同じ姿年齢でひょっこり帰ってくるよ

211 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:22 ID:ocQG0qee
>>183
>>第3者の観客だけが切ないだけ・・・泣ける

うん。その気持、わかる。

212 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:28 ID:/akXA/E5
???/ ̄⌒⌒ヽ        ? ? ??         ?
???| / ̄ ̄ ̄ヽ      ?  ?          ????
???| |? ?/ \|     ?   ?  ????   ?  ?
?? ?.| |?? ?´ ` |   ?     ?          ?  ?
?? (6??? ?つ /??βακαにはコピペできないアナゴです
?? ?.|? / /⌒⌒ヽ 
???|?? \ ? ̄ ノ
????|??? ?/ ̄

213 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:45 ID:sP0yqvjB
>>201
食べないけど,最初の方で「(車においてきた)サンドウィッチ
持ってくればよかったね」みたいなことを,野原のシーンで
お母さんが言ってたと思う。それが腐ってるかと思うと気が気じゃない。



214 :名前:03/01/28 17:48 ID:EULN31TV
みんなー、大丈夫かー、現実にもどってこーい
妄想の世界からもどってこーい、ただのアニメだぞー。

215 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:50 ID:XTKlOab3
2歳の娘が「はくとけっこんするー」と言ってます。

216 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:51 ID:w9X8eS6x
>>214
おいおい、アニメはまぎれも無く現実の産物だろ
その解釈について話してるだけだよ
君こそ現実と幻想の区別がついていないんじゃないか?

217 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:54 ID:w9X8eS6x
>>215
とりあえずそのお子さんを
そこいらの小川に流してみてはいかがだろう?
可愛い子供には旅をさせろと言うし
思わぬ出合いがあるかもしれませんよ

218 :名無シネマ@上映中:03/01/28 17:59 ID:uzFbYRXM
>>214
>ただのアニメだぞー。

予算、時間、才能、偶然・・・どれをとっても
「ただの」アニメではないな


219 :名無シネマ@上映中:03/01/28 18:10 ID:ZDQs/LQ0
>ただのアニメだぞー。

ワロタ禿同。

父親の仕事のことやらサンドイッチが腐らないかとか
おいおいそこまで現実的な後始末みたいなことまで
想像力を働かせなくても、ってかんじだよ。
まー「その後」をあれこれ考えるのも楽しいんだろうけど。

220 :名無シネマ@上映中:03/01/28 18:17 ID:GNWSFAwB
最初と最後で違うとこ
・最初はトンネルまで石畳状の道があったが帰りは草ボーボー&壁には苔や葉っぱ
・帰りはトンネルと車の間にある石造の顔がのーなっとる

221 :名無シネマ@上映中:03/01/28 18:18 ID:GNWSFAwB
○石像
×石造

222 ::03/01/28 18:21 ID:/o3A15im
>>172
素晴らしい!誰の発言?

223 :名無シネマ@上映中:03/01/28 18:28 ID:FoU4WA8V
帰りにトンネルを抜けた後、千尋の記憶って無くなってるの?あれ。


224 :名無シネマ@上映中:03/01/28 18:30 ID:cXcDMpBN
さぁ

225 :名無シネマ@上映中:03/01/28 18:30 ID:kuJYp3pJ
>>219
小説読むってのはそんな感じだよ
娯楽映画として見るのもまた良しだし
要は人の好みだよ

226 :名無シネマ@上映中:03/01/28 18:31 ID:ocQG0qee
>>222
あっ、もしかしたら#222さんでしたか? 

227 :名無シネマ@上映中:03/01/28 18:37 ID:uzFbYRXM
>>223
思い出せないだけ

228 :名無シネマ@上映中:03/01/28 19:05 ID:ZDQs/LQ0
>>225
まー小説じゃないしねー



229 :名無シネマ@上映中:03/01/28 19:07 ID:pmSK4ugC
今から3回目みるのでオマエラ静かにしてください

230 :名無シネマ@上映中:03/01/28 19:16 ID:u0L75QSJ
私もこの映画は大好きです。
名作かどうかはわかりませんが、この世界の空気がすごく好き。

このために初めてDVDを買いました。
赤かったけど(w メーカーの対応は全く誠意がなかったけど(w

私の中のこの作品の価値は変る事はないけれど
ハクを殺したのはこういう金勘定や企業の事情で
見てみぬフリをした大人達なんだよなあって
赤問題を見てて思いました。

だから「ああ、千尋はハクと元の世界で再会は
できないだろうな」と思ってしまった
劇場で約束のシーンを見た時からなんとなくそう思ったんだけど
自分の中で確定してしまった…ちょっと切ない…。
(´・ω・`)


231 :名無シネマ@上映中:03/01/28 19:16 ID:ocQG0qee
>>223
>>帰りにトンネルを抜けた後、千尋の記憶って無くなってるの?あれ。

英語吹き替え版だと、前の世界の体験で千尋が強くたくましくなったような印象を受けるセリフが挿入されているんです。
英語吹き替え担当者が言うには、日本版ではそのままで立ち去るだけだが、アメリカ人は、あの旅(不思議の世界の旅)を終わらせるために物語に区切りが欲しいだろうと思うと言っています。

車に乗って走り出してから父親が「新しい学校に行くの、こわくないか」と聞きます。
で、スクリーンが消えてから、千尋の元気な声が響きます。
「No. I think I can handle it」
「大丈夫、やっていけるわよ」

ここで必ず、観客からどっと笑いが起こるんですよ。いい笑いです。
これだと、立派な成長物語(笑)ですよね。
ま、千尋が不思議の世界でいろいろなことを体験し、強くなった、というような印象に受けとめられます。

だけど、さきほど、誰かが「この最後のせりふはいらないんじゃないか」と不満げに独り言を言っていたのを聞き、私も今、考えています。
まだ、考えがまとまらない状態。もう少し、時間とみんなからのインプットが必要かも。

232 :名無シネマ@上映中:03/01/28 19:25 ID:WEOsimwc
>>231
だとしたら、漏れは英語版のほうが好きだな。

「思い出せないだけ」っていうのは、なんか切なさを狙い過ぎてて
個人的に嫌。

上のほうにも書いたけど、自分はどうしてもあの千尋のラストの顔が、
「ぼ〜っとしてる」ようには見えないな。
どっちかって言うと、きりっと凛々しい感じ。あるいは
確かな自信を身に付けられた、って感じ。

でもこう取ると、トンネル内での千尋の表情に説明が付かなくなっちゃうんだよねぇ・・・
う〜ん。

233 :名無シネマ@上映中:03/01/28 19:27 ID:ocQG0qee
>>230
結ばれるわけでもなし、かといっていつか会えることが約束されたわけでもなし、中途半端に終わるのは、体に悪いね。
だから、こうして、ああでもない、こうでもないと、むしろ、私たちが自分たちの気持を満たしたいために話し合い、ひそかに安心感を得ているみたいだね。

234 :名無シネマ@上映中:03/01/28 19:32 ID:uzFbYRXM
↑それが作品のねらい





かも

235 :110:03/01/28 19:58 ID:xtokEpvx
>だから「ああ、千尋はハクと元の世界で再会は
>できないだろうな」と思ってしまった

いや、再開するとむしろ悲惨なのだが・・・。


236 :名無シネマ@上映中:03/01/28 20:03 ID:lBplwBR4
相手が川じゃどうしようもねーわな

237 :110:03/01/28 20:07 ID:xtokEpvx

コハクが人間として現れてもヤヴァイ。泡姫として復活??
あの親のことだから、また、千尋が神隠しに遭うかも・・。


238 :名無シネマ@上映中:03/01/28 20:08 ID:QxOcIAt7
その後を想像したり、不思議だった部分を書くのならともかく、
千と千尋の嫌いなところを長々と書く人って、一体何が目的なんだろ。


239 :名無シネマ@上映中:03/01/28 20:14 ID:f9BG548B
どういうトコロが嫌いなのか他人に理解してもらいたいんだよ、多分。
他者に自己を理解してもらうのはコミュニケーションの基本だから。

残念ながら、ただ煽っているだけの人もいるみたいだけど。

240 :110:03/01/28 20:18 ID:xtokEpvx

嫌いなところってどんなところだろうな・・

241 :名無シネマ@上映中:03/01/28 20:20 ID:QxOcIAt7
>>239
そうですか。でも、嫌いな理由をどんなに言われても、
好きな人は好きなんだと思うけど。

なんか自分の嫌いな人の欠点を他の人に言って、
その人のことを嫌いにならせようとしているように見えますね。

242 : :03/01/28 20:29 ID:qu5TsKVu
というか、ハクと千尋は別に好きあっているってわけじゃないだろ?

243 :110:03/01/28 20:31 ID:xtokEpvx
>>242

そう思ふ。なぜ、恋愛体質の女性ってすぐに美少年とヒロインを勝手に恋愛
関係にしてしまうのだろうか・・。

244 :名無シネマ@上映中:03/01/28 20:40 ID:WLnxkocp
>>143
川なんかあった場所に埋め立てても建物は建てないってことだよね?
土がゆるいから危ない

245 :名無シネマ@上映中:03/01/28 20:41 ID:NxYWOpRm
最後、千尋がトンネルを振り向いて考え事している場面で、
両親の呼びかけに我に返るが、この時ゼニー場の髪止め
がキラリと2回光って、すべてが終わる。
それをはっきりわからせるために千尋の顔をわざわざ
ズームアップしている。
この髪止めは千尋の髪に付けられて以降ほとんど光らない
んだがすべてはこのラストのためだろう。

だから千尋の立場に立って、これは本当に起こった出来事
なのか、全くの夢なのか判断に苦しむ観客に、これは夢では
ないんだと思うよう、製作者は仕向けているとおもた。

246 :名無シネマ@上映中:03/01/28 20:43 ID:vUBHq4a/
この映画
千尋がカオナシにバイバイを言わないことが
ど う し て も
気に食わないんですが。

247 :110:03/01/28 20:48 ID:xtokEpvx
>>246

千尋って、今までの運命に導かれたヒロインじゃなくって普通の現代の女の子だから。
けっこうドライだよw
カオナシも心の中ではそれほど付き合いたくないでしょう。ややこしい相手だから
仲良いふりしているだけ。
その証拠に、オープニングの車の中で田舎に引越しする両親に文句ぶぅぶぅたれてて
今時っぽくてかわいかった。車の後部座席で横になって寝っころがってすねてるところね。

248 :名無シネマ@上映中:03/01/28 21:16 ID:APpub6gv
汚い話を蒸し返して悪いのだけど、
オクサレ様のアレは糞尿の類も表現しているということを、
どうしても認めたがらない若さゆえの過ちを犯してる輩がいるみたいだが、
それは汚いものから目を背けたがっている幼稚な態度にしか思えない。
作り手は明らかに「ウンコ」を意識してるだろ。

実際、湯婆婆や湯屋従業員はひどく汚がっていたし、
なによりも千尋がお金を受け取った時のリアクションが凄まじかったではないか。
あそこで彼女は、よくもまぁ泣き出したり吐き出したりせずに耐え抜いたと、
私はしきりに感心したものだった。感動したよ!千尋タン!!

>>93などが、「あんななめらかなウンコが云々」と申しておるが、
おそらくこの者は、小奇麗な水洗便所に浮かぶ自分の健康なウンコしか見たことのない
典型的な今時の若者なのであろう。
ウンコ小便も大量に集まれば、あのようにドロドロになるのだよ。
今すぐ田舎へ行って、ボッタン便所や肥溜めの中を覗いてきたまえ。
(千尋気分を味わいたいなら、そのままその中へ飛び込むのだ)

249 :名無シネマ@上映中:03/01/28 21:16 ID:APpub6gv
それに宮崎駿も、絵コンテでは「ウンコ」とハッキリ書いている。
ま、それは一部だけで、大半は「ヘドロ」と書いてはいるのだが。
しかし、ヘドロってなんだろう。糞尿込みでヘドロではないのか。
むしろ糞尿よりも、様々な化学廃棄物が混じりあったヘドロそのものを体中に浴びた方が、
汚いし人間の体には悪いのではなかろうか。
ウンコは畑の肥料になるぐらいだから口にしても大丈夫だが(そうか?)、
ヘドロは食べたらヤバイだろ。
そんな気がするのだが。
というか、それはどうでもいいのだが。

あとそれから、確か宮崎は『東京汚猥(おわい)合戦』という
ウンコにまつわる物語を作りたいと、かつてNHKに出演した時に語っていた筈だ。
今回のオクサレ様のシーンは、冗談半分だったあのネタを形にしたものなんだと、
私は映画館で観ながら一人勝手に解釈してニンマリしたものだったが。

ついでに、あのシーンを観てスカトロプレイ云々の発想に繋がるのも、
ごくごく自然な流れだと思うが、それはまた別の話。


思わずウンコネタに熱くなり、長くなってしまった。
申し訳ない。反省している。

250 :名無シネマ@上映中:03/01/28 21:20 ID:uzFbYRXM
確かにアツイな

251 :名無シネマ@上映中:03/01/28 21:25 ID:1eB2I2+i
ウンコに親しみを覚えるのは農本主義ですね。

252 :110:03/01/28 21:26 ID:xtokEpvx
>>248 249

いやいや、同意っす

253 :名無シネマ@上映中:03/01/28 21:27 ID:APpub6gv
ヘドロに親しみを覚えるのは、何主義?

254 :110:03/01/28 21:37 ID:xtokEpvx

作家って言うと売れていない頃に良い仕事、とがった仕事して、知名度が上がる
たびにまわりのプレッシャーに潰されることってあるけど、宮崎さんみたいに
知名度あがればあがるほど、エグいアニメ作ってみんなをびっくりさせるそういう
いたづら心が好きだ。

藤子不二雄Aさんと近いかな。軽い気持ちのいたづらなんだけどね。ウンコ風呂とかさ。

255 :マチルダ婦人 ◆ppYByIniuc :03/01/28 21:40 ID:yEpKsTth
>>249 
      ,....--ζ‐-、,._
      /       ヽ,
     /         ,|
     i||||||/        |   
     |||||〉   ,,.-_.、 ,.-、`゙l
     .l_ノ   ".=・, 〈'・=゙ |
    (ヾl!  (´ ,..r _,,〉、_,) <平成汚猥合戦ですん♪
     ヽ_,!    イ==ァ' ,l
      ゝ|ヽ、 ;; `ニ´ rノ
      /|、`ヽ、 ::__ ;.イ                  


256 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:01 ID:/xxeGq5A
アカデミー賞って、もう決まった?


257 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:07 ID:uaKXJgIT
今更ながら初めて観ました。

まず、ハクのカツゼツの悪さ(舌足らず)がとても気になった。
(恐らく、散々ガイシュツの話題だろうがw)

感想は、 なんかLSDでdでる変性意識真っ最中の物語の様ですね
  と思いました。

258 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:09 ID:8TM9GG/k
>>248-249
> 思わずウンコネタに熱くなり、長くなってしまった。
> 申し訳ない。反省している。

気がついただけでもエライ!あまりそーいう形で入れ込むと、みんな引くぞ。

259 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:16 ID:4WdYSopL
オレはうんこではなく、重油流出で着岸したヘドロを連想した。

260 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:23 ID:+5cSiDrI
>>256

261 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:29 ID:kKD+Z5rM
>>242
漏れもハクが千尋を助けたから恩返ししてるだけだと思って見てますた。
でも爺さん(名前忘れた)が愛の力とかなんとか言ってませんでした?

262 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:29 ID:ti2+kc/h
お風呂から水が溢れかえったり、開いた扉に顔をぶつけた時のリアクションが好きやね

263 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:29 ID:toD8NL6v
ペドロ&カプリシャス

264 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:31 ID:YVBEDFNW
カオナシ=宮崎
と捉えると全てにつじつまが合う。
パヤオ本人は引き篭もりだとかオタクだとか少女と援助交際してる中年親父とか
ネットしかやらん2ちゃんねらとかの寓意として出したんだろうけど、
ジブリ(油屋)の中で映画作って錬金術のように金もうけて、その金で大飯
喰らって、まわりのスタッフも喰らって肥大化したんだけど本当は寂しくて
不安で、こんなにブクブク太った自分も嫌で、本当はもう全てを棄てたくて、
結局純真な少女が一番好きで、でも醜い自分を否定して欲しかったりして、
少女を追っかけて(導かれて)三途の川を電車で渡ってあの世で隠居したい…
なんてのは宮崎よ…お前そのものなんじゃないのか?

265 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:33 ID:ti2+kc/h
プロデューサーの鈴木氏(だっけ?)もカオナシ=宮崎監督だと言うが、本人は認めないらしい

266 :110:03/01/28 22:34 ID:xtokEpvx
>>264

タレント(才能持ち)はすぐに政治や教育、フェミ、PTAに利用されるからね。
天才は聖人でなければならない・・みたいな無言の圧力と、周囲の思い込み。
でも、宮崎さんって普通の愛すべきロリコン親父。

267 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:37 ID:7iCwhQhN
既出だろうが千尋生還後のトンネル、奥のほうが見えなかったけど
もう繋がってないのか?

268 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:38 ID:E1BrraYu
まあ、宮崎に豚コンプレックスがあるのは事実だ罠。


269 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:41 ID:8TM9GG/k
>>265
宮崎監督の言葉として、

みんなのなかに カオナシはいます

といったキャッチコピー?を上映当時のテレビCMで使ってたよーな。
まー多かれ少なかれ誰にもそうした部分はあると思うが。平時はコントロールされて
表面に出さない、というだけでね。

270 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:42 ID:8TM9GG/k
>>267 多分に結界が張られたかと。

271 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:56 ID:p7v/24dK
誰かも書いてたけど、千尋にとっては危機を救ってくれた王子様だけど、
ハクにとっては「初めてできた同年代の友人」って程度なのではないかと。
恋愛感を出したかったら、最後の約束でおでこにチュウくらいさせるっしょ。

272 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:59 ID:Rr6AC3hd
日本アニメーション史上トップ10

1 千と千尋の神隠し 2003年1月24日(金) 20:30 日本テレビ 46.9%
2 ちびまる子ちゃん 1990年10月28日(日) 18:00 フジテレビ 39.9%
3 サザエさん 1979年9月16日(日) 18:30 フジテレビ 39.4%
4 Dr.スランプ 1981年12月16日(水) 19:00 フジテレビ 36.9%
5 もののけ姫 1999年1月22日(金) 21:03 日本テレビ 35.1%
6 ど根性ガエル 1979年2月23日(金) 18:00 日本テレビ 34.5%
7 まんが日本昔ばなし 1981年1月10日(土) 19:00 TBS 33.6%
8 ルパン三世・最終回 1978年12月8日(金) 18:00 日本テレビ 32.5%
9 タッチ 1985年12月22日(日) 19:00 フジテレビ 31.9%
10 あしたのジョー 1980年3月13日(木) 18:00 日本テレビ 31.6%

273 :110:03/01/28 23:00 ID:xtokEpvx
>>271

救ったのか風呂屋に売り飛ばしたのか微妙だけど・・

274 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:13 ID:iUkiLO2q
>私の中のこの作品の価値は変る事はないけれど
>ハクを殺したのはこういう金勘定や企業の事情で
>見てみぬフリをした大人達なんだよなあって
ハクを川にしたのは、宮崎の嫉妬心。千の恋愛成就を許さない。
親がひどいのも、宮崎のからまない場所で少女が幸せにさせたくない嫉妬心。

オクサレは完全に「オワイ(放送禁止用語らしい)」
スカトロかつ、脱糞部分の映像化ですね。

で、糞は、信者。


275 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:17 ID:p7v/24dK
ということは、たとえ雑談であれ、アフレコ時以外で
柊瑠美に入野自由が接近するのを妨害してたかもですね(w

276 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:20 ID:/VMmGERa
個人的にはハクと千尋の間に恋愛感情は無いと思うんだけど、
ジブリの作品ってヒロインとヒーローの間に明確な恋愛関係が成立
したのがほとんど無いから(耳をすませばぐらい?)その後を想像したく
なるんだよね。

その分、次回作にはちょっと期待。

277 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:23 ID:p7v/24dK
「結婚しよう!しずく!」だっけ?(w
あの男の子の声をやった人、ホワイトアウトに出てたね。

278 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:25 ID:AN1Bbmke
俺もエロ映画だと思う。それが下敷きになってるのは底意地が悪くて好きだな。
もっともエロいのは自分の正体を思い出した、ハクが千尋にきらきらした眼で語るところ

「そなたが私の中に入ってきたとき・・・」

あの開放感あふれるシーンで、いきなり『入ってきた』だなんて、いやーん、えっちぃ
と悶えたのは俺だけかしら。ぐふふ。

279 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:26 ID:ti2+kc/h
今回のはまた若いからな

280 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:28 ID:0O7Ct9/m
男側に入ってもなー・・・

281 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:28 ID:/VMmGERa
あのプロポーズには、正直ぶったまげたね。

耳をすませばとか思い出ぽろぽろとかは現実世界だけど、
ラピュタとか千と千尋はちょっと現実離れの冒険もの(?)
だから、恋愛が主じゃないし。

次回作はその両方が描かれてることを期待。

282 :通行人さん@無名タレント:03/01/28 23:29 ID:dXbRtGXe
十歳の女の子がヒロインじゃ、せめて淡いときめきどまりじゃないの?
「恋愛」なんて・・・
千尋が二十歳だったら、もとの世界に戻りたいとは思わなかったかも。

283 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:30 ID:fKfTPTBw
>>278
正直俺もあのセリフはエロいと思った

284 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:30 ID:ptFEi4r5
「私がそなたに入った時・・・」じゃないんだからいいじゃん

285 :ぶっちゃけてゆーと:03/01/28 23:31 ID:iUkiLO2q
だいたい川を潰してマンションを建てるなんてありえませんで渉(^-^)

マンションは高層であればあるほど地盤を強化しなければならないし、
川を埋める費用地盤強化費用用途変更のすべて考えても、
川そば物件にして売るほうが儲かるので、川を潰すという発想はありえません。
マンションは、周囲の採光や日照を考えても
川を潰して建てるより川のほとりに高層で建てるほうがいい。
だいたい川をどうやって登記して、宅地ですよ!宅地!に用途変更するのか。
こんな話聞いたこともありませんです。
こんな不動産業界の基本も知らないなら、シナリオ書く前にオレに相談してくれと小一時間言いたい。
同業の他のやつは呆けてるとしか思えないですよ。

川というものは水利権というたいへんな権利も擁しているので
潰すということはめったにありません(地下に流しても上は道路の場合多いし)
だから、ハクを川にしたのは、宮崎の嫉妬以外ありません。
 

286 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:32 ID:ptFEi4r5
初恋って程度でしょう。

287 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:32 ID:965eFobR
すまん、一言いわせてくれ。

1がきもいっす。

288 :278:03/01/28 23:33 ID:AN1Bbmke
>280

男側に入っちゃうから、こそ宮崎でしょ。
「普通に楽しもうったってそうはいかねぇよ」ってな
ひねくれ具合を感じてしまいます。

289 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:34 ID:ptFEi4r5
>285
私んち、建てる前は水田だったけど、それはあり?

290 :名無シネマ@上映中 :03/01/28 23:35 ID:rdpBW9Nn
千尋の将来の職業はAV女優。

291 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:35 ID:pmSK4ugC
それは別にフツーです

292 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:37 ID:4QpawKm/
http://www.tanteifile.com/tamashii/index5.html
ジブリって・・・

ハヤオが指揮してたら
ちゃんと社員がローソク持って
七輪で身体を温めあうシーンを演出しただろうね。

こういう嘘付くの好きだろうから

293 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:39 ID:MoqWpa3d
汚い川だったのかもよ。だったら潰して川沿いにマンション建てたほうがいいじゃん。
川の上に建てたなんてセリフはなかったような。

294 :110:03/01/28 23:39 ID:xtokEpvx

っつーか、なぜ、恋愛体質の方々は千尋とハクを恋愛関係に持っていきたがる
のでしょうか。

なぜ、巨匠が作った名作は、美少年とヒロインが結ばれないといけないのでしょうか?
なにか国際法でもあるんでしょうか?

宮崎さんって、オタクだからそういう恋愛体質は受け入れないと思う。

295 :285:03/01/28 23:40 ID:iUkiLO2q
>289
ありありです。
墓場よりはいいと思います。某所で新規開発された元墓場の宅地ではないですよね。
敷地のすみっこにある墓場でないことをお祈りしますた。

>287
少なくともオレだけはしかと届いた。
多分、287とオレだけそう思ってるようだ。このスレでは。


296 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:42 ID:4IDntNyu
>>292
ぎゃはは!
俺も信者だが、コレは全くイイワケ出来ねぇ。

つか、ネタとしては最高に面白いな。

297 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:43 ID:wrF2LAyx
まーまー、もちついて。
小学生くらいの頃なんて、ちょっとした事で
異性にドキっとしちゃう事とかあるだろうし、
それが本当の「恋愛」なのかどうかは微妙だよな。
でも、そんな恋愛未満な感じのもどかしさもイイと
俺は思うんだが。

298 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:43 ID:kzaJoUWv
探偵ファイルってあんまり好きじゃない

299 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:45 ID:Q7iCpRkI
私も10歳のころ好きな男の子がいたけど今じゃ顔すら思い出せん。
油屋の記憶があってもなくても、ハクのことなんかすぐ忘れるさ。

300 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:46 ID:iUkiLO2q
>110
禿げ同。同じことだ。
宮崎さんって、ロリコンだからそういう恋愛成就は受け入れられないと思う。

信者にはオタクに見える彼は
非信者にも十分ようじょオタクに見えるから。

301 :110:03/01/28 23:46 ID:xtokEpvx

そもそも、千尋はハクのことが好きというような表現あった?


中には「千尋とハクの恋愛物語に涙しました」なんて女性の書き込みも・・。
宮崎監督もあきれ顔??

302 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:47 ID:Vxs6247S
あの宇宙人顔はトラウマになる

303 : :03/01/28 23:48 ID:+/2CXH45
>>257
うん。何言ってるのかわからない台詞が結構あった
>>261
友達とか家族の間にも愛はあると思うけど・・

304 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:48 ID:Dg6YoaPW
恋愛、恋愛となんでもそこにひっつけるのは芸がない
愛にもいろいろあるぞ、情愛・博愛・家族愛・自己愛とかな
さしずめハクと千尋は、他人を思いやる愛である博愛と同族意識の生み出す家族愛の中間と言った所だろうな
釜爺の言葉は正しい『愛だよ、愛』
恋愛というのは情愛の一歩手前の所を差すのではないかな。

何を言ってんだろうな、俺は。

305 :110:03/01/28 23:49 ID:xtokEpvx
>>300

自分はオタクだから、タイタニックみたいな人生恋愛・すべてが恋愛みたいな
恋愛依存症的な映画は「ふーん・・・」って見てしまう。

なぜ、ヒーローとヒロインが恋愛しないといけないのだろうか・・。そして、
なぜ多くの人(特に女性)は、話の本筋を履き違えてまで恋愛物語として理解し
涙したがるのかが不思議だわ。

宮崎監督が、ウンコ風呂の映像盛り込んだ以上に不思議だわ。

306 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:50 ID:SR3cVQVV
手が触れただけでドキッとしたりね。
そういえば千尋とハクも、やたらスキンシップが多いな。

307 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:51 ID:/VMmGERa
っつーか、何故に宮崎駿をオタクだのロリコンだの決め付ける。
その手のキモ発言は聞き飽きた。同族嫌悪にしか見えん。

308 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:51 ID:fr23t6O8
いつも宮崎アニメ(に限らず、男の作画した作品)見て思うのは、
女性キャラに着せる服のセンスのなさ。千尋の服も、母親の服もひどかったよな〜〜
「まるで漫画に描いたよう」なトホホさ加減。

309 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:52 ID:tFvwXxXp
>>285
http://www2.justnet.ne.jp/~kban/HP-GHOST2002/SHIZENKAN/KOHATAUJIGAWA/KOHATA&UJIGAWA.htm
似たようなことはやってるみたいよ。

310 :110:03/01/28 23:53 ID:xtokEpvx
>>307

いやいや、宮崎監督ってオタクじゃないですか・・。それに本人が言ってるが
ロリコンらしい。

311 :110:03/01/28 23:53 ID:xtokEpvx
>いつも宮崎アニメ(に限らず、男の作画した作品)見て思うのは、
>女性キャラに着せる服のセンスのなさ。千尋の服も、母親の服もひどかったよな〜〜

そりゃ、あんた、ヲタが作ってるからだよーん。

312 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:54 ID:Vxs6247S
宮崎駿がロリコンなのは定説です。

なおここでの「ロリコン」は決して悪い意味ではありません。

313 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:55 ID:iUkiLO2q
>>307
釣  れ  るかどうか釣りバカ日誌見て研究だな。


314 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:56 ID:kuJYp3pJ
>>310
宮崎がオタクやロリコンである可能性があるというのはわかった

だが、一度聞けばわかる何度も言わないでくれ

315 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:56 ID:iUkiLO2q
>307
2つも反応してるぞ、おい、大漁だな

316 :110:03/01/28 23:56 ID:xtokEpvx
>>312

そうそう。なにもロリコンや売春が悪いって意味じゃない。オタクだって誉め言葉。


シベ超ブームの仕掛け人のみうらじゅんさんがラジオで言ってたけど、なぜ古今東西、
正義の味方の美男子と美女が恋愛するのだろうか?ものすごいブサイクの主人公が出てきて
ものすごいブスと恋愛して、美男子の悪役が倒される映画があってもいいのに・・みたいな
ことを言ってたな。そういうオタク心って、宮崎監督にもあると思う。

317 :z:03/01/28 23:57 ID:6Po8lj3O
―――復讐○仕返し○特殊探偵○悩み事相談○駆込み寺―――
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・★★★仕返し代行★★★悩み事相談★★★
●電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい! ・・・◆マル秘事件簿・緊急殺人現場◆・・・
http://www.blacklist.jp/i
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ 
リンク・興信所・・> ・・> http://www.okudaira.co.jp/ 
----------------------------------------------------------
◆復讐・リンチ現場特撮24時◆危険!!!


318 :110:03/01/28 23:57 ID:xtokEpvx
釣れるとかどうでもいいよ。レスつけただけ。

ハクと千尋が恋愛してたなんて書いてるひとはもっと目を覚ました方がいいんじゃない?
どこにもそんな話ないし。釣れたとか言って喜ばないでくれ。

319 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:58 ID:Vxs6247S
恋愛云々の感じ方も人それぞれでいいと思う

320 : :03/01/28 23:58 ID:+/2CXH45
>>318
別にいいじゃん。そう思いたい人がいるならそれで。
自分は友達同士って感じで見たけど

321 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:59 ID:ojVZ7ft8
>オタクだって誉め言葉。

すげー開き直り。

322 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:59 ID:xtokEpvx

そういう意味では、ダウンタウンの松本氏が「この映画は宮崎監督という人物が
しょせん世間なんてこんなもの・・と馬鹿にして作った映画だ・・0点」と採点
していた意味がわかる。

323 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:00 ID:0eMIVKLq
>>320
そうだな。すまん。

>>321
いやいや。エロいな〜!アホやな〜!馬鹿映画、オタク、ロリコンなどはすべて誉め言葉ですよ。マジレス

324 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:03 ID:Fjc8cImz
>>307
だから、その根拠は何だ。本人が言ったのを直接聞いたのか。
そんなことばっかり気にしている人には一生何かに対して心から
感動することが無いだろう。ロリコンだのオタクだの本当に
どーでもいいし、作品自体の善し悪しに関係ない。

325 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:03 ID:/dLwFys4
見る人によって解釈の違う映画ってある意味すごいよ。
恋物語として見るもよし、成長記として見るもよし。

326 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:04 ID:0eMIVKLq

宮崎監督とか藤子不二雄Aさんとかって、ウンコ風呂の映像入れたことについては、
ファンから、「宮崎はヘンタイw」とか「ウンコ好きだな、あいつw」「エロッ!」
とか言われたかったと思うのだが。単なる悪ふざけだしさ。そう思わない?

327 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:04 ID:e46Vznz1
>>308
「老人Z」はまともだったよ。

って自分自身まるでその手のセンスは持ち合わせてないが、
今まで見たアニメの中では一番違和感無かったよ。
(記憶があやふやだから、今見なおしたら辛いかも
しれないけども)
作品自体も面白かったしね。
スレ違いでスマン。

328 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:06 ID:0eMIVKLq

恋愛物語として見るも良し
風俗日記
ロリコン日記
ウンコぷれい
成長日記
労働の美徳
アンチ資本主義

見る人によって感想違いまくりw
これが監督のねらい?

329 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:07 ID:0eMIVKLq

おれ的には宮崎監督は好きだし、千と千尋も好きだ。

俺的カテゴライズは 馬鹿映画 だな。

330 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:08 ID:9KDA1duV
老人ZもスカトロじゃないかΣ(゚д゚lll)

331 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:08 ID:0eMIVKLq

ハクが千尋を風呂屋に売り飛ばしたのはまぎれもない事実だがな。

332 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:10 ID:f00Hf/+w
千尋>今時の子供
銭婆>今時の親

って観てた

333 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:10 ID:w7/xvWmA
見る人の心理状態によって解釈が違うんじゃないかと思った。
何かの壁にぶつかってる人は成長記として見るだろうし
恋に恋するお年頃または恋愛慣れしてない女の子には恋物語に映るだろうし
幼児性愛者は(以下略

334 : :03/01/29 00:11 ID:psMDc0Ni
>>332
湯婆は?

335 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:11 ID:LTR4Y/b5
一度聞けばわかる

なんども書く必要は無いよ

336 : :03/01/29 00:12 ID:psMDc0Ni
千と千尋面白かった

337 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:13 ID:w7/xvWmA
ハクはどこに住んでるん?
どこで握り飯作ったん?

338 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:13 ID:r8T2Iy8A
ピアノ系の音楽が良かった

339 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:15 ID:G/gr1f4S
あの握り飯には強い向精神作用があるので
シロウトにはおすすめできない。

340 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:15 ID:qaremPTa
働かない者は湯婆の手で動物に替えられるっていうのは
苦しい設定だよな。そのせいであの世界にいる奴が仕事を求めて
油屋に殺到して、却って湯婆が困ってんじゃん。あの店従業員多過ぎだ。

341 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:16 ID:r8T2Iy8A
湯婆も後悔してなかったっけ?

342 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:18 ID:31yYtNYB
ABSを描写したところとか、芸が細かいね。

343 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:18 ID:0eMIVKLq

宮崎監督がインタビューで答えていたけど、世間で期待されていることと反対の
ことをしてびっくりさせたい・・みたいなことを言っていた。

アングラ漫画ばっかり書いてた藤子不二雄Aさんも、読者をあっと言わせたい・・
と書いていた。みんなの期待を裏切るいたづら心というか。起承転結・勧善懲悪・
ねりにねられた完璧な展開やテンションの上げ下げって、ハリウッド的なものだ
けど、それだけじゃあきるからね。

で、話それたけど、もののけ姫で、女の人(主人公?)が触手に触られるという
映像があったそうだけど、監督も好きだねぇ(ニヤリ

344 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:18 ID:Dxz6hQLp
湯婆婆は誰に対して誓いをたてたの

345 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:18 ID:f00Hf/+w
>>334
ゴメン。銭と湯を間違えてた。
取り替えて・・・
双子ってことだから、この場合表裏かな。

何でも買い与え、息子が自分の足で歩く機会すら
与えない大切な事の見えていない過干渉な>湯

自分の手で『何かを』作り上げる大切さ
自分で選択する事を促す>銭

銭と湯・・あってる?


346 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:20 ID:0eMIVKLq
>>345

あってる。

347 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:21 ID:0eMIVKLq
>>345

あのわがままな大きな赤ちゃんって、現代っ子の例えでしょう。

348 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:21 ID:BfOPZe0/
湯婆って、そんなに悪い人じゃないから、
つい「ちゃんと働けばおいてやる」みたいなこと
言っちゃったんじゃないかなあ。
最後、千が豚の中に両親がいないの見抜いたあと、
千とかには見えない方を向いて、ちょっと笑ってたし。
口は悪くて守銭奴だけどいい人なんだよ、湯婆は。

という設定と思った。

349 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:22 ID:WRSFSEgu
>>343
あなた自身がテンタクラーだからそう見えるだけでは?
いや俺もだけど…。
あればっかりは狙っちゃないと思う

350 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:22 ID:r8T2Iy8A
確かに。完全な悪役ではないよな

351 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:23 ID:WRSFSEgu
湯婆婆自身が「約束」に縛られて参ってるのは面白いかなあと少し思った。
まあ既出だろうが。

352 : :03/01/29 00:24 ID:9PaiEFKU
>>345
>間違えてた。
そうなの?全然気にしないで読んでた(w
純粋に湯婆婆はどう思うのか気になって質問してました。
でも、そうですね。>>345に書いてあるのを読むと
湯婆婆は今時の親って感じ。合ってると思う

353 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:25 ID:Dxz6hQLp
ジブリにおいて完全な悪役は西宮のおばはんだけで充分。
ムスカは小悪党って感じだし。

354 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:25 ID:HS7AFhpX
坊ってすでに歩いてるよね。
千尋に「一緒に遊ばないと泣いちゃうぞ」のシーンで。
千尋が仕事させてください!って来た時はまだハイハイだった
気がするので、
記念すべきはじめてのタッチは千尋が目撃したことになるのか。

あれって魔法で坊の成長を一番かわいい時期で止めているっていう設定なのかな。
母親のひそかな欲望だなぁ。うちにも9ヶ月児がいるので
正直気持ちが分かる。

355 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:25 ID:0eMIVKLq
>>350

完全な悪役がいないのがこの作品の魅力。おれは個人的に勧善懲悪に起承転結って
あんまり好きじゃなくて・・。

世の中って誰が悪で誰が善なんていちがいに決められないことが多いから。
ハリウッド映画で、宇宙人が責めてきて、正義の軍隊がミサイル打ち込んで
国民全体がわー!!って盛り上がるあのアメリカって怖いよ。

356 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:26 ID:0eMIVKLq
>>349

そうか。触手の映像をどこかのやつが萌えたとか書き込んでいたの見たのでw

357 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:29 ID:f00Hf/+w
>>347

あ、そうだよね。
図体ばかりでかい、子供の比ゆかなあ。
救いはあの子自分からちゃんと『自分でやれる』と
たちあがることだね。

千尋もわりと裕福な(外車に乗って、お任せ引越しが出来て、いざとなったら
カードで払っちゃえ)環境に居る子供なんだよね。
口あけてればご飯もらえる、自分の足で歩いてない子。

358 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:32 ID:0eMIVKLq
>>357

一番最初の車の後部座席で、ブツブツと文句言ってるあのすねた顔はかわいい。
本当に現代っ子。パパのマイカーとママンのあの性格からして、やや裕福な家庭っぽいね。

359 :湯婆好き:03/01/29 00:32 ID:BfOPZe0/
最初、千尋が湯婆のところを訪ねて、しつこく
仕事仕事って言ってたとき、湯婆が怒って
鼻息で書類やらなんやらをふっ飛ばしたのは
大笑いした。あと、河の神からがらくたを引っ張り
出している時、上からパンツ丸見えで降ってくる
湯婆も、何度見ても笑ってしまう。

360 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:39 ID:Te3lUdch
そうだね。千尋は現代の子だ・・
礼儀とかしっかりしてないし


361 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:02 ID:6lQO8w1t
ハクとの愛は友愛でしょ? 散々出てたはずだけど。

362 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:07 ID:94IngiOT
こないだ初めてみました。
昔読んだ子供向けの本に余りにもそっくりで、びっくりしました。
まさか宮崎駿が盗作なんかするわけないよね……?
もしそうだったら…ショックすぎ…

363 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:11 ID:6lQO8w1t
何とどこがどうそっくりなのか知らないけど。
盗作するくらいなら原作名だすでしょ。ハウルの動く城みたいに。

そもそも原作クラッシャーとして有名だし(w

364 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:12 ID:FT5WqUtD
>>322
そういう意味では、ダウンタウンの松本氏が「この映画は宮崎監督という人物が
しょせん世間なんてこんなもの・・と馬鹿にして作った映画だ・・0点」と採点
していた意味がわかる。

松っちゃんそんなこと言ってたんだ。同感だ、見直した。
アニメ板の方がなにげに冷静な意見が多いのかな。
ここちょっとマンセースレっぽいもんな。

365 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:13 ID:OC1EPzr/
イントロの門に着くとこまでが最高

366 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:15 ID:iUB5mOw8
いやー松っちゃんはうがった見方をしすぎだと思うな。
宮崎監督は最近あんな感じの映画にシフトしているし、それほど
世間に媚びているような話にも思えないし。

367 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:16 ID:GWJHtHvM
千のピンクの作業着。
わざわざ、たすき掛けする必要ないと
思うんだけど、どうですか?

368 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:18 ID:k8owlgNl
ヴァカ>>367

369 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:26 ID:0eMIVKLq
>>362

すぐに天才を崇高なものとして取り扱うのはどうかと。宮崎監督はロリコンの
オタクだし、当然、作品を作る上でヒントはもらうはず。ダカーポという雑誌
でも、今までの宮崎アニメの原典や参考作品を公開していたよ。宮崎さん自身
も影響を受けた作品と公式にコメントしているし。

370 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:28 ID:GJuAeFxh
一番最後の「おわり」って文字が出るところの
背景はコハク川ですか?
あと、その背景にが靴が浮いていると友人が言ってるのですが
どこの写ってるんですか?

371 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:31 ID:0eMIVKLq
激しく嫌っぽい常識とか思い込み

一流エンターテインメントは、主人公が恋愛しなければならない
一流作品を作る人は聖人で、決してロリコンやオタクや左翼ではない
この作品は人気があるから、労働の美徳や人物の成長を描いている
物語は教科書とおりに盛り上げを考えて、伏線を引いてシナリオを練り上げるべきだ
一流作品と作った〇〇さんだから、人間として模範的である
一流作品を作った〇〇さんだから、男女平等や世界平和に理解がある
美男子・美少女の主人公は正義で、絶対的な悪をやっつけるんだ


などなど。


372 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:36 ID:0eMIVKLq

そういう常識を潰す宮崎さんだからこそ、巨匠。ピカソは模写なども得意だったが、
それなら写真を撮ればいいじゃないか・・ということで、あえて写真とは違う何か
を追求した。

宮崎監督もやろうと思えば、勧善懲悪の恋愛物語できちんと練りこんだシナリオに
大どんでん返し、最後はハンサムな主人公が悪者を倒してハッピーエンド♪みたいな
のを作れるが、それはトレンディードラマやハリウッドがやればいい。

373 :名無シネマ@上映中:03/01/29 01:42 ID:Fjc8cImz
>>372
なるほど。

374 :名無シネマ@上映中:03/01/29 02:11 ID:BfOPZe0/
千は、ひとりぼっちで心細い時にハクに助けられて
ハクをとても大切に思った。
カオナシは、ひとりぼっちで淋しい時に、千に優しくされて
千をとても大切に思った。
だから千は、カオナシの中に自分を見たんだな。
だからカオナシに冷たくできなかったし、「カオナシは
ここ(油屋)にいない方がいいんだよ。元の場所に戻った
方がいいんだよ」って断言してたんだと思う。

だからなに、って言わないでね。さっきお風呂に入ってて
急にそう思ったから書いただけだよ〜ん。

375 :名無シネマ@上映中:03/01/29 02:23 ID:TrLmndGm
わるいけど、ぜんぜんなってないよ。それ。

もうちょっと深く考えてみてください。まだ10歳ぐらい?

376 :名無シネマ@上映中:03/01/29 02:28 ID:Mlbl7sCY
>>375
またキモイ自己顕示欲野郎が出てきたなぁ。
やっぱりこの世はカオナシだらけだ。

377 :名無シネマ@上映中:03/01/29 02:58 ID:WRSFSEgu
 >>362
ん〜、盗作というか、
あらすじだけを追っていけば、寓話としてはよくあるお話だと思うよ。
そこに宮崎色を乗せて、宮崎アレンジをかけた、という事だと思う。


 >>364
松っちゃんはそんな事いってたっけ?
「世間を馬鹿にして造った映画だ」というのは、映画の内容を見てじゃ無いと思う。

彼はまず「子供の為に何かを作る、用意する、それ自体無駄だと思います。子供をナメてる」
っていう前提から語ってて、「だから『子供向けアニメ』ってのは全部見る価値なし。ゴミ』
みたいな事をいってた憶えがある。
だから彼にとっては内容以前に、あの作品の存在自体が「世間を馬鹿にしてる」らしい。
実際仕事で見る羽目になった時、
「親が子供を置いてずんずんあるいて、飯くってる時点でおかしい。こんな親最低。
 もうそっからは見る気にもならず、ただただ流して〜」みたいなこと言ってたし。
ちょっと短絡的だと思う。

378 :名無シネマ@上映中:03/01/29 03:03 ID:UosTmdYg
>>370
こないだのTV放映では、靴が映っているのがわからなかったね。
スクリーンで観るとバッチシだったんですけどね。TV画面の限界でしょうね。

379 :名無シネマ@上映中:03/01/29 03:44 ID:kbCLepYX
ハクと千尋はあくあでも子供の恋愛だから成就しないのが普通ですぐに忘れるもんだとか勝手に思ってる人が居るみたいだけど
最近の小学生は両思いになるとデートもするしキスもするしセクースも普通にしますよ。
そういう時代背景も視野に入れて考えると銭婆の家から二人で帰ってくる時の描写は実はセクースで結ばれたと解釈するのが自然だし
ハヤオの心の奥底にある理想みたいな憧れのような部分なんだと思います。

380 :↑と、勝手に思ってるみたいですね:03/01/29 03:48 ID:N0LuUbJ0
 

381 :名無シネマ@上映中:03/01/29 03:53 ID:lgQi+ZyW
>>377
なんや、松っちゃんだから何か含蓄のあること言ってるのかと思ったら
親がおかしいとかそんな程度なんか。

382 :>恋愛体質云々…:03/01/29 04:02 ID:fCGg1Rgk
■宮崎駿監督製作発表100分間全発言集
ttp://www.ntv.co.jp/ghibli/sennokami/kantokuin.html

毎年夏に、ちょうど柊さんと同じ年齢ぐらいの娘さんたちと山小屋で二三日を
過ごすんですが、この娘たちを見ているうちに、丁度この子たちのための映画を
作っていないことに気がついたんです。小さな子供たちのために作ったものは
ありますが、それは幼児のためのものですし、思春期のお客さんを対象に
「魔女の宅急便」や「風の谷のナウシカ」を、少年達のためには「ラピュタ」を
作りました。自分たちの作ってきた作品の中に、思春期の前で、まだ、お父さん
お母さんを大切に思っている、いろいろ複雑になってくる前、お父さんお母さんに
対しても、大人の決めたルールに対してもそれなりに律儀で、というところで
生きている女の子達に向けたアニメーションがない。自分の頭の中に全くなかったんです。

今はもう母親になっていますが、その姪ご達が持ってきて山小屋に置いていった
少女マンガも一杯見たんですが、クラスの男の子の気を引くことに専念している
マンガばかりで、これも違うなと思いました。そういう部分もあるけれども
それだけじゃないんじゃないかと思いまして。これは自分に課せられた課題だと
勝手に考えていたんです。ずいぶんお金がかかって申し訳ないんですが、そういう
自分の小さい、若い、うーん、ガールフレンド(笑)達に見てもらって
喜んでもらえるかが勝負です。

この前ある人にその話をしたら「じゃあ主婦になってしまった人とか、大人になった
私たちはどうするんですか」って言われましたが、それはその時代を過ごしてきた
わけだから、ちゃんと記憶にあるはずだし、これからその時代にさしかかる人にも
充分見てもらえると思っています。とにかく、自分達が作ってきたものの中に
思春期前の女の子達のための作品は作られていないし、その子達に向けては、恋だの
愛だのしかこの国は供給していないって感じがしました(笑)。それがこの映画を
作ろうと考えた理由です。

383 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:08 ID:qXTZ5v8x
>>381
松ちゃんはメジャーな物に対しての認識をたまに誤ることが
あるからねぇ。カミソリ松ちゃんドコへいった?

384 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:14 ID:8nwVdwdz
>>379

ん〜素晴らしい、なかなか新しい解釈だな。
確かにあそこで結ばれたのかもしれないな、千とハクは。
気のせいかあの後の千尋は達成感からか女っぽくなってたし。
インターネットはいろんな解釈が見れて素晴らしいよ。

385 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:16 ID:WRSFSEgu
まあ気持ちも判らないでもないけども。

子供ってのは放っておいても放っておいたなりに自分で色々みつけて
吸収して、元気の育っていくんだぜ、無理に親が手を出すのは過保護ってもの。
(恐らく)↑という主張だろうし、まあ良く判るんだけど、
だからって子供向けの創作を全部無駄だといわれると、そうでもないと。

あと、あんな親はいかん、あんな冷たい親はいかんよ、ってのもそりゃ判るけど、
それで映画全体を見捨てちゃったらなあ、と。

うーん。

386 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:17 ID:fcLMtGOR
スタジオチブリからのお知らせ
「尚、工事期間中は電気が完全に停まることとなるため、電話FAX等も全く通じない状態となりますのでご了承ください」

「探偵ファイル」によると、放映当日、オフィスの電気がついていたと証拠写真を掲載していました(笑)

【 [策略]千と千尋の神隠し、たったの26館[北米] 】スレに入っていたので、こちらにも回します。
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0301/28_01/index.html


387 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:20 ID:fcLMtGOR
>>386
 赤いか赤くないかの兄弟げんかの話しもおもしろいね。

388 :382:03/01/29 04:21 ID:fCGg1Rgk
面白いと思ってコピペしたんだけど皮肉っぽくなっちゃったな。ゴメン。
何も作り手の意図に従う必要はないもんね。

389 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:22 ID:q+UU4wAH
最初にトンネルを入ってから、最後に戻ってくる時まで現実の時間では数ヶ月
が経ってるハズだが。
最初、入り口の建物は草で覆われてなかったが、戻ってきた時には入り口の
建物が草で覆われまくり。

だから現実世界では、あの親子に捜索願が出されているハズだ。
拉致疑惑が持ち上がってもおかしくないと。


390 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:27 ID:bTX4age8
>>379
なんと、ハクとチヒロはやっちゃってたのか、、あそこで。
じゃあ、最後結ばれてハッピーエンドだったわけね。
チヒロはバージンだと思ってたのに、、、ショック

391 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:28 ID:eI9jFzLb
親の都合で転校して親の都合で親につれ回される。
そんなものさ、子供なんて。
そんな子供が自立して親を助けるお話ということで。
親の冷たい描写も必要かと。
だいたい千尋だって親が付けた名だし。

392 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:29 ID:WRSFSEgu
>>389
しかしながら、クサだけでなく、門そのものが変わっていた。
「モルタル製かぁ」なんてお父さんが叩いてた赤い門が、
出てきた時には石造りの白い(というか石の色)門に。

流石に時間の経過で材質が変わる事はないわけで、
となると入ったときとは違う門なのかもしれないわけで…。

ということで結局数ヶ月か数秒かもわからないかも。
いや数秒はないだろうけど。

393 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:38 ID:qXTZ5v8x
↑いいこと言った!


394 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:38 ID:sQOsmX6+
>>390
宮崎はロリだからそういう意味は込められてたと思われ。
結局あそこで千尋は処女を捨て女の喜びを知って大人になったんだよ。

395 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:40 ID:Wd/ZFGM0
じゃあハクは送り狼だね w

396 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:44 ID:0eMIVKLq
>>379
>>390

あんたら>>382を読んでも、まだ恋愛ですか・・・。本当にもう監督が意図している
ことと正反対。どうして、そこまで恋愛じゃなきゃいけないんですか??監督すら
否定しているのに。

恋愛体質の人って、おれがドロ風呂をウンコ風呂と連想したくらい病気だよ。
もう監督の意図なんて無視して、自分の理想が一人歩きしてる。。まあ、それは
それで映画や文学の楽しいところなんだけどね。でも、レベル的にはウンコ風呂
や風俗嬢の妄想してるぼくらと変わらんです。

397 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:48 ID:0eMIVKLq

382のコピペ、みんな読んだ?

398 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:52 ID:qXTZ5v8x
ハクと千尋は共に「よそから来て、本来の世界に返りたい」という
同じ目的を持った「運命共同体」のようなもので、その連帯感くらい
の関係では。「私も頑張るから、あなたも頑張って」てな感じで

399 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:53 ID:0eMIVKLq
http://www.ntv.co.jp/ghibli/sennokami/senchirashi3.html

生あります だって・・w

400 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:54 ID:gfrA25zy
そういや、先日最終回を迎えたとかいう北の連続反米ドラマでさ、
主人公のヒロインが意味もなくドロまみれになってたみたいだけど、
あのシーンって、この映画のドロ風呂のパクリだよな。真面目な話。

401 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:58 ID:0eMIVKLq

ダカーポって雑誌があるんだけど今週号で人付き合いがテーマなのね。
で、5パターンくらいに分類されているんだけど、その中で一つ印象に
残ったのが、生真面目疲労型ってタイプの人。

冗談を冗談と受け取らず真剣に考えてまじめに受け取ってしまいます・・って。
ウンコ風呂とかカオナシの「千尋がほしい・・ァ・ァ」って、あれって冗談って
か悪ふざけだと思うのね。そういう冗談を冗談と受け取らず、巨匠の映画だから
そんなふざけた内容なわけがない・・ってまじめに考えすぎているのかも。

たぶん、ウンコ風呂とかカオナシや、もののけ姫の触手のシーンは監督的には
悪い冗談だと思うんだけどどお?「きゃー、変態!」とか「宮崎のおっさんも
好きモンやなー」とか言われたいと思うんだけど。おふざけだから、あんまり
まじめに受け取られても困っちゃう・・みたいな感じで。


402 :名無シネマ@上映中:03/01/29 04:59 ID:0eMIVKLq
>>400

ジョージルーカスは黒沢明が好きだしね。日本のアニメ・映画・漫画は世界で
注目されているね。当然、パクリやヒント、参考にもしてるでしょうね。
また、ドロまみれっていいねw

403 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:00 ID:Q7Kw6nVh
>>379
確かにこの年代の女の子にも性欲は確実に存在してるわけで
そういう意味であそこはエッチしたという描写なんでしょうな。
釣り馬鹿日誌の合体と同じで。
深いなぁ、なかなか。

404 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:02 ID:0eMIVKLq

ついでに、恋愛体質の話だけど、今の日本って恋愛依存しすぎ。漫画もJPOPも
ドラマも映画も恋愛ばっかり。おめーら、それしかないんか?って思って食傷気味。
そんな人多くないですか?

タイタニックやアルマゲドン・パールハーバーのような映画、飽きないですか?
飽きてる人多いと思う。

405 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:04 ID:0eMIVKLq
>>403

いや、深くないだろw。いや、深いかも。愛情はないが、エッチしちゃいました♪みたいな。

406 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:06 ID:qXTZ5v8x
>>404
景気が悪くなると金のかかる遊びや、物に依存できなくなるから、
金のかからない遊び(恋愛)の需要がさらに伸びる

407 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:09 ID:7deGnMBU
恋愛・エッチしたといっても、やっぱりそれは
聖にも俗にも属さないスピリチュアル?なものであってほしいなあ。。
恐怖のグリム童話的解釈としてなら、ニヤ〜っとしちゃうけれど。。w

408 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:11 ID:0eMIVKLq
>>406

それ同意。バブル期はシャレたマンションで「汗をかかないエッチ」が流行した。
カフェやレストランなどエッチ以外の部分で楽しんだ。

今の高校生や大学生はホテル代が払えないから、雑居ビルやカラオケボックスでやってる。

409 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:14 ID:K4XRIHH3
切なくてほろ苦いw初恋って感じがする。
子供時代の恋とはいえ、二人はお互いのことずっと忘れないと思うよ。

410 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:14 ID:0eMIVKLq
>>406

すまん。>>408はレスになっていなかった。お金と娯楽施設がない時ほど恋愛は
重要な娯楽となるから、今はまさにその時代。というわけで、やっぱ恋愛は今を
表す重要なテーマか。

411 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:15 ID:0984wLZp
ハクは婆さんの家からの帰り道に千尋とエッチしたのか。
あの場面は確かに言われてみればそうだろう。
千尋を抱いてハクは男としての自信というか自分らしさを取り戻したのかもな。
男はよくそういう事があるんで。

412 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:16 ID:0eMIVKLq
>>409

しかし、>>382で監督自身が否定しているのだが・・・。もしかして、釣り人?

413 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:17 ID:0eMIVKLq

勇気を出して聞いてみます。



や っ ぱ り、 千 と 千 尋 っ て ★恋★愛★物★語★ な ん す か ?




414 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:22 ID:0eMIVKLq
>>382 を読みに行った。自分の予想にすこし近いところあり。



>映画監督ってね、煩悩の虎なんですよ。映画監督なんて何本やったって、
>立派な人間にはならないです。自分の煩悩がないと映画作れないんですね。
>煩悩は腐れてますから。


やっぱ、あのドロ風呂はウンコだったのか・・。




415 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:22 ID:0984wLZp
>>413
もちろんそういう要素も少しあるかと。


416 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:22 ID:qXTZ5v8x
>>379
ララァとアムロの「ざれごと」シーンのパクリでしょ

417 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:23 ID:0984wLZp
>>409
ほろ苦い恋愛というより、もうエッチの体験済みみたいですよ二人は。
一生忘れないでしょうね、いい思い出として。


418 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:24 ID:0eMIVKLq


この国の恋愛依存症って深刻。みんな本気で恋愛映画だと思ってるのね・・

419 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:26 ID:0eMIVKLq
>>415

了解。少しはあると思う。そう言えば、千尋とハクが大空から気持ち良さそうに落ちるシーンは
「逝った」ことを表現しているんでしょうか?

420 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:26 ID:K4XRIHH3
>>412
私はこの映画が恋愛メインとは思っても無いよ。
それに382の記事中での恋だの愛だのの意味と、
ハクと千尋間での感情はまた別物の感じがする。
なんかもっと自然なピュアな感情。

421 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:27 ID:0eMIVKLq
>>420

なるほど。

422 :あちこちで話題・・創氏改名:03/01/29 05:33 ID:0eMIVKLq


706 :風の谷の名無しさん :03/01/29 01:11 ID:ozZRqbug
韓国では「韓日合作映画」として上映されて好評だったみたいですね。
実際は韓国にジブリのスタッフが常駐して
やっと描かせたCGがらみの数カットだけだったのに合作。
CGくさくて浮いていたシーン(花の書き割りをハクと千が抜けるシーンと
大風呂でお湯がボコボコ盛り上がるシーン)くらいですか。
みていて違和感を感じた部分、品質が悪かった部分が韓国担当。

発売については知りませんが、韓国では「名を奪われた」主人公が
名を取り戻して自由になったと絶賛だったみたいです。
日本のアニメの大監督が謝罪映画を作ったとか大喜び。

423 :名無シネマ@上映中:03/01/29 05:43 ID:2NEwKHHq
千尋に関しては改名はされたけど、氏は創っていないわけだが…


CGスタッフが韓国人だったり、油屋が中国風だったりと
あっち方面に媚びた映画なのかもね。

424 :あちこちで話題・・創氏改名:03/01/29 05:47 ID:0eMIVKLq

もしかして、掛詞的映画?

ある問題があって、その問題が2通り、3通りに解釈できる。わざとそうした。
実際、自分も創氏改名でアジアへの謝罪的意味も見出したし、千というのは源氏名
で、風俗で働く女性を応援しているのか?とも思った。

425 :名無シネマ@上映中:03/01/29 06:09 ID:59OC7IEn
>>422
のコピペは間違いだからね。韓国が受注したのは一部の動画、デジタルペイント。
質の違いが見た目でわかるようなパートじゃない。

426 :あちこちで話題・・創氏改名:03/01/29 06:19 ID:0eMIVKLq
>>425

了解。つか、詳しいな。

427 :名無シネマ@上映中:03/01/29 06:27 ID:NgqiKaap
 日本テレビ―STVが二十四日夜放送した映画「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)の番組平均視聴率(札幌地区、ビデオリサーチ調べ)が、現在の機械方式による調査を始めた一九七八年以来、同地区の映画視聴率としては過去最高の42・8%を記録した。

 瞬間最高視聴率は、主人公の少女を慕うカオナシがごちそうを食べまくるシーンで、48・2%に達した。

 関東地区では46・9%、関西地区では46・1%など、札幌地区を含む全国主要五地区でいずれも40%を超えた。

 これまで札幌地区で高視聴率を記録した映画は、「幸福の黄色いハンカチ」(STV、38・4%)、「ブッシュマン」(UHB、35・9%)、「マッドマックス」(STV、35・4%)。


428 :名無シネマ@上映中:03/01/29 06:48 ID:n1FIXGUd
エッチしたエッチしたって喜んでいる人たちには悪いんだけどさ、
冷静になって見てみるとさ、あのクライマックスではさ、
やっぱりセクースまでは逝ってないと思うんだわさ正味の話。
もちろん、セクースしちゃいそうなほどの勢い、盛り上がりは感じられたわさ。

でもさ、どうしても寸止めしてるように思えて仕方ないのさ。
なぜかというとさ、あそこで二人はあのまま水の中まで飛び込まなかったじゃないさ。
「昔、川で溺れたことがあるの」「千尋が私の中に入ってきた時〜」って話をして、
頭が水の中で一緒になった瞬間の想いで一杯になっているのにだよ。
なのに、水面にたどり着く手前で、二人は浮き上がってしまってるじゃないのさ、もったいない。

  そのまま海の中に一緒に飛び込め!
  月の光で輝く水の中、二人で踊り狂え!
  そしてもう一度、水中で一つになれ!
  まさに身も心も溶け合っちゃえ!
  つうか、逝くとこまで逝っちゃえよォー!

って、思わなかった?
(高高度から水面に落下した時の衝撃、なんてリアリズムは、この際
もちろん無視の方向でよろしく。そんなもんハクの魔法でどうとでもなる)

429 :428の続き:03/01/29 06:48 ID:n1FIXGUd
あそこで二人が一緒に水の中に飛び込んでたら、
確実にセクースしたな、という表現だと思えたんだどさ。
なんか、もうちょい、消化不良っていうか、
寸止めの感じがしたな、あのクライマックス。
いや、だからダメってんじゃなくて、いいシーンではあるんだけどもね。

思うに、やはりまだ宮崎駿に照れがあったんでしょうな。
男であるハク(=宮崎)が使う魔法(=演出)のサジ加減一つで、
一緒に海に飛び込む(=逝く)こともできたのに、それをしなかった。
今までは、そういう彼の「照れ」の部分が宮崎アニメを安心して観れるものにしていたけれど、
今回は、そこがちょっと物足りなかったような気がしないわけでもない。

(でも、次回作は真っ向から「メロドラマ」を作るつもりでいるらしいから、
もしかすると逝くとこまで逝っちゃう所を見せてくれるかもしれない。かな?)

というわけで、>>419さん
私はあそこでは「逝って」ないと感じたのです。
私の中では、水の中に飛び込んだ瞬間こそが、逝く瞬間だと思えたので。
ま、あそこで表現してるのは、よくてペッティングってとこでしょうか。

と、アホな私はアホな解釈をしましたとさ。
正直、長文スマンカッタ。反省している。

430 :名無シネマ@上映中:03/01/29 07:00 ID:n1FIXGUd
しかし私は、朝っぱらから何を書いているんだホントに。トホホ。

431 :名無シネマ@上映中:03/01/29 07:21 ID:2W5vREbE
朝青龍が「日本の心を学ぶために千と千尋を見て勉強中」だって

432 :名無シネマ@上映中:03/01/29 08:07 ID:5BuIg1A6
「草がボーボーだから数ヶ月は経ってるはず」って言ってる人って
家に庭がないのかなと思う。雑草の繁殖力を知らないでしょ。

433 :名無シネマ@上映中:03/01/29 08:12 ID:TCQEqnSI
精神的なセックスってことでいいんじゃないかと。
必ずしも肉の愛だけがセックスではない。

434 :名無シネマ@上映中:03/01/29 08:29 ID:wThc+xci
同人女はきもいな・・・。

435 :名無シネマ@上映中:03/01/29 09:18 ID:mq7gmGmo
つうかネタでやってるのかと思ったら本気でスカトロとか売春宿とか解釈してるのか(w
まんまと宮崎の手に乗せられてるな。
風呂屋の建物が分り易いティンポの象徴だったり、カオナシがバイブのシルエット
だったりするのも深読みしたがる連中へのいわばサービスみたいなもんだろ。
あの性悪ジジイがそんな分り易いメタファーとか読み替えとかやってるわけない。
メルヘンというのがそもそもそういう性的なイメージのうんと詰ったものだから、
いろいろ深読みできちゃうモティーフを集めてみましたって事だわな。
理屈好きの六十のジジイがいろんな童話やらファンタジーから引っ張って
きただけなんでね、細部をいくらこじつけてもどうせ何も出てこない(w
いわば宮崎流のスカシッ屁ね。
大マジメな顔して冗談コイてる。

俺が一番オモシロかったのは宮崎アニメを散々パクったりパロッたりしまくった押井の
代表作の「うる星やつら」(原作は高橋留美子だけど)をまんまとパクリ返した事だな(w
ホント食えないジジイだよな。






436 :名無シネマ@上映中:03/01/29 09:30 ID:HS7AFhpX
>しかしながら、クサだけでなく、門そのものが変わっていた。
>「モルタル製かぁ」なんてお父さんが叩いてた赤い門が、
>出てきた時には石造りの白い(というか石の色)門に。

>流石に時間の経過で材質が変わる事はないわけで、
>となると入ったときとは違う門なのかもしれないわけで…。

うん。
時間の経過どころか空間も飛び越えて、パラレルワールドに
突入してしまったかもしれないんだね。

みんな数ヶ月経ったとかの解釈が多いけど、
私は逆に、モルタル製→石造りの古めかしいトンネル
ってことで、過去にタイムスリップしたかと思ったよ。


437 :名無シネマ@上映中:03/01/29 09:45 ID:Z8U7R5Dh
なんでバ韓国なんかに関わらせるのさ。
不愉快だ!!!!!


438 :名無シネマ@上映中:03/01/29 09:49 ID:xujXln9b
>>435
同意・・・

439 :名無シネマ@上映中:03/01/29 09:49 ID:MbRFhLEQ
恋愛も何も宮崎作品は全部ボーイミーツガール又はガールミーツボーイだが。

440 :名無シネマ@上映中:03/01/29 09:57 ID:MbRFhLEQ
ちなみに次作が監督初の本格的なメロドラマだから本人が楽しみにしてるみたいな事鈴木PがTVで言ってたじゃん。
つまり「ハウルの動く城」が恋愛物語。

441 :名無シネマ@上映中:03/01/29 10:03 ID:xujXln9b
宮崎監督も大変だな。
最大公約数に面白い映画を要求され続けるんだから。


442 :441:03/01/29 10:06 ID:xujXln9b
しかも今回異常に分母膨れ上がっちゃったし

443 :名無シネマ@上映中:03/01/29 10:19 ID:lmn1kxOM
昔は知る人ぞ知るって感じだったのに、今や国民的存在になったしまった。

444 :名無シネマ@上映中:03/01/29 10:32 ID:tbJ3d279
ダイヤモンドサッカーとか高校選手権を欠かさず見てて、
サッカーマガジンとかずっと買ってたようなサッカーファンと、
コナンとかから好きで、アニメージュとか買ってた
宮崎ファンってどんな心境なんだろ。(俺はどっちでもない)

445 :名無シネマ@上映中:03/01/29 10:44 ID:wObqvvVn
>>435
>宮崎アニメを散々パクったりパロッたりしまくった押井の
代表作の「うる星やつら」(原作は高橋留美子だけど)をまんまとパクリ返した事だな(w

うる星やつらのどんなとこパクリ返したの?興味深々w



446 :名無シネマ@上映中:03/01/29 10:48 ID:VrKuKDdQ
>>436
俺も最初劇場で見たとき、普通にそう思ったよ。
元の世界とほとんど同じだけど、少しだけどこかが違う平行世界。
元の世界に戻れないって意味ですこし空寒くさせるのが「妖怪モノの映画」の
最後のオチとしてあるんだな、って思った。
(最後に怪物が襲ってくるホラーモノってよくあるじゃん)

それと同時に、成長する>元には戻れない(戻る必要もない)っていうのも含まれてるんじゃないかな。

447 :書き忘れた:03/01/29 10:56 ID:VrKuKDdQ
出てきた時にある車は、その「別の世界」の千たち親子。
そっちの方は、戻ってこれなかったのかもね・・・・

448 :名無シネマ@上映中:03/01/29 10:56 ID:oSsKyjn/
パラレルワールドってことなら、千尋が帰ったこの世は自然の力がちょっと
強くなった世界な感じだね。
琥珀川もちゃんと流れてるに違い無い。

449 :名無シネマ@上映中:03/01/29 11:00 ID:oSsKyjn/
ってーか、名の在る河が元気になった世界のはずだよな。
阪東太郎か筑紫二郎か四国三郎か。

450 :名無シネマ@上映中:03/01/29 11:22 ID:Ag9pgoCa
>>445
うる星は知らんが、ハクの鱗がバラバラになるシーンで
「迷宮物件」のおさかなを思い出したヤシ、他にいるか?
ねじ式つながりっつーのも

451 :名無シネマ@上映中:03/01/29 11:43 ID:ZyPEQ0iW
パラレルワールドって意見多いな
もともとあっちとこっちは連動した世界だろ
俺はむしろ世界そのものが少し変わった、千尋の内面も少し変わった
と見てるんだが。

どっかのデカイ川がキレイになってるとすると、
どっかの小川も元気になってマンションが倒壊してたりするんかな。

452 :名無シネマ@上映中:03/01/29 12:00 ID:qXTZ5v8x
>>451
油婆との交渉次第

453 :名無シネマ@上映中:03/01/29 12:25 ID:8JywHlar
この前の日テレでの放送って視聴率どうだったんですか?
悪かったのかな、騒がれてないし。

454 : :03/01/29 12:26 ID:EEMTX0LJ
>>453
君はインターネットを使える環境にありながら
ニュースサイトを見るということができないのか?
gooでもYAHOOでも、朝日comでも記事が載ってたぞ。

455 :名無シネマ@上映中:03/01/29 14:42 ID:cBWpoIZC
ぶっちゃけこのスレきもい。
妄想しまくりで。。

456 :名無シネマ@上映中:03/01/29 14:44 ID:bo1Nn/NA
スレ39まで逝ってる時点で基地外ばかりだよ、ここは。

457 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:08 ID:LTR4Y/b5
そのスレを見にきてるおまえらも(略

458 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:21 ID:wObqvvVn
それだけ日本の精神社会は崩壊してきてるんだよ。
モラルの崩壊もその一因でしょう。
みんなパヤオにすがってるんだよ。
パヤオの思惑通りってやつ。見事、時代に拮抗した作品になり得てるってこと。

459 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:21 ID:YEP3T3pD
ちょっとちょっと、みんな普通に楽しもうよ。
深く掘り下げすぎて行き先見失ってるって感じ。
これは明らかに成長物語でしょ。

460 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:23 ID:wObqvvVn
千と千尋見て改めてそう思った。
子供騙しのアニメだから仕方ないのかもしれない。
しかし子供が見て喜べる作品なのだろうか?
消防の頃ラピュタやトトロをリアルタイムで見たが、あまりの
つまらなさにヘドが出た覚えがある。キン肉マンや北斗の拳の方が数倍
面白い。当時同世代の大半がそう思っていたはずである。
大人になった今でも宮崎アニメはつまらない、この考えは変わらない。
一刻も早く「宮崎最高!!」と叫んでいる一般人は目を覚まして欲しいものである。

461 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:27 ID:gg5bApqf
セントマサオノカネカクシ

462 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:28 ID:LTR4Y/b5
>>460
>キン肉マンや北斗の拳の方が数倍面白い。

それはそれで問題があるような・・・


463 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:29 ID:q+UU4wAH
>>459
普通に楽しむだけでは満足できないし、いろいろと謎めいた描写が多いから、
こんな感じになってる。

464 : :03/01/29 15:29 ID:EEMTX0LJ
>>460
小学生の時にラピュタを見て
楽しめない感性ってのもやだな
いや、人それぞれでいいんだけどね。

>キン肉マンや北斗の拳の方が数倍
>面白い。当時同世代の大半がそう思っていたはずである

んなわけねーだろ。


まあ、たしかに魔女宅以降はおもしろくないが。

465 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:32 ID:qXTZ5v8x
>>460
> キン肉マンや北斗の拳の方が数倍
>面白い。当時同世代の大半がそう思っていたはずである。

はずである。(魁!男塾?)

 >大人になった今でも宮崎アニメはつまらない、この考えは変わらない。

変わらない。(小学生のまま?)

466 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:38 ID:V6nEj2kD
ハクの正体が河ってどーゆーことなんですか?もーみててびっくりです
かおなしってなんだったんですか?ばーさんといっしょに編物してかいけつですか?これまたびいっくりです
この映画意味わかりません、びっくりだらけです、千尋の親父は馬鹿ってことですか?

それでもなんとなく面白いからすげーな、宮崎はすげー、すげーよ、感動した




467 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:40 ID:lDvtS50W
宮崎アニメが大好きな奴とは感性があわない

468 : :03/01/29 15:40 ID:EEMTX0LJ
 俺様を釣り上げたのは、>>460!!貴様か!!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ,-  、ヽ
    lヽ ヽ ◎::::::::丶
   l \│ 、: ::::::: `ヽ、.     
   ヽ:   ´ ):::::::::::::::: `ヽ/lヽ        
    ヽ::   (   |:: ::::`:::::: ヽ_/lヽ、   
     \:ヽ_/  Y `ヽ、:::::::::: `‐_/l`、. 
      \_   | 、___ヽ、::::: :::ヽl_/ヽ、
       'ヽ `‐ ´ 三/ `ヽ、:::::: :`ヽ|、|
       /\  ' ̄:     `ヽ::::: :`ヽ|.、   ./|
       ヾlll|ヽ  :  :  :  : `ヽ、::::::`ヽ___/.==/
        `  `ヽ  :  :  :  ' `ヽ、:;;;;;;;;ヽ=<
             `ー、-_ _          ~ソ=ヽ
               丶'-〜~ ̄ ̄ ̄~~~ ̄´\=ヽ
                              \/


469 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:50 ID:9epQ8VNr
日本のアニメ技術ってすごいなあ


これだけでいいんだよ

470 :mmm:03/01/29 15:50 ID:uNCWhWgm
http://jsweb.muvc.net/index.html
 ★お気に入りに追加してしまったアドレス★

471 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:54 ID:YEP3T3pD
>>460
それは個人の好みの問題では。ただ明らかに大半ではないと思う(第一女の子
はあんまり観てない)

しかも、毎週・毎日放送されるアニメと映画のアニメはちょっと違うと思う
のですが。続き物には続き物としての特権があるし(いいことろで次回とか)


>>463
なるほどね。まあ、そこらへんも千と千尋の魅力なのかな。

472 : :03/01/29 15:57 ID:foVMUp9a
今ビデオ見てるんだけどお父さんとお母さんは
食べ物を見つけた瞬間何でいきなりモリモリ食べはじめんの?

473 :名無シネマ@上映中:03/01/29 15:57 ID:YEP3T3pD
>>471
失礼。訂正
いいことろ→いいところ

これいっつも間違える。気を付けながらも間違える。

474 :名無シネマ@上映中:03/01/29 16:38 ID:yaD4z10i
>>472
君は意識が飛んでないか?
ちゃんと部屋を明るくして1時間ごとに休憩しようね

…ちゃんと、店の人を呼んだりしてるだろ

475 : :03/01/29 16:47 ID:foVMUp9a
何でそんな嫌な言い方されなきゃいけないんだ。いきなり食べまくってるだろ。
誰もいないからと言っていきなり食べていいというものではない。

476 :名無シネマ@上映中:03/01/29 16:49 ID:lDvtS50W
パヤオに対抗できるのはレイジ先生だけなのだが
999にはがっかりじゃ。

477 :名無シネマ@上映中:03/01/29 16:50 ID:gFEvafPL
473=475は知障でつか?

478 :名無シネマ@上映中:03/01/29 16:51 ID:i81t+OFU
473のビデオは「スイマセーン、誰かいませんかー、スイマセーン」のシーンが飛んでるのか?

479 :名無シネマ@上映中:03/01/29 16:54 ID:yaD4z10i
>>475
まあ、おちつけ
ネタだと思ってネタでレスを返したのだが、気に触ったのなら気の毒だったな。
もう一度巻き戻して
父親が美味しそうな匂いをたどる所から見てみな?
彼等は極めて現代日本人的な行動をとっているぞ。

480 :名無シネマ@上映中:03/01/29 17:00 ID:yOvTKWoL
ビデオ何回も見直す映画って久しぶりだ。
リンに惚れますた。

481 :名無シネマ@上映中:03/01/29 17:04 ID:YEP3T3pD
>>477
いや、=じゃないし。ま、別にどうでもいいけど。

482 :名盤さん:03/01/29 17:10 ID:kPpfEgAC
475じゃないけどさ
店員が来るまで普通は待つでしょ
後で払えばいいっていってもあんなに凄い勢いで
モリモリ食ってるのはやっぱ異常な光景だよ

俺が思うに神様に食わせるためのモノってのは人間には
ウマすぎて我を忘れて食ってしまうほどの魔力みたいなのが
があるんじゃないのかな
匂いをかいだ時点でもう魔法にかかっちゃったんじゃないの?


483 :名無シネマ@上映中:03/01/29 17:34 ID:WRSFSEgu
俺も川を越えた時点で(あるいは森の中で神の石碑を見た時点で)何らかの
魔法に囚われてると思えてあの無遠慮な態度こそが怖かったけどなあ。

484 : :03/01/29 17:44 ID:EEMTX0LJ
>>482
だから父と母はそういう人間として描写されてんだよ。
少しは頭使え。

485 :名無シネマ@上映中:03/01/29 18:14 ID:xxwxfBKS
典型的ドキュソ夫婦です

パヤオの30代に対する悪意がヒシヒシと

486 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:01 ID:nWhfvHPp
千尋は将来「救世主」になる特別な存在で、不思議な街(精神世界)をさまよい、
試練によって神の意思に近づく修行をしたという解釈もあります。

ttp://www1.ttcn.ne.jp/~NIGIHAYAMI/senntotihiro-1.htm

487 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:13 ID:Ag9pgoCa
>>484
ワシはあそこで真先に「龍の子太郎」とか「辰子姫」とかの伝承を連想した。
現代風刺とか魔法とか解釈は様々だろうけど、ある意味フォーマット通り。
そおいやビジュアル的にもかぶるな。>ぼぉ〜やぁ

488 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:14 ID:R6ChIejR
あー海外旅行で顰蹙を買って帰ってくる日本人の象徴だなあ、とおもいますた
単純だな私w

489 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:14 ID:VfuuP4yV
こんな糞みてぇなプロット、穴だらけのプロットの映画を名作だ
感動しただ曰う馬鹿の多さに悶絶だよ。それだけ、この国の幼児性も
極まったということだろう。まったくもって納得しがたいストーリー展開に
何度鼻白んだことか。

まず、最初のシーン。アウディで山道をスピード上げて走る馬鹿父。
この映画作った奴は野道を車で走ったことがない。
そりゃ砂利しいてあってフカフカな道ならまだ話はわかるけど、
あんな普通乗用車のサスペンションで土の凸凹道をスピード上げて走る
馬鹿がどこにいる?事故るぞ。

次に車の止まるシーン、行き止まりの所の真ん中に車止める世間への
配慮がまるでない馬鹿な親ども。
森の奥にあんな謎の建造物があるとしたら、
誰か来るのではと端っこに止めるのが普通です。

この時、千尋一家は引っ越し中のはずです。
引っ越し屋さんは新しい家の鍵をもっているから大丈夫と
千尋ママはいってましたが、タンスの位置は?テレビの置き場は? 
机の向きは? 引っ越し屋は困りますね。
要するにこの一家は人の迷惑よりか自分の好奇心を優先させる
極めて利己的なファミリーです。

490 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:15 ID:VfuuP4yV
そして、暗い道をどんどこ進む千尋一家、父親は壁を触り
「モルタルだよ、テーマパークの残骸だ。」といいますが
後の展開を見ますと、神様用につくったあの建造物がセメントで作っているんすか? 
狭山あたりが舞台というが湯婆は秩父セメントから買ってんすか? 
っつーか、作者はモルタルと漆喰の違いをお前は本当に分かっているのかと
小一時間(ry

でもって信じがたいのが、人様の店先に置いてある食い物を千尋の
父母が食い始めるシーンね・・・。おいおい・・・監督曰く最初の千尋は
我が侭で挨拶も出来ぬ現代っ子というが、この親見りゃガキの不作法も
分かるわな。後で金払えばいいって、なら何を何個食ったかキチンと
記録しておけや千尋父母。
こいつら絶対に店主の姿現れなければ食い逃げしますよ。
実際、ラストで食い逃げしてました。

 さて、それまで母親にひっついて帰ろうよとビクビクな千尋が、
いきなりこんな不気味なところを1人で探索しはじめます??? 
なんで急に恐怖心が薄れたのか、さっぱり説明はありません。

 さてさて、千尋はそこでハクと名乗るヒカルの碁の塔屋アキラ風味、
ジョジョにおけるブチャラッティ風味のガキに出会いますが・・
何故かハクは千尋の身を案じ逃げろといいます。はて? 
ここは人間の来るところじゃない!っといいますが、なら、
あんなアウディで用意に来られるようなトコに現実世界と通じる
トンネルこさえてんじゃねーよ、おらぁ(゚ ;)/。
なぜ、あの通路があるのか、説明は最後までされませんね。

491 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:16 ID:VfuuP4yV
そして、極めて都合良く夕闇が迫ってきます。
それまで夕暮れに近い描写など一つもありません。
アウディ置いてきた描写では影は真下でしたから正午近くでしょう。
(あ、だから赤いのか)

で、ハクの手引きで窮地を脱するのですが・・・人間くさい人間くさい
といいつつ、ハクに出会う前、千尋はあちこち歩き回っています。
なぜ見つからないのですか? 
湯屋に通じる橋のシーンで息を止めれば見つからないような
設定がありますが、いざ湯屋に入ってしまえば千尋息し放題です。
なんすか?この中途半端な設定は?

そしてハクは千尋を連れて猛スピードで湯屋に入りますが・・・
こんな不自然な行動+人間くさいのを引き連れて、
何故騒ぎにならないのか?

492 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:18 ID:VfuuP4yV
さて、千尋を匿ったハクは釜爺というボイラー2級技師ライクな
おじさんのところに行って働かせて欲しいと頼めと千尋に教えます。
でも・・・どう見ても釜爺さんって助手が必要じゃない仕事ですよ。
なんであんな爺のとこに働かせてくれと千尋と行かせたのか? 
最初っからハクが千尋を湯婆んトコへ行くエレベーターに
乗っければいいだけのことじゃないすか・・・要するに釜爺というキャラ紹介
のためだけに無駄な回り道をさせているんすよ。

で、釜爺さんにお世話になった千尋が挨拶も無しに出ていこうとする時、
たしなめられますが、まぁあの両親じゃ仕方ないでしょう。
というか、こんな異様な手が6本も生えた妖怪相手に
平常心でいるガキがいたとしたら、その方が怖いぞ。

 さてさて、もうこの作品は偶然だらけです。
釜爺の所から湯婆んとこ行く時もリンが助けてくれたり
大根の神様が庇ってくれたりでしたが、
湯婆んとこでも子供が暴れ出して、
そのドサクサに雇用契約が完了です。
・・・はぁ・・・ずっと都合いいですね、千尋。

で、めでたく?湯屋の労働者として雇われた千尋あらため千ですが、
そもそも、ここで働いているガマもどき&人間もどきが
何者なのか分からない。リンは人間のようだけど、
千のことを人間くさい人間くさいというところをみるに
人間ではないようだ。まぁ妖怪もののけの類ということでしょう。
では何故人間の姿形なのか?

493 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:18 ID:WRSFSEgu
ああ、あのcinemascapeの変なレビュー。

494 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:19 ID:VfuuP4yV
翌朝、ハクの手引きで千は豚に変えられた両親を見に行きます。
ルートは釜爺のボイラー室から外壁にそった階段を登るんですけど、
先日千尋はこの手すりもない露天の階段下るのに心底ビビっていました。
しかもハメ板の一枚は割れているはずです。
一夜にして大丈夫になる図太い神経の千尋。

しかし、豚に変えられた両親をみて意気消沈、
やさしいハクの差し出した握り飯を頬張りながら泣き出す千尋・・・って
悲しいが飯は食う。食いながら泣く、恐怖の階段は一夜で克服。
図太いんだか繊細なんだか、まったく訳分からない性格設定です。

ここでトンデモナイ会話があります。ハクは千尋に、そ
なたのことは前から知っていると言います。
で、千尋は「え?それって何故?何時?何処?」と聞き返さないのですよ。
不自然すぎます。この映画を作った人は人の心の機敏さをまったく
分かってないとしか思えない、千尋はサイコパスですか?

で、まあ千尋って奴は帰ってきたはいいが、自分の寝床に帰らずに、
釜爺のボイラー室で寝ているんですよ。
同僚のリンが心配するとか考えないのか?千尋?

495 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:20 ID:VfuuP4yV
さてさて、更に都合はげしく良く物語りは進みます。
お仕事初日にいきなり”大湯”という巨大&汚い風呂釜の
清掃を千&リンは命じられます。お約束ですが、
その大湯入りにトンデモなレゲェ客が来ます。
くされ神とかいうそうですが・・・湯屋ではお引き取りくださいと入店拒否。っ
て・・・この店は八百万の神々向けの湯屋だそうなんですが・・・
営業姿勢がよく分かりません。
やっぱ生尺ソープで仮性包茎が嫌われるようなものでしょうか? 
しかし!わしは仮性包茎人としていいたのだが(゚ ;)/きちんと洗ってから
Hはするぞ。自らの罪深さを知る故に人一倍気を使うのが
大人の仮性包茎だ(゚ ;)/ 
その点、このくされ神とやらは近所の川でジャブジャブ洗ってからくる
気遣いもないのか?

うぐぐ・・・仮性包茎はどうでもいいんですが・・・で、このくされ神とやらは、
まぁ種をあかせば川の神様でしてね、なんか不法投棄の自転車やらゴミで
ドブ川になっていたという設定らしいのですが・・・思わず私は思いましたね・・・

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !! エコロっ!



496 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:21 ID:VfuuP4yV
で、そのドブ川の神が去った後には砂金がっ? ってドブ川に砂金???
しかもあんな粒の大きな??? ちょっとまってくださいよ宮崎駿さん。
確かに自然金が固まりで産出することはありますよ。
でも、あんな全部同じ大きさで同じ丸みをおびている砂金ってなんすか?

さて、このくされ神とやらが出てくる前後に、
本作の大きなバイプレイヤーである「顔ナシ」くんも現れます。
なんつーか、世の中の駄目人間共の孤独なハートを
がっちりキャッチのどうしようもない社会不適応人格破綻者カオナシくんですが、
いきなり番台の湯札万引きし、唯一優しく接してくれた千尋さんラブと
ばかりに湯屋内ストーキング、
そして、おぢさんがいいものあげるよグヘヘへとばかりに千尋に貢ぐ・・・
魂の援交ですか?こいつは・・・

そして、例のくされ神の残していった金で湯婆はご満悦、
って・・・ここの運営資金ってそもそも何処から出ているんだ?
 で、千尋よくやったということになってますけど、そもそもコイツって
何もしてないんすよ。与えられた仕事をしているだけ。
偶然くされ神の中に何か(自転車のハンドル)を”手探りで見つけ
”手探りなのに、これを引っ張り出そうということになり・・・
って何故分かる千尋&湯婆?


497 : :03/01/29 19:22 ID:EEMTX0LJ
>>489-491
ネタだとしか思えんがマジレスしてみる。

>まず、最初のシーン。アウディで山道をスピード上げて走る馬鹿父。
>次に車の止まるシーン、行き止まりの所の真ん中に車止める世間への
配慮がまるでない馬鹿な親ども。
>でもって信じがたいのが、人様の店先に置いてある食い物を千尋の
父母が食い始めるシーンね・・・。

そういう「馬鹿」として描かれているんだっつうの。

>あんなアウディで用意に来られるようなトコに現実世界と通じる
トンネルこさえてんじゃねーよ、おらぁ(゚ ;)/。

笑うしかできんな。

>そしてハクは千尋を連れて猛スピードで湯屋に入りますが・・・
こんな不自然な行動+人間くさいのを引き連れて、
何故騒ぎにならないのか?

あまりの早さに見えないんだろ?


俺は別にこの映画をおもしろいとは思わんが(むしろつまらん)、
あんたの意見はもっとつまらん。




だから父と母はそういう人間として描写されてんだよ。
少しは頭使え。


498 :俺は何文字書いてるんだ?:03/01/29 19:22 ID:VfuuP4yV
リンは事も無げに「下からかっぱらって来た、千尋、食いな」と
饅頭をさしだします。ってお前、盗んだもの人にすすめるなよ・・・で
両親も無銭無断飲食に頑なに反対していたはずの千尋が盗品の饅頭を
食ってます・・・なんすか?この設定って・・・。
そして、湯婆はくされ神が残した金は全て出せと従業員に命じますが・・・
千尋はくされ神(川の神)から貰った謎のアイテムを湯婆に
見せようとなどしません。

このあたりキャラの性格付けが非常にゴチャゴチャなんですね。

 さてさて、次の騒動は・・・まーた千尋絡みで「顔ナシ」くんです。
金もってんぞオラーっっっっっっとジャパンマネーでチェンマイ豪遊。
その騒ぎで従業員一同大わらわの間、なんと千尋はとても
都合良く寝ているんすよ? なぜ? これも説明なし。

 そしてまたしても超偶然にハクの化けた竜が血まみれになって
千尋の目の前に!湯婆の命をうけたハクが盗みにいった帰りだそうですが
・・・応戦くらいしろや湯婆。

で、まったく脈絡もないまま(電波?)
千尋はあの竜がハクだと電波受信びびびです。部屋に招き入れ、
匿います。で、あれほど竜を血まみれにした式神?
が窓一枚閉めただけで攻撃を止めるという都合良さ・・・。

499 : :03/01/29 19:22 ID:EEMTX0LJ
それともなんかのコピペ?

500 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:23 ID:qXTZ5v8x
誰(↑)でも予測できるストーリーが面白いですか?

501 :俺は何文字突っ込んでるんだ?:03/01/29 19:24 ID:VfuuP4yV
ハクは瀕死の状態で湯屋最上階、湯婆の部屋に向かいます。って最初から行けよ・・・。

で、何故か分かりませんが千尋は湯婆のところに行こうとします。
あの川の神様から貰ったアイテムの丸薬がきっとハクに効くと思ったから
でしょうが・・・でも何であの薬?が効くんすか? 
なぜ効くと確信もっているんすか? 皆目不明。

 職場放棄した千尋は同僚が働いている中、湯婆の部屋へと急ぎます。
しかし、途中には人格破綻者でキレやすい神様、ボーダーライン
神格障害とおぼしきカオナシがいます。
金さえ払えば5歳幼女のすじまんこも手に入ると思っている
トンデモナイ鬼畜です。
しかし、金よりもハクの方が大事な千尋はカオナシの札束(金塊)攻撃にも
ひるむことなく、湯婆の元へ急ぎます。

で簡単に湯婆の部屋に入っちゃうんだな。セキュリティ甘すぎ。
っつーか設定甘過ぎ。窓から入るシーンも結局は超都合良い設定で
内鍵開けるやつが出てくるんだけど・・・おいおい、ルパン3世じゃないんだ
からさ、ってガキ向けか、この映画は。

そして、何故かこういう時に限って、初対面でエレベーター前から
お見通しの湯婆の神通力は消えています。
易々と愛する可愛い我が子の部屋に千尋が侵入してしまいます。
で、湯婆に見つかりそうになった千尋は布団の中に潜り込んで
難を逃れますが・・・湯婆って本当はたいしたことキャラなんじゃないすか?

502 :俺は隅々まで粗捜ししすぎじゃねえか??:03/01/29 19:25 ID:VfuuP4yV
とにかく、千尋はハクの元にたどり着きます。ハクは瀕死の重傷・・・
で、そこで登場するのが湯婆の妹だか姉の銭婆という唐突なキャラ。
ハクは銭婆の家から魔女の契約印とやらを盗み出したそうなんすね。
って・・・いきなり伏線もなく姉妹かい!

で、この銭婆。かなり強烈なキャラで、次々と魔法をかけますが、
たかが瀕死のハクのシッポがひょんと当たっただけで、
居なくなってしまいます。っておい・・・なんなんだよこの設定は。

で、ハクと千尋は都合良く開いていたダストシュートと思しき穴に
落ちる落ちる落ちる・・・ってナンだよこの穴はぁぁぁ?
 まぁ漫画ですから大人げないツッコミはよしときますわ。

そしてハク&千尋は都合良く釜爺の所に落っこちます。
そして、千尋があの謎アイテムの丸薬を食わせるとアラ不思議? 
例の魔女の契約印とやらと、湯婆がハクを操ろうとして仕組んだ
謎の虫が腹から出てきます。
さて・・・湯婆は銭婆のこのハンコが欲しかったんでしょ?
なら、瀕死のハクの腹かっさばいて、
ハンコ取り出せば良かっただけじゃないすか・・・どうなってんすか。
この物語?



503 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:27 ID:qXTZ5v8x
リンは事も無げに「下からかっぱらって来た、千尋、食いな」と
饅頭をさしだします。ってお前、盗んだもの人にすすめるなよ・・・で
両親も無銭無断飲食に頑なに反対していたはずの千尋が盗品の饅頭を
食ってます・・・なんすか?この設定って・・・。
そして、湯婆はくされ神が残した金は全て出せと従業員に命じますが・・・
千尋はくされ神(川の神)から貰った謎のアイテムを湯婆に
見せようとなどしません。

このあたりキャラの性格付けが非常にゴチャゴチャなんですね。

 さてさて、次の騒動は・・・まーた千尋絡みで「顔ナシ」くんです。
金もってんぞオラーっっっっっっとジャパンマネーでチェンマイ豪遊。
その騒ぎで従業員一同大わらわの間、なんと千尋はとても
都合良く寝ているんすよ? なぜ? これも説明なし。

 そしてまたしても超偶然にハクの化けた竜が血まみれになって

504 :俺は隅々まで粗捜ししすぎじゃねえか??:03/01/29 19:27 ID:VfuuP4yV
というか、なぜ都合良く、ハンコと虫が出てくる??? 
これも川の神様のくれた丸薬のお陰ですかねぇ・・・
なんか凄い都合のいい設定だな。で、千尋は銭婆の
元にハンコ返しに行く謝りに行くといってますが・・・
ハンコ返せばハクは治るのか?
なぜそういう確信に満ちた行動がとれるんだ千尋?
っつーか、お前たんなる一従業員なのに、
なぜ勤務時間中にそんな自由行動がとれるんだ? 
油屋の就労体系は疑問だらけです。

そこで思い出してください。たしかハンコには銭婆の呪いがかけられている
筈なんですが千尋にはなんの害も与えません? 
飲んでなくて手に持っているだけだからですか? 
そういうもんなんすか呪いって? だってハンコですぜ? 
誰が食います?飲みます? 
手で持ってor身近に携帯して逃げるに決まっているじゃないすか。
甚だ中途半端な呪いの魔法としか思えません。

次におこるカオナシと千尋の追跡シーンもまったく合点がいきません。
最初は死にものぐるいでカオナシは追いかけます。
でも最後になると追いかけません。このあたりも説明がまったくされていません。
佐渡名物のたらい船で逃げても追いつかれないんですぜ・・・。
どうなってんのこの脚本?

505 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:27 ID:qXTZ5v8x
リンは事も無げに「下からかっぱらって来た、千尋、食いな」と
饅頭をさしだします。ってお前、盗んだもの人にすすめるなよ・・・で
両親も無銭無断飲食に頑なに反対していたはずの千尋が盗品の饅頭を
食ってます・・・なんすか?この設定って・・・。
そして、湯婆はくされ神が残した金は全て出せと従業員に命じますが・・・
千尋はくされ神(川の神)から貰った謎のアイテムを湯婆に
見せようとなどしません。

このあたりキャラの性格付けが非常にゴチャゴチャなんですね。

 さてさて、次の騒動は・・・まーた千尋絡みで「顔ナシ」くんです。
金もってんぞオラーっっっっっっとジャパンマネーでチェンマイ豪遊。
その騒ぎで従業員一同大わらわの間、なんと千尋はとても
都合良く寝ているんすよ? なぜ? これも説明なし。

506 :俺は隅々まで粗捜ししすぎじゃねえか??:03/01/29 19:28 ID:VfuuP4yV
そしてノスタルジーな列車が来て、
何故か千尋&カオナシは仲良く電車にのって・・・って、
あのなぁ・・・ナンだったんだよ今までの馬鹿騒ぎは?カオナシ。
家庭内暴力で部屋の壁蹴破るヒキコモリの内弁慶と同じだよあんた。

 千尋&カオナシ御一行はめでたく銭婆の家にたどり着きました。
で、ごめんなさいと。そしてハクが治るかといえば、
別に銭婆なんてなんの関係もなく治っているんですね。
っつーかこの物語における銭婆の存在って・・・何? 
そしてカオナシは編み物はじめちゃうし・・・はぁ・・・

 でもって、ちゃんとハクが竜になってお出迎えに来てくれます。
素晴らしく都合のよい展開ですね。
そもそもハクって湯婆の手先だったんじゃ? 
あ、例の虫を踏み殺したから自由になったのか

そして・・・ぼうや〜よい子だねんねしな〜のBGM(幻聴)とともに
千尋はハクにまたがり宙を飛んでいると・・・いきなり過去の記憶が
フラッシュバック! なんとハクは千尋が幼い頃川に落ちた時助けてくれた
川の神様だったのです・・・
って、おいこら宮崎駿、なんなんだよこの設定は(゚ ;)/ 
いいかぁ、なんでその落ちた川の精だか神様が超偶然都合良く
千尋が迷い込んだパラレルワールドで
丁稚頭となって働いているんだぁぁぁぁぁぁ?

507 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:28 ID:qXTZ5v8x
で、そのドブ川の神が去った後には砂金がっ? ってドブ川に砂金???
しかもあんな粒の大きな??? ちょっとまってくださいよ宮崎駿さん。
確かに自然金が固まりで産出することはありますよ。
でも、あんな全部同じ大きさで同じ丸みをおびている砂金ってなんすか?

さて、このくされ神とやらが出てくる前後に、
本作の大きなバイプレイヤーである「顔ナシ」くんも現れます。
なんつーか、世の中の駄目人間共の孤独なハートを
がっちりキャッチのどうしようもない社会不適応人格破綻者カオナシくんですが、
いきなり番台の湯札万引きし、唯一優しく接してくれた千尋さんラブと
ばかりに湯屋内ストーキング、
そして、おぢさんがいいものあげるよグヘヘへとばかりに千尋に貢ぐ・・・
魂の援交ですか?こいつは・・・

そして、例のくされ神の残していった金で湯婆はご満悦、
って・・・ここの運営資金ってそもそも何処から出ているんだ?

508 :俺は隅々まで粗捜ししすぎじゃねえか??:03/01/29 19:29 ID:VfuuP4yV
その川の名前はシラコ川・・・と千尋が囁いた瞬間、
ハクにかけられていた魔法は解け元の姿に・・・って、
お前あの虫踏みつぶした時点で戻ってたんじゃないのか?

 ふと気付けば、この時点で原稿用紙18枚くらいいってますが・・・
更に承服しがたい馬鹿げたプロットは最後の豚探しのシーンだ。
なぁ・・・なぜ千尋は両親の豚を見分けることが出来るようになったんだ? 
これってオカルトじゃねーか。(というかこの物語全体が極めて
都合の良い解釈に満ちあふれたガキのプロット)

 そして、めでたく両親は人間の姿に戻り元の世界へと・・・って
やっぱりこの両親は食い物の代金払っていません。

はっきりいう。これは子供向けの映画であり、
大人の鑑賞に耐えうるものではない。私論では
子供向けだからこそ大人も納得出来る良質なプロットを
シメさねばならないと思うが、もはやこの国においては、
そういう綿密さよりも、いかに自分に都合の良い解釈で
物事を推しはかるのかといった極めて利己的な自分語りの
ストーリーこそが好まれている。

509 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:29 ID:qXTZ5v8x
とにかく、千尋はハクの元にたどり着きます。ハクは瀕死の重傷・・・
で、そこで登場するのが湯婆の妹だか姉の銭婆という唐突なキャラ。
ハクは銭婆の家から魔女の契約印とやらを盗み出したそうなんすね。
って・・・いきなり伏線もなく姉妹かい!

で、この銭婆。かなり強烈なキャラで、次々と魔法をかけますが、
たかが瀕死のハクのシッポがひょんと当たっただけで、
居なくなってしまいます。っておい・・・なんなんだよこの設定は。

で、ハクと千尋は都合良く開いていたダストシュートと思しき穴に
落ちる落ちる落ちる・・・ってナンだよこの穴はぁぁぁ?
 まぁ漫画ですから大人げないツッコミはよしときますわ。

そしてハク&千尋は都合良く釜爺の所に落っこちます。
そして、千尋があの謎アイテムの丸薬を食わせるとアラ不思議? 
例の魔女の契約印とやらと、湯婆がハクを操ろうとして仕組んだ


510 :俺は隅々まで粗捜ししすぎじゃねえか??:03/01/29 19:30 ID:VfuuP4yV
確かに映像的な美しさは素晴らしいものがある。でもそれだけだ。
童話のプロットには破綻したものが少なくない。ゆえに子供向けの
この作品に整合性のあるプロットを要求することは酷なことかもしれない。
しかしながら、童話のプロット破綻は世界観のズレといいうか、
全体的なズレでナンセンスなのに対し、千と千尋のプロット破綻は
子細な状景や会話といった点のズレだ。ゆえに私は
この作品が童話としても優れたものとはとても思えない。

この映画の作者はわがままな千尋の人間としての成長が
云々いっているが、あの主人公の少女は、そこいらにいる、
ごく当たり前のガキだ。転校嫌がる我が侭な娘という解釈があるが、
友人と離ればなれになる転校など私も厭です。
でもそれって我が侭なんですかね? 
挨拶が出来ない千尋という意見もあるが、
仮にそうだとしたら推定小学校3年か4年のガキは
今までどう社会に適応して生きてきたのか? 
どうみても軋轢が生じるだろう。
つまり作者の思い描く少女の成長憚としても、まったくなってない。
むしろ、そんな当たり前のことを成長憚という作者の傲慢さに呆れ果てる。


511 :山崎渉:03/01/29 19:30 ID:R6ChIejR
(^^)
    

512 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:30 ID:qXTZ5v8x
そしてノスタルジーな列車が来て、
何故か千尋&カオナシは仲良く電車にのって・・・って、
あのなぁ・・・ナンだったんだよ今までの馬鹿騒ぎは?カオナシ。
家庭内暴力で部屋の壁蹴破るヒキコモリの内弁慶と同じだよあんた。

 千尋&カオナシ御一行はめでたく銭婆の家にたどり着きました。
で、ごめんなさいと。そしてハクが治るかといえば、
別に銭婆なんてなんの関係もなく治っているんですね。
っつーかこの物語における銭婆の存在って・・・何? 
そしてカオナシは編み物はじめちゃうし・・・はぁ・・・

 でもって、ちゃんとハクが竜になってお出迎えに来てくれます。
素晴らしく都合のよい展開ですね。
そもそもハクって湯婆の手先だったんじゃ? 
あ、例の虫を踏み殺したから自由になったのか


513 :俺は隅々まで粗捜ししすぎじゃねえか??:03/01/29 19:31 ID:VfuuP4yV
私がこの作品で心底厭な気持ちになるのは、
こういう一見反論しにくい幼児幻想の中にどっぷり浸かり、
いい歳こいた大人が名作だ傑作だ曰うことだ。
そこには大人としての覚悟のヘッタクレもない。
店先の食い物を黙って食い、盗んだ饅頭を食べ、
客から貰った物を隠し持ち、けして他の人間が豚に変えられているのでは
などと家族以外の人間に配慮することもない。
この厭らしさは北朝鮮の拉致問題にも通じる腐れだ。

 また中国だか日本だか朝鮮だかポリネシアだか分からない
謎の文化も気にかかる点だ。存命中に自分のワールドを
美術館にするような御大ゆえに、八百万の神々の中に水木しげるの
影響など微塵にも感じさない全てが宮崎ワールド。
当然古典の妖怪奇譚もない、
全てが丸っこく可愛らしいmade in 宮崎駿ワールド・・・。
全部可愛い・・・幼児幻想。
お子さまや海外でしたら背景がありませんので大好評でしょうが、
古くさい私からみればリュック・ベッソンが描く中国だか
日本だかわからない妙なオリエンタルとしか思えない。
そしてこんなものが日本の文化だと誤解されるのを恐れる。

 私には千と千尋の神隠しのヒットはこの国の無思想無哲学、
幼児性を具現化したものとしか思えない。
もはや日本の文化はここまで幼児化してしまったのだ。



514 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:32 ID:FzDNaIKE
コピペ嵐はそのくらいにしとけ。

515 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:32 ID:VfuuP4yV
まあお前等は稚拙な論法まとめるだけで反論できないだろうがな。

俺の言いたいことだけは理解しろよ。

516 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:33 ID:qXTZ5v8x
さて、千尋を匿ったハクは釜爺というボイラー2級技師ライクな
おじさんのところに行って働かせて欲しいと頼めと千尋に教えます。
でも・・・どう見ても釜爺さんって助手が必要じゃない仕事ですよ。
なんであんな爺のとこに働かせてくれと千尋と行かせたのか? 
最初っからハクが千尋を湯婆んトコへ行くエレベーターに
乗っければいいだけのことじゃないすか・・・要するに釜爺というキャラ紹介
のためだけに無駄な回り道をさせているんすよ。

で、釜爺さんにお世話になった千尋が挨拶も無しに出ていこうとする時、
たしなめられますが、まぁあの両親じゃ仕方ないでしょう。
というか、こんな異様な手が6本も生えた妖怪相手に
平常心でいるガキがいたとしたら、その方が怖いぞ。

 さてさて、もうこの作品は偶然だらけです。
釜爺の所から湯婆んとこ行く時もリンが助けてくれたり
大根の神様が庇ってくれたりでしたが、
湯婆んとこでも子供が暴れ出して、
そのドサクサに雇用契約が完了です。
・・・はぁ・・・ずっと都合いいですね、千尋。

で、めでたく?湯屋の労働者として雇われた千尋あらため千ですが、
そもそも、ここで働いているガマもどき&人間もどきが
何者なのか分からない。リンは人間のようだけど、
千のことを人間くさい人間くさいというところをみるに
人間ではないようだ。まぁ妖怪もののけの類ということでしょう。
では何故人間の姿形なのか?


517 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:34 ID:R6ChIejR
ニュー速逝ってこよ

518 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:39 ID:VfuuP4yV
>>514
反論できないとそれか(ワラワラ

519 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:43 ID:xxwxfBKS
>>518
夢中だな

ヨダレ垂れてんぞ

520 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:43 ID:G/gr1f4S
全部読み飛ばしちった。ゴメンネ

521 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:45 ID:VfuuP4yV
細かい指摘をいくつか述べると、
千尋の両親の軽薄な行動は説得力不足、
あの団子を万能薬と唐突に認識する千尋も説得力不足。
全体的にそういう脈絡が悪かった。

あとは、カオナシの扱いなどもなんだか深いようで
実は浅い気がしてならない。
いかにも現代社会を意識したキャラクターであるが、
それとしては中途半端。現実では、
「カオナシ」が食べた人間は帰ってこない。
死の描写を避けたためか、浅くしかテーマ性を感じられなかった。
それに、最後もあそこに置いてくればもう解決なんだろうか?
どうも腑に落ちなかった。

所詮この程度の2流映画なんだろう。

522 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:47 ID:VfuuP4yV
出来の悪い短編小説みたい。
何を伝えたいのかが、わからん。
エセ・エコロジーっぽいエピソードやお涙頂戴的シーンが、最悪。
普通の小学生が、未来少年コナンのラナのような
根性と慈愛を見せるのが不自然すぎる。

523 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:47 ID:VfuuP4yV
長く、説教臭く。的を得ているようで、見事にはずしている。
この人にはもう期待しない。考えが屈折しているようにしか思えない。
本質は見えていないだろう。

524 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:47 ID:ddsDTwlR
ごめん、最初の1行しか読んでない

525 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:50 ID:qXTZ5v8x
>>523
自分のこと良くワカッテルネ

526 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:51 ID:IrRksZVa
タタリ神が来た・・

哀しいから読んでないけどw


527 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:51 ID:VfuuP4yV
ベルリン映画祭のグランプリ(金熊賞)受賞に際した記者会見で……
記者「この受賞は創作活動の励みになる、ということは?」
「(言下に)ありません」。

なるほど宮崎駿という人は、そこまで礼を失した人か。

528 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:52 ID:VfuuP4yV
屈折した「少女愛」
この作品では、大宮崎も下界にずいぶんと近づき、
そのメッセージは「豚のように食うな」「川を汚すな」
と平易なものが並ぶ。

しかし……その舞台で活躍する「少女」はなんと湯屋で
働かされてしまっている。

まず、このご時世に、どういったシチュエーションであれ寓意であれ、
少女が搾取労働を強いられる、というストーリーを表わしたことに
驚いてしまう。

今や「サッカーボールはアジア諸国での少年少女の労働によって
製造されたものが多い。そういうボールを公認球に使うな」
とのアピールがアムネスティから出され、
各国のリーグ関係者が困惑してしまうような時代なのに……である。

529 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:53 ID:jQk85gYQ
全部読ませてもらった。ナルホドと思うところもあるが、
全体的には「単なる面白い読み物」としか思えない。

俺も似たようなことは考えてはいたが…ただねぇ、
それをわざわざ文章化してまで発表しようとは思わん。
やってもいいけどやったところでどうなるものでもないからな。

「反論できるならやってみな」ってのがなければまだよかったのに、
それがあるせいで単なる道化になっちゃってるよ。

530 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:53 ID:2er3VkGx
なぜ千尋は10匹のブタの中にお父さんとお母さんが居ないと
分かったのか分かった。

531 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:53 ID:hNm86+Q4
的は射るもの


532 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:53 ID:VfuuP4yV
次に、あの温泉町や湯屋というものは、
そもそもどういう場所、施設なのかということを考証すると、
「油屋」は少なくとも湯屋であり、かつ酒食や宿泊を提供しているようだ。

江戸期の民俗学的風俗学的資料に照らすと、
「湯屋」といえばもちろん現代の銭湯にあたるものでもあり、
またその一部は当局黙認の非合法売春施設であった
(『忠臣蔵外伝四谷怪談』で佐藤浩市と高岡早紀が出会った場所もその一)。
当時の江戸では、合法の売春施設はあくまでも吉原のみに置かれ、
その他は岡場所(「非吉原」の意)と呼ばれる地域で、
旅館や茶屋、湯屋といったところが、売春婦の提供や斡旋を、
当局の暗黙の了解の元に行っていた。

533 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:55 ID:VfuuP4yV
また、「油屋」の建物の内部描写は、遊廓のそれに似ている。
例えば沖縄には、観光客に酒食を提供しながら琉球舞踊を見せる、
といった料亭が散見されるが、そのいくつかはかつての赤線地帯にあった、
大きな旅館(というか売春施設)、まさにその建物である。
そういった施設と「油屋」の建築物としての類似性をして、
やはりあれは売春施設ではないか、という印象は拭えない。
旧ルパン三世の制作当時、アニメーターの人たちはルパンの車の
モデルになった宮崎の車(フィアット)を、
スタジオの前で裏返してまでスケッチしていたそうだが、
今回の美術設定にもフィールドワークはあったのだろうか。

湯屋の管理者湯婆婆は、千尋の名から一字を奪い「千」に変え、
それによって彼女を支配すると宣言する。
しかし、それこそが彼女の優しさだ。
風俗や水商売で働く女性が源氏名を名乗るのは、
その世界で本名を名乗ると、もう元の世界には帰れなくなる、
というゲンかつぎからとされている。そう考えると、
千がその名を収奪されるのも、湯屋というところが少なくとも水商売だ、
ということの傍証であり、かつ、
彼女がいずれは元の世界に帰還できることの約束、ということにもなる。

534 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:56 ID:VfuuP4yV
千尋が日常の労働に使役させられる描写は「置き屋の半玉」どころか、
「遊廓の禿」といったあたりの様子だ。
もちろん「油屋は人間世界のそれとは違う」という
言い訳が用意されているのかもしれないが、
それにしても、源氏名までつけられ、禿にされてしまうのでは、
千尋があわれすぎる。どんなメッセージがこめられていようと、
少女を売春施設ともとれる場所で搾取労働に従事させるような物語に、
何の正義があるのだろうか。

「他人の為に何かすること」

を学ぶのであれば、どんな労働形態をしても良しとするのか? 
それなら、援助交際をする少女たちが、結果として得るであろう
「擦れた処世観」にもリスペクトを支払わねばなるまい。

宮崎世界の、少女”のみ”を用いたストーリーテリングも、
ここまで徹底されれば、もうぐうの音もでない。
少女の他は異形の者しか登場しないのも、これまたいつものお約束。
それほどまでに生身の女性の描写を拒否することも、
一心に愛すべき「少女」を搾取労働に就かせるのも、
女性そのものの本質に対する恐怖故か?

535 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:57 ID:qXTZ5v8x
カオナシがいる

536 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:57 ID:VfuuP4yV
また、千を守護する少年も、結局は人外のもの、
というオチはやはり成長した少女を突き放す、
という点において『魔女の宅急便』と同様だ。
同じような構図で少女の成長を描き、
しかる後に”成長”してしまった少女を突き放す。
それは父性愛でもなんでもない。
少女買春に東南アジアにでかけた男性が、次に訪れたときには違う
少女と同衾する、といった破廉恥な使い捨ての図式でしかない。
彼は、成長してしまった少女には興味を持てないのだ。

ともあれ、確かな技術と表現力によって、
見るものを魅惑する力量があるのは否定できない事実だ。
しかし、そのきらびやかな作品世界の裏側に、
彼が隠し持つ屈折した自己愛と、傲慢な感性の存在を感じずには
いられなかった。
この人(宮崎駿)は最初から晩年のクロサワ(字は天皇でも巨匠でも……)
のような場所からスタートしてしまっているが、
それこそがある種の不幸だったのだろう
(黒澤明は、若い頃にはキラキラもギラギラもしてので、まだ救いがあるようにも思える)。



537 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 19:58 ID:VfuuP4yV
それゆえ、三大映画賞の一角を授与されても、
礼に欠ける態度で平然としていられるだろうし、
追悼コメントにおいて物故者を辛辣に批判をするようなことも
できるのだろう(拙コメント『もののけ姫』参照)。
「王様はハダカだ」と誰かが言い出せないものなのだろうか? 
少なくとも新橋や小金井、三鷹にはいないようである。
それとも王様は”裸”なのではなく”ロバ”の耳を持ち、
秘密を知った床屋はみんな殺されてしまった、とでもいうのであろうか。

宮崎さん、あなたの才能や技術には本当に頭が下がります。
しかし、非礼さを初めとする人間性や性向は、
到底受け入れられるものではない。

538 :名無シネマ@上映中:03/01/29 19:58 ID:jUUl+yib
>相田

結局自分の意見聞け!って言うだけ。
このスレを批判しながら、このスレにいる大部分の基地外と変わらない。
>529なんか少数の良識派になってしまった。

539 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:00 ID:FzDNaIKE
読む気を失せさせる様な長文貼ってといて「反論なし」と喜んでるだけだろ。
ちゃんと議論する気があるなら相手に判り易く端的な長さの文にまとめたまえ。
それができないのならまずは要点を絞って議論する形にしたまえ。

まぁそんな気はさらさらないんだろ。荒らしだもんな。
以後オレは放置する。

540 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:00 ID:IrRksZVa
壊して楽しんでるのかと思ったら、まじだったのか
どこかに発表すりゃいいのに

「俺を認めろ!」ってことだけは解った。

541 :既出ですか?:03/01/29 20:00 ID:TKXgos3G
 国際プレスアカデミーと放送映画批評家協会は19日までに、
宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」にそれぞれ今年の最優秀
アニメ賞を授与したと発表した。昨年12月、全米映画批評会議とロサンゼルス、
ニューヨークの映画批評家協会のアニメ賞を受賞しており、
アカデミー賞受賞に向け弾みがついた格好だ。(共同)(毎日新聞)

542 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:00 ID:jUUl+yib
それ以前にあなたの文章、何時間も用意してたわりにはつまらない。

543 :相田ちくび:03/01/29 20:01 ID:qXTZ5v8x
まあお前等は稚拙な論法まとめるだけで反論できないだろうがな。

俺の言いたいことだけは理解しろよ。




544 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 20:04 ID:VfuuP4yV
>>538
俺が言いたいのは宮崎駿ももう終わりでしょ。ってこと
もののけ姫でそんな予感があったが、これで決定的。

545 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:05 ID:jUUl+yib
俺もアンチだけどね、相田某の文章力の稚拙さの方に感動したよ。

546 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 20:06 ID:VfuuP4yV
>>539
簡単なことだ。
話が煮詰まると、飛んだり変身したり暴れたり物を壊したり、
という宮崎駿のいつものパターンはもう飽きた。
そもそも目があんなに小さくて丸くて離れてる少女が
深いドラマを演じることに違和感を感じる。
子供向けの映画。
したがって誰かが書いているとおり、大人が評価すべきじゃないかも。
千尋は人間という設定でしたが、あんな外見をしてる人間はいない。
背景を緻密につくってドラマもしっかり描くなら、
キャラにもリアリズムを求めるのが映画ってもんでしょう。
それはアニメでも実写でも同じことだと私はおもっている。

だいたいこんなのを賞賛する大人にアニメオタクを馬鹿にする
資格があるのか?


大人が見る映画じゃないってこと。

547 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:07 ID:0YTnxSVD
自分のHP持ってそこで語れ

548 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 20:08 ID:VfuuP4yV
恐がって母にすがりつく千尋に、
「歩きにくいから、離れて」と言い、自分達の興味を満たすため、
石がなかなか渡れない千尋を置いていく。
そんな両親の姿を最初に見せられ、本当に残念に思ってしまった。
私は、母の愛を信じている。父の子供を守る力強さも信じている。
無責任に子供を放って行くこの両親に、
共感すべき点はみつからなかった。
冒頭感じたこの嫌悪感が最後まで続き、ただの不快な映画でしかなかった。



549 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:10 ID:jUUl+yib
>>546
君、用意して置いた文章、流れにうまくつなげたな、カッコ悪いよ。

550 :相田ちくび:03/01/29 20:10 ID:qXTZ5v8x
私は、母の愛を信じている。父の子供を守る力強さも信じている。

お前、いいやつだな

551 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 20:11 ID:VfuuP4yV
あえて言わせて頂くと宮崎作品って年々過大評価されている気がする。
「え〜この映画の裏に隠されたメッセージ理解できないの?」的な
人達の意見に引きずられている人の多さには正直ガッカリ。
(いかにも日本人的)過去の宮崎映画と比較しても
ずば抜けていい作品だとは思えない。

552 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 20:12 ID:VfuuP4yV
前半1時間は夢中だが後半から説明不足と葛藤の弱さでキャラが
死に予定調和で退屈だった。
あちこちに伏線らしきものがあるが軽く流すか、まったく手をつけてなかった

553 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:13 ID:jUUl+yib
8時に発表しようとテンパッてたわりには内容が
しょうもないな、このスレの住人と同じで。

554 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 20:13 ID:VfuuP4yV
最後に
トンネルの向こうは・・・宮崎駿の新境地?
いや回顧録?哲学?宗教?説教?童話?自己満足?自己陶酔?
映像魔術?海外戦略?人集め?金集め?二日でどうでも良くなる映画。
この際だから監督には心から積年のf**k you’

555 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:14 ID:jUUl+yib
いや、形容しy

556 :相田ちくび:03/01/29 20:15 ID:qXTZ5v8x
>最後に

ウソつくなよ


557 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:18 ID:Ag9pgoCa
一言、「オレはこの映画がキライだ!」で済ませてくれればまだいいのに。

つーか、この映画、確実にヒトを選ぶ気がする。
どーしても受け入れられん人間が一定の割合で存在する。
宮崎アンチとか超越して、とにかく「オレはこの映画がキライだぁぁぁぁ!」
なぜかそういう連中、クダクダクダ自分の見方は他と違うんだぁと自説を披露しに来る。

558 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:24 ID:Qn1S5Xx4
先生!
相田の公開オナニーがうざいんですけど!

559 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:25 ID:ajx/65n6
>>557
本当にそう思う。別に嫌いなら嫌いでいいのに。好みなんて人それぞれだし。
楽しい楽しくないなんて感覚の問題でしょ。嫌いな理由を延々並べられた
ところで何かが変わるわけでもないし。映画なんて楽しめたもん勝ち。


560 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:46 ID:q+UU4wAH
> 相田くひを ◆dR7WV1bjfM

おちつけ。ムキになるな。
アンタの主張には禿しく同意する。立派だ。素晴らしい批評だ。何の異論も
ない。

思う存分批評を書いたんだから、もう満足かい?
今後は宮崎作品を二度と観ないことを勧める。

561 :名無シネマ@上映中:03/01/29 20:55 ID:q+UU4wAH
> 相田くひを ◆dR7WV1bjfM

故淀川長治氏は、どんな作品にでも良い部分はある、とか言ってたな。

否定的な能書きばかりでなく、肯定的な評価・・・良いと思われる部分
をキチンとした理由をもって評価することも書けるようにならないと
な。

今度はそういったプラスの評価を書いてみな。

562 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:04 ID:WRSFSEgu
>>515
あ、コピペかと思ったら相田くひを当人なの?
反論が山ほどあるんだけど聴いてくれない?

563 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:05 ID:HRUn0gw0
この相田くひをたる人物
一見、強烈なまでのアンチ臭を臭わせるが実はそうではない。
この男は他人の言葉を借りなければこの場にいることすら適わない
脆弱な生き物なのだ。そう、こいつはアンチではなくこのスレの「カオナシ」
なのだ。

この男が主張した意見をまとめると
一貫した主張を貫いて整合が取れてるように見えるが
そうではない微妙な細かい処で穴だらけの主張をしている。
文末や語尾など文脈が繋がってないとこが多々あって
初期と後期では語尾どころか論点まで変っている。

つまりこいつは他人の文章をぱくって継接ぎにくっつけて
ここでコピーペーストしたに過ぎない。
語尾を「である」調にまとめたのも借りてきた人物の文章を改竄したのだろう。
次に言えるのは最初の稚拙な文脈に比べて>>532の文章は
理路整然とはっきりと持論を繰り広げている。とてもじゃないが
同一人物とは思えない。最初の主張をした人物がここまでしっかりとした
文章を書けるかは疑問だ。

そして決定的なのはこの相田というHNは某サイトのハンドルネームと
同じであり、またここに書いた内容もそのサイトの相田の文章をコピペして
きただけなのだ。それから察するに、書いた内容のすべての論点が微妙に摩り替わった
中期から後期の文章も他人の言葉を拝借したものだと推測できる。

つまりこれにマジレスして釣られた人物はご愁傷様としか言い様がないです。
カオナシにいくら説教してもそれは「コピペ荒らし」にマジギレするのと
同じぐらい意味のない事だから。

564 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:07 ID:DthxcDll
>>562
まかせた。やってくれ。

565 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:09 ID:eDssaVsz
昨日まで比較的ま〜たりやってたのに・・・

566 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:11 ID:WRSFSEgu
あ、っとちょっとまった、相田くひを当人じゃ無いっぽいよこの人。

前半は本物の相田くひをしの主張なんだけど、後半分は違う。
だから当人が来て意見を書いてるのかな、反論しよかな…と思ったけど、
なんだかみた事のある主張なんだよ、これ。

で、記憶を探ると、これなんだかcinemascapeの感想欄を切り貼りしただけみたいな気がする。
色んなパーツパーツに既視感が。
反論より前に裏とって来ます。

567 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:11 ID:xjigHT85
ああん ママン

568 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:15 ID:qXTZ5v8x
帰ったみたいだから、もういいんじゃない?

569 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:19 ID:XOd4G2qh
>>560
>>561
>>557
>>543
マジレスして
可哀想な連中だ。

570 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:20 ID:ARBFL211
やっぱりこの映画って、いろいろ問題を持っている人の方が感慨を受けやすいのかな

それでこのスレに、いろんなお客さんが来訪してくれるのかと

571 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:20 ID:WRSFSEgu
まず相田くひを氏当人のレビューが>>513まで。
ttp://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/comment.cgi?u=2361&mid=9085

>>528 >>532-537>>563の指摘通り別人で、「かける」氏のレビュー
ttp://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/comment.cgi?u=3307&mid=9085

>>546は「簡単な事だ」を文頭につけてレスっぽくしているけど、
「誰かが書いているとおり」を削除していないので不自然。
実際「ハム」さんのレビュー。
http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/comment.cgi?u=3307&mid=9085

>>548はこの方。
http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/comment.cgi?u=3433&mid=9085



まああとはまだ調べてないけど、とりあえずパッチワークな意見で、
コピペでしかないという>>563さんの言う通りでした、とさ。
まあ正にカオナシ。

572 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:22 ID:WRSFSEgu
昨日cinemascapeの意見を読み流して「へー」とか言ってたもんで
モロに既視感があって助かった。コピペに反論する所だった。

573 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:24 ID:qXTZ5v8x
>>561
乙っていうか、マメですねぇ〜

574 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:27 ID:VEMHqh8t
この作品面白いと思うんだけど、今回のTV放映での異常な高視聴率や興行成績の話なんかを聞くとちょっと?と思うんですが。
なぜこんなにも受けているのでしょうか?自分にはどうしても解らんのです。

575 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:32 ID:qXTZ5v8x
>>574
ホントは(はぁ?)ていう人が6割くらいいそうだが、
人前で「分からない」って言えない悲しい性を利用した
日テレの勝利

576 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:32 ID:WRSFSEgu
>>574
やっぱ「お祭り騒ぎ」的な事はあるかもね。
あとは、全体的にぼんやりしたお話だから、謎解きの為にもう1回みてみたい、とか、
雰囲気を楽しむ作品とみる人は、あの雰囲気は中々味わえないしもう一度、とか。
この映画はなんども見てみたくなる造りになっているのかも。

577 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:34 ID:WRSFSEgu
>>571
げ、間違ってた。訂正。
三段目のハムさんはこちら。失礼。
http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/comment.cgi?u=525&mid=9085

良く見ると僕を私に、あるのでしょうかをあるのか?に変えたりして、
それなりに加工して誤魔化そうとはしていた模様。



578 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:41 ID:yZkkw6du
カオナシがたべてたケーキはチーズですか?チョコですか?

579 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:43 ID:QhKaHX2T
どちらかと言えばチーズっぽい気がする。

580 :薫習:03/01/29 21:43 ID:2ypcdEoz
千と千尋スレにはFAQ集とかないんですか?

もしかして昔はありました??



581 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:46 ID:WRSFSEgu
なんだかチーズっぽい。

>>580
百人百通りな解釈できる映画だからこれといったFAQはできない…かも?

582 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:46 ID:ajx/65n6
チーズでしょ。スフレっぽい。いや、シフォンかな?

583 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:46 ID:HZzyKGqo
この映画は感動しました。

いつか夢で見たような懐かしい湯治場で繰り広げられる奇妙な風景が、
とても良かった。なんといっても導入部で両親が豚になってしまったときの
恐怖感。必死にがんばってきて、ハクからもらったおにぎりをくわえたときに
こぼれ出る涙。あの世界で生きていくために汗を流して働くという条件。
名前を失うことと、取り戻すことの重要さ。千尋の親しみやすい外見と
素直な性格もあって、
ぐいぐいとその異形の世界に引き込まれて、
ドキドキハラハラと夢中になれた。
その風景は、古き日本のようでありながら、アジアや琉球の一風景のようでもある。田舎も都会も、
森も海も、モザイク上に組み合わさった奇妙な風景は、
初めてのようであり、どこかで体験した場所のようでもある。



584 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:47 ID:HZzyKGqo
腐れ神から多量の廃棄物が出てくるくだりは、直接人間を非難する
言葉もなく淡々と映像でつないでいく。逆に、
千尋がハクを救出したシーンでは、釜爺がその姿に似合わず
「愛」を連発することで、わたしは笑いとともに気恥ずかしさを忘れ、
千尋の勇気ある行動に素直に嬉しくなった。

この世にもどった千尋がどう変わったのか。
ハクの復活と再会は…。エンド・クレジットでは何も語られぬままに
終わるこの結末に、はじめは物足りなさを感じた。

しかし、その物足りなさが心の余韻となって、
千尋はどうしたらハクと再会できるのかを想像すると同時に、
身近な自然(神々)に対する自分の生き方について考えさせられた。

585 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:48 ID:HZzyKGqo
千尋とハクが現実世界で再会できるには、
どんな世の中にしていったらよいのか。説教くさくならないよう、
答えを語らずして、観客に問いかける終わり方を選んだのかもしれない。
エンド・クレジットが終了し、映画館が明るくなる前に
一瞬画面いっぱいに映る水しぶきのストップモーションは、
男の子と白龍のふたつの姿を持つハクが、
以前この世にいたときの素顔(琥珀川)なのだろうか。

P.S.千尋の声は13歳の柊瑠美が好演。
この子はNHK朝の連続ドラマ「すずらん」の名子役。
今回も俳優陣が声優を務めているが、以前の宮崎監督作品に比べると、
人選も整ってきた感じがあり、違和感もぐっと少ない。
湯婆婆の夏木マリもぴったりだった。わたしだったら
黒柳徹子にお願いしたかもしれないが(笑)。



586 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:49 ID:HZzyKGqo
ちょっとよくわからないと評判のカオナシだが、
現代人のダークで悲しい面を表しているような気がした。

「顔なし」とは自分のアイデンティティのない状態、
行動するときに極力自分の顔を隠してしまうひと。
旅の恥はかき捨て、というのも近い感覚か。
自分の声でしゃべることができない。
「ぁ…ぁ…」とつぶやくことだけで相手にわかってもらおうとする。

でも仮の声を手に入れると、ヒステリックに自分の要求をがなりたてる。
金の力を自分の力と誤解して、ちやほやされて悦に入っている。
「おれは客だっ!」とわがままし放題で、
客としてのルールと遊び方をわきまえない。
金品で人の心が買えないことがわからない。そ
して、自分の思い通りにならないことにキレて、
なにもかもぶち壊そうとする。かの世界では、
存在意義のわからない困ったカオナシだが、
現実世界にはこういう人あふれていないだろうか?



587 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:49 ID:HZzyKGqo
ファミリー向けのアニメでこんなことを考えるのは不謹慎かもしれないが、
普段はもっともらしいことをしているちょっと現実に疲れたオジサンが、
ふとしたキッカケで招かれた東南アジアで「顔なし」となったとたん、
金の力にまかせて酒池肉林の豪遊、
「欲しい物はなんでもあげる」といって少女を欲しがる姿を
連想してしまった。

これほど極端な例でなくても、私もふくめてだれもの心の中に
「カオナシ」の一面は隠れているように思う。

河の神からもらった薬で、喰らったものを吐き出させ油屋の外に
誘導した千尋は言った。「あの人はあそこに居るといけない」

そう、「顔なし」のひどいことをするオジサンも、
「顔なし」でネット上で暴言を書き込んでいる人も、
きっと我が家ではやさしい人なのだろう。



588 :薫習:03/01/29 21:50 ID:2ypcdEoz
放置の方向で・・・

589 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:50 ID:fqBNmHBg
NGワード設定完了・・・と

590 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:51 ID:HZzyKGqo
長々と書いてすみませんあまりに感動したもので(^^
一つだけ紹介させたください
ある映画の掲示板でno180924さんという方の
秀逸な解釈と出会ったので、紹介したい。

これもまたよくわからないと評判の銭婆の存在だが、
主要な脇役のようでいてその存在や人物像があまり語られていないと
不満の声も多い。

銭婆の双子の妹である湯婆婆は、
労働者の名前を奪って支配し油屋をとりしきっている魔女だが、
彼女もまた自分の本来の名前を奪われてこの油屋で
働かされているようでもある。
「働きたいという者には、職を与える」という約束をさせられて。
たしかに湯婆婆という名前は釜爺と同じくらい単純で安易だ。

おもしろいことに、湯婆婆と銭婆、仲の悪いこの姉妹の魔女が実は
同一人物ではないかというのがno180924さんの解釈である。
その真実を湯婆婆(銭婆)自身も気づかず、
お互いに相手を別の人物と思い込んでいる。
この作品で銭婆は描写不足の人物なのではなく、
湯婆婆という姿ですでに語り尽くされていたのかもしれないのだ。

591 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:52 ID:LlgkklYm
まず映画を観に行く事のない友人が
この間のテレビ放映を見てすごく感動していた。
これを機に新たな層のファンも増えたかも知れない。

592 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:52 ID:HZzyKGqo
たしかに湯婆婆は、鳥の姿になってしょっちゅう油屋から姿を消す。
そして、湯婆婆がいないときに銭婆が仮の姿で油屋に現れる。
二人は双子として描かれているのにもかかわらず、
けっして同時に出てこなかった。普通、映画で登場人物に双子がいる
場合は、片方が死んでいるという設定でもないかぎり、
同時に出るからこそ映像のインパクトが強くなる。お互いに
嫌っているからといって、別々にしか登場させないのは、
なんだかトリッキーだ。

判子にかけられた呪い(または虫)は、
ある場面では銭婆の魔法と語られ、別の場面では湯婆婆の魔法だと
語られた。それ以上の説明はなく、意味不明なまま観客は置いていかれる。
これは最初、製作を急いだための説明不足と不満に感じたが、
じつは隠された真実を解くための意図されたヒントだったのか?

坊に対して、湯婆婆は外の世界と隔絶して溺愛するが、
銭婆は「あんた太りすぎ」といって旅をさせる(
頭を坊の身代わりにするというお膳立てまでして)。
いつまでも手元において可愛がりたいのも、
わが子に成長してたくましくなって欲しいのも、
どちらも親が子に対する矛盾した「共通の」願望である。



593 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:53 ID:HZzyKGqo
最後のテストの時、千尋が湯婆婆に対して、
銭婆と同じように「おばあちゃん」と呼びかけるが、
これは千尋がふたりが同一人物だと無意識に認識していたようにも思える。
後半の千尋は生きる力を身につけると同時に、
あの世界での白龍や魔女や豚たちの正体を見抜く力も
徐々に身につけていったようだ(河の神の苦団子の副作用かも?)。

ところで、湯婆婆の名前は「湯」をとりしきっているからよいとして、
銭婆の生活は「銭」とはあまり関係なさそうだ。じゃあなぜ、
銭婆という名前なのか?? あれ?「銭」と「湯」をつなげて読むと…   
 カポーン!



594 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:53 ID:qXTZ5v8x
DVDの在庫処理に希望が出てきたかな


595 :相田くひを ◆dR7WV1bjfM :03/01/29 21:55 ID:HZzyKGqo
「言葉の力・名の力」をテーマに子供に「語るべき物語」を語ってくれた
コトに(親のひとりとして)感謝!
この語り口は『リトル・ダンサー』に通じる。

596 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:56 ID:lgQi+ZyW
ジミー大西の絵っぽくない?
見たら「おお!」と思うんだけど
ジミーの「これは○○を表現していて、これは△△で〜」
という解説を聞くと激しく萎える、という。

597 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:57 ID:QRFFXy7O
>>571
なにげに、糞長いカキコをしこたまやりまくっている人が現れましたが・・・・
数分で忍耐の限界を超えました。何か書いてあるの?
カオナシっつーよりも「散り際の瞬き」か?焼き切れる直前の電球のよーな。


598 :名無シネマ@上映中:03/01/29 22:03 ID:lCvY+fto
苛酷な3k労働を描きたかっただけなら湯屋=売春宿はむしろ適当だろう。
つーかそのまんまだし、3K労働は売春宿に限らない。

それよりは川の精の穢れを浄化するのは舞台として風呂屋ほど適当なもの
はない、つまりエコロを強調するのが先に来たんだと思う。
遠方より様々な「神」が一同に集う場所としては公衆浴場という設定は
無難だね。

599 :362:03/01/29 22:42 ID:94IngiOT
その本は、挨拶もろくにできない小学生の女の子が
田舎の道を歩いてたら不思議な町に迷い込んで、
そこの意地悪なおばあさんに
仕事をしないとこの町には置いてやらない、と言われる。
いろいろな人と出会って、仕事の手伝いをして、成長していく女の子。
その町を出て、あの不思議な町は夢だったのか?と思うけど
町の人にもらったものが残ってた。

って話でした。

>>363>>367
寓話としてはよくあるお話 じゃ済まない程似てません?
キャラまでそっくりなんて。

600 :名無シネマ@上映中:03/01/29 22:45 ID:ZOb8Xu8j
千尋が豚の中に両親が居ないと見抜いたのは、ばあさんに貰った
髪留めの力だと思ったんだけど、違うの?

601 :名無シネマ@上映中:03/01/29 22:50 ID:Z8U7R5Dh
>>600

その通りです。


602 :名無シネマ@上映中:03/01/29 22:51 ID:k8owlgNl
>>相田くひをさん
ナルホド納得。
同一人物かも。でもなぜ。

603 :名無シネマ@上映中:03/01/29 23:11 ID:u2ECebhw
>>486のサイトも食べてあげてほしい(w

604 :名無シネマ@上映中:03/01/29 23:21 ID:aT5hFmUB
千尋ははなっから入りたくないのにDQNな親の
生理的欲求(食欲)のせいでさんざん苦労させられた
あげく、その利己的なDQN親を愛を持って救わねば
ならぬという、、、
来るべき高齢化社会を皮肉った一種の風刺ですねこの物語は。
教育映画でも冒険活劇でもなく本質は社会風刺ですね。

605 :薫習:03/01/29 23:38 ID:2ypcdEoz
DQN親の不可解な行動に疑問を持っている人が多いので
あのサイドストーリーをまた出してもいいですか?(ある程度説明がつくと思うので)

606 :名無シネマ@上映中:03/01/29 23:41 ID:ZOb8Xu8j
確かに親が不可解。
表面的に観れば、取り敢えず強引な展開。

607 :名無シネマ@上映中:03/01/29 23:50 ID:OC1EPzr/
タイトル画面がでるとこと電車の場面の音楽がいい

608 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:00 ID:mIRZOnNk
あ、俺もそこの音楽好き

609 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:02 ID:4O8QHBxu
電車の場面はCMで観たのが一番良かったりしたな。

610 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:02 ID:xc1LqaRI
>>605
お願いします。

611 :名盤さん:03/01/30 00:03 ID:63iwiCOG
>>605
>あのサイドストーリーをまた出してもいいですか?(ある程度説明がつくと思うので)

何の事か分かりませんがお願いします。
私も親の行動はDQNの一言で片付けるには不可解すぎると思ったので…

612 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:07 ID:m7rXNIDj
> 相田くひを ◆dR7WV1bjfM

よく出来ました。アンタは立派な評論家です。

613 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:21 ID:QVprj9Z1
ゴーメンガーストみたいなの好きなんで
入り組んだ建物とか、階段とか、水に沈んだ建物とか
いいと思った。

614 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:22 ID:wCw58koi
>>599
まあ、そんな話は童話、児童文学の世界には山の様に存在するし、
宮崎御大が、その本を参考にしたって、「盗作」といえるレベルではないと思うな。

だいたいそのお話自体が、色んな古典童話、児童文学の寄せ集めって言えない事もないし、、、

615 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:28 ID:fgUufpEr
俺の中では、あの親の行動は全てが魔法。

ゴキブリホイホイやホウサンダンゴが、毒物でありながら
あの茶色いアレを引きつけるかのように、
あの世界が持つ何らかの魔法が両親にかかっちゃって、
両親はただただその魔力に引かれて奥にはいっていった。

と解釈。
千尋おいてガンガン前に進んだりむしゃむしゃ飯食ったりしてるのは、
両親であって両親じゃない。
だから俺はもう豹変した(と思った)あの二人をみて物凄く怖くてふるえてました。
が、こんなのたんなる妄想なんだろうけど。

616 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:35 ID:cteJM/2j
>「ぁ…ぁ…」とつぶやくことだけで相手にわかってもらおうとする。
この作品自体がまさにカオナシと思われ。
そして・・・

>でも仮の声を手に入れると、ヒステリックに自分の要求をがなりたてる。
この「仮の声」こそ「ハヤオ信者」。

617 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:39 ID:4O8QHBxu
>>615
でもさ、冒頭のシーンでアウディが右折して石を見掛ける前から、
母親は冷たい感じだったよね。
まあ冷たいってのは魔法じゃないけど。


618 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:45 ID:Cd0JwM35
湯婆婆は強欲の象徴?じゃあ銭婆は?

619 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:51 ID:HTkO/LaH
>>618
逆。

620 : :03/01/30 00:52 ID:dRAJzaDo
あーーーーーーーーーーーー好きだーーーーーーーーーーーー
最後の銭婆の家出てから湯屋につくまでが好きだーーーーーーーーー
嬉しいーーーーーーーーーーーー

621 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:55 ID:9h7UcHK1
子供にちょっと多めの疎外感を抱かせることで
オカルトワールドへの臨場感を狙おうとしたのでは?
>母親の冷たさ

あと母性の実現を、母ではなく娘に見出したいという
宮崎の気まぐれ的ロリ願望も入ってるとおもうけど。

622 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:56 ID:Cd0JwM35
>>619
逆?嘘だろ?どう見てもがめつく意地汚く守銭奴なのは湯婆婆と思うけど

623 :名無シネマ@上映中:03/01/30 00:59 ID:HTkO/LaH
>>622
違う違う。湯婆婆と銭婆は対照的な存在だって言いたかったの。
ごめん、分かりにくくて。

624 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:06 ID:Cd0JwM35
>>623
そういうことか、なら銭婆は倹約家で物を大切にする人ってところか。


625 :薫習:03/01/30 01:06 ID:SDQIbu4r
私はあの両親が一心不乱に食事しているそのBGMからして(両親が)尋常ではない演出が
なされていると思ったのですが・・・。
で、松っちゃんのような特異な着眼点を持っている人だとそんなことは関係なしに
親の不可解な行動ばかりが目に付いてしまうんでしょうね。

「千と千尋の神隠し」は本来ならば3時間ほどの話を大幅に省略し話を縮めて2時間に
収めてますので判りにくい部分もあるかな、と思いました。

さて千尋一家があのパラレルワールドに迷い込んだのは「ハク」の仕業なんです。
その昔、ハクがまだ川の主だったころ川で遊ぶ少女に恋心を抱いてしまったんです。
いや、神様であるから愛や恋と言うよりはもっと大きな意味での愛か慈悲かも知れませんが・・・。
少女と言うのはモチロン千尋の事で、その千尋が川で溺れた時ハクは思わず助けて
しまいました。(これは映画のラストに繋がりますね・・・)

その後、川が埋め立てられ行き場をなくしたハクは油屋にその身を置き魔法使いの手下となって
働くのですが千尋を愛する気持ちは消え失せることはありませんでした。
それどころかハクの「千尋に会いたい!」と言う思いは益々強くなりついにはその思念は
千尋一家を油屋のある世界まで呼び寄せてしまったのです。




これが本編では語られていないオリジナルストーリーですが、「個人の解釈・妄想」
の範囲で言えばこの説明が無くとも十分楽しめると思います。
それとあくまでも自分の妄想ですが、ハクは名を奪われ琥珀川の記憶は思い出せないで
いるので自分が千尋を呼び寄せてしまったことは自覚が無い。
自覚は無いが初めて橋の上で千尋に会った時“悪い予感”がして「この子を助けなければ
ならない!」と思ったのかもしれませんね。

626 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:10 ID:5dMZSXG2
千尋はなんでラストで沢山の豚を前にして
この中にはお父さんもお母さんも居ないと分かったんでしょうか?

あとラストシーンで千尋の髪止めがキラリと光りますが、
これはどういう意味なんでしょうか?トンネルから出てきた
千尋はそれまでのことを全て忘れ、ポカンとトンネルの奥を
見ていますが、その髪止めがキラリと光ることによって
夢だけど、夢じゃなかったということを言いたいんでしょうか?

宜しければ、この2点について教えてください。ガイシュツでしたら
何百番あたりで語られてるかだけ教えていただければ自分で探します。

627 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:11 ID:fgUufpEr
ふーむなるほど。
ハクがその思いの強さゆえ、(ハクの魔力が無意識のうちにはたらいてか)、
千尋たち一家を引き寄せたってか。
確かにうまい事本編と整合はとれるし、夢のある解釈。いいなあこういうの。
それならば両親の冷たさ(引き寄せられてる)も巧くまとまるし。

ハクの最初の感じはまさにそれっぽいよね。
なにかは判らないが、この子を今助けておかないとダメな予感がする!
といった。

628 :通行人さん:03/01/30 01:12 ID:x+MhpnxM
>千尋はなんでラストで沢山の豚を前にして
>この中にはお父さんもお母さんも居ないと分かったんでしょうか?
肉親だから。

>あとラストシーンで千尋の髪止めがキラリと光りますが、
夢ではなかったという意味。

このくらい、映画で汲み取れないなんて626って…

629 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:13 ID:mIRZOnNk
煽るな

630 :薫習:03/01/30 01:14 ID:SDQIbu4r
>(ハクの魔力が無意識のうちにはたらいてか)

私もその通りだと思います。


631 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:15 ID:4O8QHBxu
>>626
豚が分かったのは、銭婆婆に貰った髪止めの威力かなと。
また、キラリの解釈はそのまんまかなと。

632 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:16 ID:uXNYKtm3
深いなぁ。
エヴァみたい。ワケワカンナイ度

633 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:16 ID:fgUufpEr
>>626
その二つの疑問は、明らかに「これだ!」っていえるような根拠は
映画のなかに描かれていない、ってのがこのスレでよくいわれる事です。

だから、そこは各自で想ったように補完解釈するしかない気がします。
一年半、38スレと死ぬほど膨大ですが、過去ログを読むと色々な解釈があって
面白いから、暇があったら読んでみると楽しいと思う。

んで、偶然ほぼ同じ質問がこのスレでなされるんで…
>>149後半で。それに対する答えとして>>152-154>>155
自分は>>153の解釈。



634 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:17 ID:fgUufpEr
>>632
そういえば、「千と千尋は宮崎が庵野(というかエヴァ)に送ったオマージュだ」って
意見もどっかでみたなあ。

635 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:20 ID:7dPCUnUb
コピペなんだろうけど
>>551-552には同意だわ。

こんだけ持ち上げられると気持ち悪いっつうのはあるかも。
後半の失速ぶりは目を見張るものがあったよ、悪い意味で。
ラピュタのほうが素直におもしれーって言えるもんなあ。

636 :名盤さん:03/01/30 01:21 ID:+uLwyzn9

>>615
私もそんな風に思ったんだけど
>>474あたりの人が両親の行動に疑問を持った人を
馬鹿にする発言をしてたので言い出せなかった…

637 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:22 ID:Cd0JwM35
>>626
たしかにここの人たちの多くはトンネルから出た千尋たちは
不思議の国での思い出は忘れてしまった(忘れさせられてしまった)と
言うけど確かな証拠はないしそれぞれ推測で計ってる面があるので
信じる信じないはその人の判断によります。作り手側も各々なりの解釈
をさせるためにあえてあやふやにしたと思いますし。

638 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:25 ID:4O8QHBxu
湯ばあばは、何故、坊を見抜けなかったか。
それは、銭ばばの掛けた魔法だったから。
湯ばあばと銭ばばはおそらく同一人物だが、あの世界を仕切る者では
ない。彼女はあの世界を仕切る者にお互いの記憶を共有しないように
操られているのだ。

639 :ソープ:03/01/30 01:30 ID:JJaDp7aL
唐突ですが…
油屋=ソープという解釈に全否定される方、いますか?

640 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:34 ID:fgUufpEr
 >>636
まあまあヽ(´ー`)ノ そう気を落とさず。
キツイ言葉や失礼な言葉はある程度2chの風物詩というか、
お互い本音で語る為にこそ付いてくるおまけみたいなもんだから、まあ。
色んな意見があるっつうことで。

 >>639
はーい。
つうても、大意には同意だけど。油屋≒ソープならまあ。
あの建物が遊郭そのものだったとしても、遊郭=現代のソープではないし。


641 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:39 ID:Ym0d5OLQ
公開当時のサイトやプレミアのインタビューは面白かったよ!
「今の30代の親たちはみんなバブルを貪ったブタなんです!」
「今の若い女なんてみんなナメクジ女でしょ?男は皆カエル男だ。」
毒吐きまくりだよな。千と千尋は客観的に評価すると話にならない駄作だが
宮崎の悪意と皮肉に満ちた脳内妄想垂れ流し映画としては最高に面白い。
この鬼畜映画が誤解されて国民的映画になったことが一番ケッサクだけど。
この映画は日本人全てをバカにしてるのです。

642 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:39 ID:fgUufpEr
>>638
湯婆婆が世界の主ではない、といえば、気になったんだけど、
「くだらない誓いをたてちまったもんだよ。働きたい者には仕事をやる、なんて」
って台詞なんだけど、あれは誰に誓いをたてたってことなんだろ?
実際「働きたい」という限り湯婆婆の力をしても千尋は追い帰せないみたいだけど。

銭婆とかな?
油屋から出ていくかわり、仕事斡旋人になれ、みたいな。

もしくは自身かな?
自分の言葉による支配をより完全にするために、
自身さえも例外ではなくす必要があった、とか?


なんて、見た当時は色々不思議な考えがよぎってた。

643 :ソープ坊:03/01/30 01:41 ID:JJaDp7aL
>>640
どっち・・・?

644 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:49 ID:fgUufpEr
>>641
あれかな、馬鹿にしてるというか、宮崎版「鳥獣戯画」ってところなのかな。
まあそんなメッセージは二の次だといってたし判らないけど。

宮崎監督はインタビューとかでも本当の事を言ってるとは限らない人だから
判らないけど、社会的メッセージは皆無なのを目指して造った(らしい)、
自身への皮肉って気もするよね、そのコメント。
読んでないから判らないけど。

645 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:50 ID:9HFC3N0R
どっちでもいい


646 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:50 ID:fgUufpEr
>>643
いや、大意は同意だけど、
自分の場合はあくまで近似(≒)であって、同じ(=)ではないかなあ、と。
完全否定の人いる?ってのに対して「はーい」っていっちゃったから
紛らわしいことしたかも、ごめん。

647 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:52 ID:+NCJlUMz
色んなふうに取れるあいまいな描写ばっかで考えるの疲れてきた

648 :ソープ坊:03/01/30 01:53 ID:JJaDp7aL
>>646
大筋で認める
否定する要因もないと…

649 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:54 ID:7dPCUnUb
>>641
ああー、見ててすんげムカついたのはそれでか。
悪意ある映画というか、人を馬鹿にしてんなあーと思ったもん。

宮崎って今いくつだっけ? 団塊世代?よりちょっと上か?
隠居するには精力ありあまってんだろなあ・・・
30代大嫌いなくせに、若い子ども世代には期待しちゃってんのね。
女子高生を描いた村上龍みたいなもん?(違うか

当の高学年ぐらいの女の子は、どう思うのかね、こういうジジイの願望。
私だったらウゼー!のひとことで終わるけど・・


650 :名無シネマ@上映中:03/01/30 01:59 ID:4O8QHBxu
八百万の神々でもなく、人間でもないあいつらって一体なんなのだろう。
リンはいつかこんなとこ出てってやるんだと言っていたが、それは
労働を拒否しながら尚かつ今の姿を失わないということだろうし、
神の仲間入りをするということなんだろうか。
疲れるねぇ、こんなこと考えてると(w

651 :長文スマソ:03/01/30 02:13 ID:oTMz2cto
ガイシュツなのかどうか知りませんが、このスレでは語ら
れていないみたいなので、書きます。

宮崎作品って今までの自分の作品を連想させるカットを
これでもかと言うぐらいに盛り込みますよね。お約束と
言われる飛行シーンなどを除いても、この作品にも過去の
作品のシーンが満載で・・・逆に言うと目新しさは何もな
かったというかマンネリだなあと思ったりもします。

自分の作品に愛着があるんだか、デジャビュ(?)的な
親近感を呼び起こそうとしてるのかどうか知りませんが、
彼の作品は常にそういうのを意図して作ってあると
感じるわけです。

例えば
入り口の門→となりのトトロの森のトンネル
(異世界への扉のメタファー)
大根の神@エレベータ→トトロ@バス停
(少女と異様なものとを並べて対比を楽しむ?)
階段駆け降り→城の屋根駆け降り@カリ城
(ともに意図せず、結果的には走り降りることとなる)
ハクと千尋の落下シーン→パズーとシータのそれ@ラピュタ
(これはもう見るからに。両手つないで・・・)
傷ついた竜のハクの表情→もののけ姫の犬神のそれ
(驚くくらいそっくり)

監督自身そういうのを見る側が見つけてほくそ笑むのを
意図しているのか、制作側の注文(「の」をタイトルに入
れろとか)なのかどうか知りませんが、ちょっとやりすぎ
なのではと思う今日この頃。あとの作品が全てパロディ
に見えちゃって・・・もののけ姫も新鮮な感動が得られな
かった。また今回もそんな気がしました。終わり。

652 :名無シネマ@上映中:03/01/30 02:19 ID:m7rXNIDj
>>647
みんな似たような明確かつ画一的な解釈ができる内容よりは良いかも。
あれこれと想像・解釈する余地があるから、このスレも39回目となったわけだが。

653 :名無シネマ@上映中:03/01/30 02:25 ID:Cd0JwM35
トンネルの向こうでの出来事を忘れてしまったら
千尋の「生きる力」もなくなってしまう悪寒

654 :名無シネマ@上映中:03/01/30 02:35 ID:7cB0PLxh
>>653
ハクの名は思い出した。

655 :ソープ坊:03/01/30 02:39 ID:JJaDp7aL
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1043779000/l50

ソープ説、未だ議論中
よかったらどうぞ

656 :長文スマソ:03/01/30 02:59 ID:oTMz2cto
個人的には最後に川を渡るシーンで、
「振り返ってはいけない」
と言われていたのに振り返りそうになったとき、
髪飾りが一瞬「キラリ」と光った描写が好きでした。
振り返ったらきっと元には戻れなかったんだと思う。
きっと銭婆のおまじないが効いたんだね。
あ、でも違う門に出てしまったという説もあるのか。
やたら謎の多い作品だったね。

657 :名無シネマ@上映中:03/01/30 03:00 ID:fgUufpEr
>>649
個人的には(つーても俺は当の高学年でも女でもないけど)全然気にならんかった。
当人が「そういったこと気にしないで見て欲しい」といってたし、
実際かつての作品ほど説教メインじゃなかったから、
(川の神から産廃が出る描写とかはもうあの監督の癖だとみて流すし)
あんまり気にならんかったよ。
頭からっぽにしてぼーっとみてれば構わないかも。


658 :名無シネマ@上映中:03/01/30 03:05 ID:fgUufpEr
 >>651
 > 宮崎作品って今までの自分の作品を連想させるカットを
 > これでもかと言うぐらいに盛り込みますよね。
そうかな? そんな事感じたのは今回の千と千尋が初めてだったけど…
で、今回の千と千尋に関しては、もう油屋のデザインから話の筋からキャラから、
宮崎駿という人間のネタの引出しを全部ひっくり返して混ぜ返し叩きつけたみたいな
内容だったから、愛着だとか親近感狙いだとかほくそえむだとかじゃなくて、
最後の最後としてのセルフパロディだなあ、と思った。
つうかあの爺さん、見る側がほくそえむのを狙うほどお茶目でも器用でもない気が。

 > 階段駆け降り→城の屋根駆け降り@カリ城
 > (ともに意図せず、結果的には走り降りることとなる)
これに関しては、カリ城だけでなくコナンでも他のルパンでも良く使ってる事だし、
他のそっくりシーンとは全く別の話だと思う。

終わり。
 :

659 :長文スマソ:03/01/30 03:44 ID:oTMz2cto
>>658
>そんな事感じたのは今回の千と千尋が初めてだったけど
ラピュタで親方と海賊の殴り合い→紅の豚のラストの殴り合い
(コミカルな音楽で似たような雰囲気)
ルパン三世の最終回のロボット→ラピュタのロボット
(これはもうそのまんま)
坊の部屋の造形@千と千尋→クラリスの部屋@カリ城
(天井の造形から、床に落とし穴、窓のデザインまで同じ)
「お前はここにいてはいけない」
(顔なし、オウムに同じせりふ。気丈な言い方もナウシカとだぶる)
トトロのすす渡りもめでたく再登場したし、
もっと昔の作品を知っている人にとっては当たり前のことなの
かもしれない。手塚治虫のブタとかと同じノリかも?
おまけで顔無し→名無し(2ch?)とか考え過ぎか。

660 :名無シネマ@上映中:03/01/30 03:50 ID:XszYvPAs
>>633
ご親切にどうもありがとう。

661 :名無シネマ@上映中:03/01/30 04:04 ID:fgUufpEr
>>659
ああ、なるほど。そういわれてみれば。
思い出してみれば、リンの「千! 千、どこだーッ!」ももののけ姫のパロディだね。
目の前で神様洗っててどこだはねえだろ、と思ったけど。
でもま、あんまり鼻につかなかったよ。

思ったよりパロディはあるみたいだけど、やっぱり狙ってやって
ワカる観客ににたりとさせよう、なんて考えるほどお茶目な監督とは思えないけどなあ…


662 :名無シネマ@上映中:03/01/30 04:07 ID:Fhm7wFi+
>>659
そういうシーンの総称を“宮崎ワールド”と言うのでは・・・?
同じ監督の作品に監督お気に入りイメージがよく出てくるというのは
ままある話だし。


663 :名無シネマ@上映中:03/01/30 04:11 ID:fgUufpEr
デビットリンチならとりあえず犬の死体をおくだろう、
と似たようなことなのかな。

664 :長文スマソ:03/01/30 04:53 ID:oTMz2cto
>>661-662
スピルバーグでさえヒッチコック等の影響を色濃く受けて
いるようだから、パロディを否定するつもりはないです。
ましてや自分の作品だし・・・。

ただ私自身釈然としないのは月並みですが、風の谷の
ナウシカの映画と原作とのギャップがいまだに尾を引い
ているわけで。世界観が無茶苦茶になってしまって、
続編を作ることさえ出来ない状況に苛立ちを禁じ得ない。
あれさえちゃんと作られていたら、パロディも素直に受け
入れられると思う。

ナウシカの焼き直しとしてもののけ姫が作られたとするな
ら(漏れにはそうとしか見えないが)、なんだよそれ?と
思ってしまうわけで。

根底には彼の作品に大いに感動し、期待感が大きすぎる
というのがあって、辛辣なことも言いたくなってしまう。
本人にとってははた迷惑なんだろうけど。ガンダムヲタが
seedに苛立っているのと同じと思ってもらえれば(藁

665 :名無シネマ@上映中:03/01/30 05:15 ID:f4ciks2T
何やってんの?朝の4時から、長文で・・・

666 :ソープ坊:03/01/30 05:18 ID:JJaDp7aL
童貞が来るぞーッ!!
気をつけろーッ!!

667 :名無シネマ@上映中:03/01/30 05:59 ID:o4zwEmrr
仕事してる間にあっちは1000いっちゃったのか。

668 :名無シネマ@上映中:03/01/30 06:06 ID:3Fd7oyVa
塩爺にも「あの魔女はこえーぞ」と言わせておいて、かなりの試練を予想させながら
拍子抜けするほど暖かく迎え入れられた意味は?

危ぶむことなかれ、迷わず行けよ、行けばわかるさ。
という猪木イズムの継承なのでしょうか?

669 :名無シネマ@上映中:03/01/30 06:08 ID:Fhm7wFi+
ナウシカは、原作と映画は基本的に別物だけど
それぞれにきちんと辻褄合った終わり方をしていると思っていて、
続編も作る必要なぞ全くないと思っていて、
もののけ姫とナウシカは、似てはいるが結論は別物で
それぞれに素晴らしかったと思っている私としては
>>664には何も言うことが無い。


670 :名無シネマ@上映中:03/01/30 06:11 ID:Fhm7wFi+
>>668
釜爺にとっては、怖ろしいんじゃないかと。
ハクに大怪我させた程だし。

671 :名無シネマ@上映中:03/01/30 06:15 ID:GXJX3Azm
>661
いや、宮崎監督はそういうこと、やるひとだと思うけど。
ルパンの銭形が乗ってたパトカーを埼玉ナンバーにしたりするような人だし。

672 :名無シネマ@上映中:03/01/30 07:52 ID:B9qDcr1h

激しくワラタ。こういう大作を見て、恋愛だとか成長だとか言ってる馬鹿がいっぱい
いるからワラタ。宮崎監督もそういう事情はわかっているでしょう。どんなにいい加減
に作っても評価するマスコミや一般客。

勝手に感動するアホな客。やれ、恋愛だ、成長だと馬鹿ばっかり。

673 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:14 ID:B9qDcr1h
相田くひを の論表は大方納得というか指示しているよ。ただ、立場が違うのは
宮崎さんが礼節を知らない人間ではないということと、自分自身が宮崎アニメが
好きということ。

風俗や遊郭、源氏名、オクサレ様、はくと千尋の関係、カオナシの説明は同意。
なんで叩かれているのかわからん。内容もあり、文法もしっかりしており、そして
なにより知的な文章だわ。一行反論 や 論理で返せないから悪口 などの連中とは
基礎や土台が違うのがよくわかる


674 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:22 ID:B9qDcr1h
>一言、「オレはこの映画がキライだ!」で済ませてくれればまだいいのに。

思うんだけど、湯屋(油屋)が遊郭やソープ、千は源氏名、ハクは甘い言葉で近寄る
風俗スカウト云々・・と解釈したらなぜ叩かれるのか分からない。
これは遊郭だとか風俗だとか書いてる人はその作品を本気で好きな人だと思うよ。
なぜ、遊郭の話だと書いたら、叩かれるのでしょう?そして、それは悪口なのか?
いや、違う。

むしろ、あきらかにそう連想させるような演出を見せられながら、かたくなに否定
しているやつらの方に欺瞞を感じる。もしくは、基本的にな学力が不足している(解釈力、
歴史や文学、古典、日本の風俗史など)ため解釈ができないのか?





675 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:23 ID:oEUO3cdz
ここ、もうお化けスレだね。エンドレスに続いてるよ。今、「其の39」でしょ。
アカデミー賞授賞式の日までに「其の50」とかになってたりしてね。
驚異のスレです。宮崎監督の作品ってすごいんだね。
なんだかんだのいって、これだけ引きつけられてるんだもの。

宮崎監督の作品だからじゃなく、この作品(「千と千尋」)が好きだからかかわっているというのは私にはちょっと欺瞞っぽいな。
だって、「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」などを製作した宮崎監督の作品だからこそ、「千と千尋」にもかかわりたいと思っている人って多いんじゃない?

ただ、スレのアンチがいるから、摩擦を避けるためにそれに気がつかないようにしているか、わざと宮崎監督のことを避けようとしているみたいだけど。だけど、(気持が)裸になっている人がいるから、ここもこんなに長く続いてるんだろうね。

もちろん、宮崎監督の作品がこれが初めてで、「千と千尋」という作品に引かれたという人はいると思うけど。

676 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:24 ID:iKKadcHe
>>672
ついでに斜に構えてオレサマハ一般大衆ジャナインダゼと吹き上がってる
馬鹿も加えといてくれ。

677 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:27 ID:B9qDcr1h
俺は千と千尋をはじめ宮崎アニメが大好きだ。


ハクは味方のふりをして千を風呂屋に売り飛ばした風俗スカウトだ。



こういう解釈をすること=宮崎作品の悪口 なんでしょうか?


ハクが二枚目で優しい言葉をかけてくれるからって騙されたらいかんよ。
ああいう連中は現実社会にもいっぱいいるから。自分自身もそういう職業
ではあるんだがね・・

678 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:28 ID:B9qDcr1h

激しくワラタ。こういう大作を見て、恋愛だとか成長だとか言ってる馬鹿がいっぱい
いるからワラタ。宮崎監督もそういう事情はわかっているでしょう。どんなにいい加減
に作っても評価するマスコミや一般客。

勝手に感動するアホな客。やれ、恋愛だ、成長だと馬鹿ばっかり。


679 :>>676 了解した:03/01/30 08:30 ID:B9qDcr1h

激しくワラタ。こういう大作を見て、恋愛だとか成長だとか言ってる馬鹿がいっぱい
いるからワラタ。宮崎監督もそういう事情はわかっているでしょう。どんなにいい加減
に作っても評価するマスコミや一般客。

勝手に感動するアホな客。やれ、恋愛だ、成長だと馬鹿ばっかり。
さらには、監督の狙い通りというかスカトロだのソープだのエロ妄想を爆発させる
エロエロ魔人も日本国内で増殖中(俺)

680 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:32 ID:fNl+cBzk
千尋は可愛かったけど、ヒゲデブメガネロリコンジジイの
心の産物かと思うと人生を見つめなおしたくなってくる。

681 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:32 ID:B9qDcr1h
>ここ、もうお化けスレだね。エンドレスに続いてるよ。今、「其の39」でしょ。

もう監督の狙いとおり。日本中が大騒ぎw

>アカデミー賞授賞式の日までに「其の50」とかになってたりしてね。

他の板にも関連スレあるしね。実際には現時点で50超えてる。

>驚異のスレです。宮崎監督の作品ってすごいんだね。

彼はすごいです。天才です。共産主義者でもロリコンでもオタクでもヒーローになれる
ってのも証明しました。

682 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:35 ID:B9qDcr1h
>千尋は可愛かったけど、ヒゲデブメガネロリコンジジイの心の産物かと思うと

そうそう。オタクはダメじゃないんですよ。オタクはすばらしいんです。世の中の
男の子は全員オタクで、ほとんどがロリコンなんですよ。自分は婆専ですが・・。
本能や煩悩を否定しない。あなただってセックスしたら気持ちいいし、おいしい
料理食べたらおいしいと感じるでしょう?


>人生を見つめなおしたくなってくる。

大いに見つめなおしてください。それが監督の狙いでもあるでしょう。マスコミ
や世論に流されずに確かな自分の目で世の中を見ましょう。




最後にオタクはすばらしい・・・

683 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:35 ID:iKKadcHe
悪口にはならないと思う。

これだけ多くの人が見ていれば幼児、児童、生徒、学生、サラリーマン、主婦、
お年寄り、風俗スカウトのお兄さんや風俗営業のお姉さん、やくざの人たち、
ジャンキー、売人、教職、同業者etc....、それぞれの立場・環境で感想は違ってくるだろうし。


684 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:44 ID:B9qDcr1h
>>683

確かに観客の中にも親の借金を返済するために風俗嬢やってる女のコもいただろう
ね。自分がそういう身の上の風俗嬢なら、涙なしには見れなかったと思う。

優しく相談にのってくれたお兄さんに教えられた言葉「私をここで働かせてください」

風俗店って店側からは働けとは絶対言わないから、みんなこの言葉を最初に言うんだよね。

685 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:45 ID:B9qDcr1h
>優しく相談にのってくれたお兄さんに教えられた言葉「私をここで働かせてください」

でも、自分自身が社会人一年目のフレッシュマンだったりすると、この言葉の意味が
また違う意味でジーンと来るものがあるかもしれないけどね。でも、物語の中で労働者と
して成長していく千尋の姿はなかったからそういう話ではないんだろうけどさ。



686 :名無シネマ@上映中:03/01/30 08:56 ID:fNl+cBzk
千尋は対応のまずさで上客を怒らせ、
店を目茶目茶にさせてしまったかどで仕事は首になったが、
代わりに恋人の心を得て人生の勝者となった。
以上を踏まえて解釈すると、この映画のテーマ
「真面目に働くばかりが能じゃない」が浮き上がってくる。

687 :名無シネマ@上映中:03/01/30 09:03 ID:fgUufpEr
>>664:長文スマソさん
ええと、気になるんですが、
ナウシカの漫画が完結していて、そこから映画があって、
それでもギャップがある、と思っているんじゃないですよね?

漫画が途中の段階で映画を作ったんですよ?
そもそも映画造りを許すために形だけ漫画を描こうとしたわけだし。

688 :名無シネマ@上映中:03/01/30 09:11 ID:yvhORQHN
>>674
ソープ解釈とか、解釈そのものが叩かれてるわけじゃないと思うぞ。
意図的にそういう連想がはたらくような仕掛けは随所にあると感じる。
ただし、それはこの映画のひとつの面でしかないし、別の切り口や見所、
仕掛けもまた随所にあるわけで。
オレには、意図してか期間短縮のせいか、連想象徴寓意パロディみたい
なのが畳層的に塗り重ねられてると感じられる。

嫌われてるのは一面をもって「〜だから、この映画は糞だ」みたいな
強引な結論付けとか「オレ様の解釈が絶対だ、おまいらの目は節穴」
みたいな態度、ぐだぐだぐだと長ったらしい講釈コピペかと。

689 :名無シネマ@上映中:03/01/30 09:44 ID:57D9uO0X
ソープ解釈したくなるようなディテールがなぜ選ばれたか。
まだまだ掘り下げられるって事だね。
薄皮一枚剥いだだけで内面だ内面だ言うのはもう飽きた。

690 :名無シネマ@上映中:03/01/30 09:54 ID:FTZgFyyM
双子のバアさんの片割れが編み物しててこれって手工業の象徴かな
と思った。
映画としてはなんか正しいこと言いすぎという感じがして合わなかったな。

691 :名無シネマ@上映中:03/01/30 10:03 ID:lJn6CUv4
ソープネタが一番盛り上がるように、
2ちゃんねるは高尚な話題には、不向き。


692 :名無シネマ@上映中:03/01/30 10:10 ID:iKKadcHe
そんなことはないと思うぞ。

いろんな人が書き込むから玉石混交で、そこから何を掬い上げるかは
本人しだいじゃないか。

石が多いってのは同意するけどね。

693 :名無シネマ@上映中:03/01/30 10:36 ID:lJn6CUv4
692で、ソープネタを高尚でないと決め付けてしまったことを反省しよう。

監督は、人間の欲求である、食欲や睡眠欲などをきちんと描こうとしているのだろう。
性欲を開放する場が、大きな舞台に選ばれたことについては、間違ってないだろう。

五感についても、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚、が劇中にフルに描かれている。
竜をハクを気がついたり、ブタと両親を間違えなかったりというのも、
第六感を表現したかったからなのかもしれない。

怯えや悲しみ喜びといった感情も、あまさずちりばめられている。
映画事態が、根源的な「人間」というものを哲学的に表現しているといえる。

さて、レスがつくかな?



694 :名無シネマ@上映中:03/01/30 10:43 ID:fNl+cBzk
第六感って何覚なんですか?

695 :名無シネマ@上映中:03/01/30 10:59 ID:lJn6CUv4
つまり、この映画のどの部分に惹かれたか、心が動かされたか、感銘したか、
あるいは、つまらなく思えたかが、
実は観客である自分自身の心のありようを計る尺度として機能する。

ソープネタに固執するものは、性欲のかたまりであるし、
最後のシーンでブタの中に両親がいなかった事を千尋がどうして気づいたか、
理解できないものは、第六感を信じていないというだけのことだ。

ハクが川であることに理解できないというのも、
自然と人間との繋がりについて、観点が及ばない証拠なのである。

帰り、トンネルを抜けたあと、千尋が向こうの世界のことを覚えているか、
ハクと再開できるか、どれほどの時間が経過したのか、
それぞれどう考えるかが、個人の人生観、恋愛観に大きく左右される。

映画に何もシンパシーを感じない人は、それだけツマラナイ人間ということだ。

696 : :03/01/30 11:07 ID:KNWS0n2o
>>664
「もののけ」は「ナウシカ」の
焼き直しにすぎない。
しかも、ネガティブな焼き直しなのが
たちが悪い。

>>693
……で?
「哲学的に表現しているといえる」から何なのよ?

>>695
俺は単純にダメダメなシナリオに嫌気がさしました。
それにあんたは宮崎にシンパシーを感じすぎ。それはそれで
問題ある人間だということだ。


697 :名無シネマ@上映中:03/01/30 11:17 ID:V4/KWYxl
何かのインタビューだかで、宮崎氏が、
「パクさん(高畑勲氏)は、もう作品を作らない方がいいと思いますよ」
とか言ってたが…

オマエモナー

と思ったよ…

698 :名無シネマ@上映中:03/01/30 11:20 ID:lJn6CUv4
この映画に、いろいろな解釈がつくのは、むしろ好ましい。
いろいろな解釈を聞けるということは、
自分以外の、人の考え方を知り、お互いの理解を深めることになる。
答えや解釈を限定するのは良くない。このレスも含めて。

そういう意味では、「破綻していないシナリオは、答えや解釈を限定してしまう」。
この映画の伏線の無い作り方は(偶然にせよ)テーマに対して正しく機能している。

ときに多くの監督が意欲的に挑戦してきたことではあるが、
あまりに高尚すぎて一般に広まることはほとんどない。
この映画が、ここまで成功したことは奇跡的と言えよう。


699 : :03/01/30 11:28 ID:KNWS0n2o
>>698
>答えや解釈を限定するのは良くない。このレスも含めて。

分かってんなら書くなよ。

700 :名無シネマ@上映中:03/01/30 11:33 ID:lJn6CUv4
>>699
>>692

とりあえず、以上。

701 :名無シネマ@上映中:03/01/30 11:54 ID:HTkO/LaH
いいんでない。
ソープねたなんて飽き飽きだよ、漏れは。

ところで、今までしつこいくらいに表現しようとしてきた
アニメーションの迫力を、突然追い求めなくなったのはどうしてなんだろうと、
そこが気になるのですが。

702 :銭婆:03/01/30 12:09 ID:gHxrYuGZ
私たちは二人で一人前なのにねぇ...

703 :名無シネマ@上映中:03/01/30 12:23 ID:DQNgik8V
>695 なるほどね。と思いますた。具体的にこうおもうひとはこうとか
ついでに解説いれてくれるとありがたいんですけど。

こう思ったけど、で?って感じなんで。
でもそれじゃあ物語になってないよね、心理テストみたいだ

704 :名無シネマ@上映中:03/01/30 12:26 ID:fNl+cBzk
ときに、ハクが千尋に無理やり飲み込ませた
アレは何でしょうか?

705 :名無シネマ@上映中:03/01/30 12:30 ID:GJbqipq8
>>704
覚せい剤

706 :名無シネマ@上映中:03/01/30 12:49 ID:lJn6CUv4
>>703
あなたは、どこをどう思ったの?

俺は、この映画を通して自分に向き合いたいと思ったので、
あのようなレスを書いた。

707 :名無シネマ@上映中:03/01/30 12:52 ID:fNl+cBzk
一つだけこの映画で練りこみが甘いと思われる箇所がある。
日本においては古来から、物の怪に化かされた奴が風呂だと勘違いして
浸かっているのは「肥溜め」であると相場が決まっているのだ。ゆえに、
我に返った千尋がクソまみれになっていないのは不自然と言わざるを得まい。

708 :名無シネマ@上映中:03/01/30 13:04 ID:F+5japMN
それじゃあ、水木先生だよ。
でもイイ!

709 :名無シネマ@上映中:03/01/30 13:05 ID:HoFgKUD0
誰か今まで話題になった伏線?というか想像にまかせる的な場面と解釈をまとめてくれ
例えば記憶は無くなってないとか実際は何日たってるのかとかそういうやつ
夏ごろの過去ログ見れないからわからん

710 :名無シネマ@上映中:03/01/30 13:20 ID:QcAkfGdp
>>709
やはりこのスレにFAQは必要かな?
ちょっとまとめて見ます。(自分ひとりでは心許ないので協力者求む!)

711 :710:03/01/30 13:25 ID:QcAkfGdp
良く聞かれる質問は
千尋の滞在日数とDQN親の怪しい行動と
あと何がありますか?

712 :名無シネマ@上映中:03/01/30 13:32 ID:BF9irZWV
なんでハクは人間の姿でも飛べるの?
だったら千尋を迎えに行くとき龍にならんでもええやん。
あと、カエルを飲み込んだら喋れるようになる理由もわからん。

他には雑巾かけしていた時に千尋の周りにいた千尋サイズの連中は
どこにいったの?普段はデブ女ばっかりじゃん。・・・私からはそれくらいかな。

713 :名無シネマ@上映中:03/01/30 13:33 ID:fNl+cBzk
カオナシ(勃起時)の戦闘力を100
婆さんを80としたとき、ハクはいくつでしょうか?

714 :名無シネマ@上映中:03/01/30 13:37 ID:msa70cW9
>>713
185000

715 :名無シネマ@上映中:03/01/30 13:37 ID:HoFgKUD0
なんかリンはキツネとかそういうのもあったような
婆の裏設定とか…忘れたけど

716 :名無シネマ@上映中:03/01/30 13:53 ID:CqIGRNYJ
お湯の札はゴムみたいので釜爺のとこへ届きますが、
あれはどういうメカニズムなのでしょう。
「よきかな」の時、薬湯の札は上にいくじゃないですか。
釜爺のボイラーは最下層にあると思うんですが。
誰かが上にいて釜爺行きのひもに付け替えるんでしょうか。

717 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:12 ID:aECoOqGa
>>712, 716
細かいコトは気にするな。
勝手に自分で解釈しとけばいいんじゃないの。


718 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:13 ID:QVprj9Z1
カオナシの髪の毛は何だったのですか。

719 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:20 ID:m7rXNIDj
>>668
> 塩爺にも「あの魔女はこえーぞ」と言わせておいて〜

釜爺と書こうとしたんだろうが、塩爺にはワラタ
「あの魔女はこえーぞ」って扇千景かよ


720 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:20 ID:OcQJ7uqd
【日本人は白人の奴隷】

奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、驚いた事に
自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。
そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。
そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。

 過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、奴隷になっても決してその
精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、あるいは
反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を
血祭りにあげた。

 現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに
気付いてすらいない。それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの
唯一の誇りを見い出しさえしている。

    (リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)

721 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:31 ID:m7rXNIDj
つまらんことだが、油屋から実世界へ帰る際に、世話になった釜爺やリンに
お別れの挨拶ぐらいしてもらいたかった。
リンが最初に千尋に会った時と同じ突っ込みを入れてやればよかったんだが。

「世話になったんだろ!お礼ぐらい言えよ」


722 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:38 ID:GJbqipq8
>721
また戻ってくる(今度は自分の意志で)
だからお礼は不要

723 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:45 ID:JBszX1ou
作画がまにあわんかったんだろ。


724 :710:03/01/30 14:51 ID:QcAkfGdp
とりあえず、千尋があっちの世界で過ごしたのは3日間。
これは鈴木Pのインタビューからはっきりと示されてる。




(しかし湯屋での滞在が3日間であって現実の世界では何日間か不明・・・。
 これは「それぞれの解釈に委ねる」とした方がいいのか、それとも行きと違って
 千尋達が戻ってきた時、夏草が伸びていた様や車の上の落ち葉とかバッテリーが
 上がってなかった事を検証してハッキリとした答えを出した方がいいのか・・・?
 どう思われます? )

725 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:56 ID:JBszX1ou
3日も車の窓あけてたらホコリも入る。雨も降ればなおさら。
夏なら雑草もすぐ生える。

俺の意見に従え。これは、お願いじゃない。命令だ。


726 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:57 ID:orRpifi/
面白い

727 :名無シネマ@上映中:03/01/30 14:59 ID:CqIGRNYJ
仕事らしい仕事したのなんか1日だけだよな。
体験入部でももうちょっと長いぞ。

728 :名無シネマ@上映中:03/01/30 15:05 ID:k6AUwxNy
アカデミー作曲賞もゲットしないかな?
最初から最後までバックミュージックがずっと盛り上げているから。


729 :710:03/01/30 15:06 ID:QcAkfGdp
個人的には3日間でイイと思う。数年間とかひと夏ぐらいの長期間だと
一気にオカルトチックになってしまう。


730 :名無シネマ@上映中:03/01/30 15:29 ID:rQZRapii
作者冥利につくだろうね。

731 :名無シネマ@上映中:03/01/30 15:43 ID:AJ5Ms3Dj
富野「だから、さっきも言った宮崎さんのフィルムがロリコン趣味の部分が見えて
ね、って事についてね。「本来、ロリコンなんでしょ、だったらそれ言っちゃいなさ
いよ」。それを言わないでこうしているから、いけないんだ。どういうことかってい
うと、白いパンツが見える、その瞬間を、この描き手というか、演出家が、ファッ
ションでしか見せていなかったり、知った風なものでしか見せてなかったり。(キャ
ラクターの)肉付きがね、見えるって所まで意識しないで出すんなら、それは止めて
欲しい。
それで、パンツの向こうも、もうひとつ脱がしたいんだろうって、それがあるのか、
無いのか。やっぱり知った風な、ロリコン漫画風になっているのなら、それこそ教育
上良くないから止めて欲しい。アニメなんていくらでも、見せないで済ませられるん
だからね。
見せるからには、少女のお股の所に食い込んでいる白いパンツがね、光っているのか
光ってないのか。「見えちゃったんだよ」なのか、「見えたから、どうなんだ」とい
う部分なのか?
それはキチンとやって欲しい。例え、セル絵であってもなの。
だから、「その子のパンツを見てしまった」「見えてしまった」「見なくちゃいられ
なかった」。つまり、どっちかキチッとしてくれないと、そのキャラクターを出した
意味が無いというよりも、僕、失礼じゃないかと思うんですよ。うかつにパンツを描
いちゃって。失礼じゃないか。」

ttp://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/saru/sakuhinindex.htm

732 :名無シネマ@上映中:03/01/30 16:03 ID:Ex1kmA9z
ここは、映画板のニュー速+ですか?

733 :名無シネマ@上映中:03/01/30 16:46 ID:7YHtFVsG
>>709 千尋の滞在時間とかあんまり気にしなくていいんじゃない。
長い時間の経過では、帰りに駅の構内みたいなのがなかったこと、モルタル製の
トンネルが石製に変わってたこと、不気味な石像の顔が消えていたことが説明つかない。

それよりも、オープニングで父親が一旦停車した神木の前の鳥居の辺りから
神隠しにあったんだと思う。鳥居はここから先は神域ということを象徴するもの
だしね。これなら親父の暴走も説明つくし。まあ、もともと両親に欠陥が
あったから神隠しに遭ったんだろうけど。

それで帰りは本来の姿(石造りのトンネルに雑草だらけの道など)に
戻ったというわけ。千尋がトンネルの入り口の前で「風を吸い込んでる」と
言ってた風が、神隠しが解けた瞬間に逆流したと考えれば車が汚れてたのも
納得できるでしょ。

734 :名無シネマ@上映中:03/01/30 16:58 ID:pNeE0I9v
スマン。オシエテクレ。
結局、これは千尋の夢だったの?

735 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:06 ID:Cd0JwM35
ここの勢いは凄いな、いつ来ても

736 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:17 ID:/YGG98wK
>>734
アフォか

737 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:23 ID:PcWIFLCI
>>728
アカデミーはロリだっていってるじゃん。
千尋には期待しないほうがいい。興行成績が違い過ぎるうえ
アカデミー会員の評価もロリに傾きつつある。

738 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:23 ID:ubwFGORB
>>733
クルマの汚れは、時間経過を現すための小道具に過ぎないのでは?
厳密にどれだけの時間が経過しているかは、観る者の解釈でいいと思う
(宮崎のアタマの中では、いちおうは決まっていると思うが・・・)

オレは、せいぜい2・3時間しか経っていないと思うが。

739 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:24 ID:mFlNVokU
最初に見た時は千尋の走り方が激しく違和感あったよ。
小学生であんな手を横にぶかっこうに振るような
「女の子走り」する奴なんかいるか?
まともに小学校に通ってたら、体育で手の振り方くらい習うって。
あんな走り方してたらかわいこぶってんじゃないかとバカにされるよ。
宮崎はあれが可愛いと思ってやったのか
女の子らしさを出そうとしたのかわからんけど、
中年のおっさんの思い込みの中の女の子って感じがして気持ち悪かった。
小学生の女友達がいるならもっと観察しやがれ。

740 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:28 ID:Y91YxJqb
アニメ・ゲーム・漫画等にもやたらとリアリティーを追及する奴っているよな

741 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:29 ID:Cd0JwM35
ロリ評論家がいらっしゃるようです

742 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:30 ID:mh/uyfjh
呼んでいる〜♪

743 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:31 ID:mFlNVokU
リアリティーなんか求めてない。単純に気持ち悪いんだ。
今回は巨乳ちゃんじゃなかったのだけはマシだったが。
ディテイルまで作りこんでるくせに
なんで女の子だけああなんだろう…

744 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:32 ID:PcWIFLCI
>>733
>モルタル製の トンネルが石製に変わってたこと、不気味な石像の顔が
消えていたことが説明つかない

これも>>738の言うとおり時間の経過の判断は個々で想像するものだと
思う。個人的には神隠しということなので不思議さをかもし出す、
たんなる演出なんじゃないかと思うけどね。そんなに時間は経ってないような。

745 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:34 ID:Cd0JwM35
千尋以外にも神隠しにあった子がいるのか気になるところだす

746 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:38 ID:7YHtFVsG
733 だけど、長い時間が経過したなんて一言も言ってないんだけど。
読解力がないのかな。


747 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:41 ID:iKKadcHe
>>739
監督が言っていた云々と書くのは嫌なんだが、公開時の特番でその小学生の
女の子が森で蛇(だったかな?)が木の枝から落ちてきたときに「キャー」といいながら
あの走りで監督の脇を駆け抜けて言ったそうだ。

748 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:44 ID:iKKadcHe
>>745
オレの勝手な解釈。
名前が漢字一文字で表されているのは元・人間だった。

出勤のときに札をひっくり返すとき、何人か漢字一文字の名前があったので
勝手にそう思ってる。

749 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:44 ID:PcWIFLCI
>>746
コメントてきとうに読んでたよスマソ。解釈を求められてたのね。


750 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:46 ID:mFlNVokU
>>747
なるほど、そういう女の子が好みだったんだな。どうも。
やっぱりおっさんくさい…

751 :738:03/01/30 17:47 ID:ubwFGORB
>>739
>まともに小学校に通ってたら、体育で手の振り方くらい習うって。
そんな親切なセンセイ、そんなにいないよ(w

752 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:49 ID:Cd0JwM35
つーか走り方なんて千差万別、小学生のなかでも十人十色だろ
そんな掘り下げることじゃないと思うよ

753 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:50 ID:wDP/Cxkp
駿!
定期検診、受けてるか?
お前、チェリー吸いすぎ!

754 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:51 ID:JBszX1ou
今日もまた
相田くひをは
来るのかな


755 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:52 ID:mFlNVokU
うん、まあ勝手な感想なんで気にすんな。>走り方
今までの実績思い出してキモかっただけなんで。

756 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:52 ID:gBNOByvg
油屋の世界の人々に、老いとか、生殖とかいう概念があるのか。
妖精みたいなもので、神と同じ不変の存在ではないのか。

757 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:53 ID:MFTaVMlM
入ってすぐ「回春」の文字

758 :名無シネマ@上映中:03/01/30 17:58 ID:JBszX1ou
そういえば、20世紀少年でぱくられてたな。
千尋の走り方。
あれはキモくなかったのか?


759 :名無シネマ@上映中:03/01/30 18:40 ID:m7rXNIDj
油屋の連中が貪欲の固まりみたいな奴らばっかりで殺伐としていたから、
銭婆婆の家の雰囲気がそれとは対照的にホンワカしてていいね。

家の中の雰囲気といい、BGMといい、RPGに登場する中世ヨーロッパ風の
民家の雰囲気みたいでヨロシ。

760 :名無シネマ@上映中:03/01/30 18:59 ID:gBNOByvg
銭婆は畑耕して、自給自足してそうだ

761 :名無シネマ@上映中:03/01/30 19:33 ID:kQeKYjSv
ハクは美少女

762 :名無シネマ@上映中:03/01/30 19:44 ID:JBszX1ou
いや、両性

763 :名無シネマ@上映中:03/01/30 19:57 ID:YfsZveyU



銭婆:「両親のこともボーイフレンドの竜のことも自分でやるしかないね」







764 :名無シネマ@上映中:03/01/30 19:59 ID:fNl+cBzk
ばばあよりは美少年のほうがいいなあ

765 :名無シネマ@上映中:03/01/30 20:05 ID:kQeKYjSv
銭婆さえ見抜けないとは

766 :名無シネマ@上映中:03/01/30 20:20 ID:pEiMG6ic
>>739思った……。
実際よくアニメにありがちなステレオタイプな「女の子走り」死語で言うと「ぶりっこ走り」みたいな……。
「〜だわ」「〜わよ」っていうしゃべり方する女の子と同じであんな走り方する女の子実際いないっつーの。
自分も、あれを見て「なにがリアリティーだよ……なにが10歳の女の子に見て欲しいだよ……。
全然リアルじゃないじゃん」とか思ってすごく嫌悪感あったから。

まあ体育の授業じゃないし、蛇がどーたらっていうエピソードで「へえああそーなの」とは
思ったけど。キモイよね。

767 :名無シネマ@上映中:03/01/30 20:33 ID:gBNOByvg
あれだろ、しずちゃん走りなんだろ?

768 :名無シネマ@上映中:03/01/30 20:34 ID:YfsZveyU
>>766
わざわざここにやって来るお前の方がキモイよねw

769 :名無シネマ@上映中:03/01/30 20:35 ID:fNl+cBzk
>766
本人はこんなん言ってますが。

http://looney.physics.sunysb.edu/~daffy/conan/interview.html
僕はやっぱりアニメーターなんですよ。コナンがラナを抱え上げる時は
“取りのように軽やかに” 持ち上げなければならないのに、大塚さんは
理屈の人だから、ヨイショって持ち上げてる。あれは大塚さんの奥さんを
持ち上げてるんだなんて悪口を言ったりしてね。
「ハイジ」で始めた、歩幅を狭くしてね、タッタッタッて歩いて来るとか、
延々と歩いて行くとか、あるでしょ。でも、地平線から三歩くらいで
やって来るってのが漫画映画でしょ。アルファルファじいさんとか、
僕は大好きなんだけど、向こうからダーッと走って来る、ああいうのは
漫画映画でなきゃ出来ないでしょ。あれを実写でやれったって出来ない。
そういうアニメーションの属性を捨ててしまうのは、本当にもったいないことだと
思うんですよ。全力疾走だったら、普通の人間じゃ出来ないくらいの速さで
走って来て欲しいしね。そういうことは一種の表現になると思うんですよ。

770 :名無シネマ@上映中:03/01/30 20:53 ID:Cd0JwM35
>>766
そもそも神隠し自体リアリティーがあるとは言えませんがなにか?

771 :名無シネマ@上映中:03/01/30 20:57 ID:m7rXNIDj
江戸東京たてもの園での「千と千尋の神隠し」の特別展を見に逝った人
いる?

772 :名無シネマ@上映中:03/01/30 20:59 ID:0JaKUeES
どなたかこの映画の予告編動画
おいてあるサイト知りませんか??

773 :名無シネマ@上映中:03/01/30 21:28 ID:Udw0/f3Z
>>739
普通にあーゆー走り方する子いるだろ。

体育で習ったって運動部にでも入ってなければ覚えない


774 :名無シネマ@上映中:03/01/30 21:55 ID:Fhm7wFi+
>>739
おっかなびっくり走ってるんだから別に不自然じゃないし・・・
体育で習ったように指を揃えて腕を直角に曲げて走ってたら変だろ

775 :名無シネマ@上映中:03/01/30 21:56 ID:2zva/Zja
>>769
なんかそのインタビューとはイマイチ話があってないと思う。
アニメとしての表現がどうのっていうよりも
いかにも男から見たステレオタイプな表現だなっていうだけで。
すごい過剰に女の子をアピールした走り方だから。
今までそういうのを他の気持ち悪いオタ系のアニメで散々見せられて、
まあ言う程は見て無いけど、
千と千尋みたいなアニメだったら
そういうのをちゃんと考えた表現してくれるのかもって
思ったのかも。
「10歳の女の子に見せたい」云々ってあったからね。

776 :名無シネマ@上映中:03/01/30 21:58 ID:GxQ2C7vU
俺は、あれはアニメ走りだと思ったが

777 :名無シネマ@上映中:03/01/30 21:59 ID:2zva/Zja
ていうか人によってどこのシーンを言ってるのか違ってるかもね。
走ってるシーン(主に冒頭)って言ってもいろいろあるから。


778 :名無シネマ@上映中:03/01/30 22:28 ID:S7JOpxtk
まー映画館で上映してた頃は「千尋走り」とか言われていたが・・・ただ団地育ちの
立場から見て、女の子の階段の駆け降りであーいう手の振り方する娘って見かけた
ことがない。

>>772
国内版のDVDには収録されているよ。これだけまともな色味で。

779 :唐突ですまないが、考察1:03/01/30 22:40 ID:WK4tVSHd
>>428-429
あそこで二人が水の中に飛び込まなかったのは、
宮崎駿が年を取った、枯れてしまったことの端的な表れである。

かつて宮崎は、映画の終盤で
束縛からの「解放」(カタストロフと言ってもいい)を
巨大な「水柱」で表現していた。

コナンの最終回(「コナン、わたし飛んだの!」のとこ)、
カリオストロにおけるルパン&クラリスの入水、
ホームズ「海底の財宝」のラスト(「ソベリン金貨」もか?)などなど…。
(彼の監督作ではないが、どうぶつ宝島やパンダコパンダ等でも
同様のクライマックス水柱シーンが見受けられる)

ここで言う「水柱」とは、すなわち見たまんま「射精」のことだ。

ナウシカ以降、この解放的な巨大水柱が見られなくなる。
(ラピュタ崩壊やシシ神の森崩壊シーンで、数多くの水柱が立つが、これらには
どこか物悲しさが漂っていて「解放」とは意味合いが違うような気がする。
水柱を勃てているのが、人物ではなく物体であるせいかと思われ)

780 :考察2:03/01/30 22:40 ID:WK4tVSHd
今回の千と千尋のあのクライマックスは、
久しぶりに解放のための水柱を立てる(射精をする)
絶好の、そして決定的チャンスであったのに、
それをしなかった。なぜか。

それは、宮崎駿62歳(制作当時60歳?)の下半身が、
所謂一つの「不能」状態になってしまったからなのだ。
二人を海に飛び込ませなかったことで、
自らそのことを告白しちゃっているのである。

ナウシカ以降の作品で解放的な水柱が勃たなくなったことを考えると、
すでにその頃から彼のEDは深刻な状態だったのかもしれない。

ついでに言うと、あっち方面で枯れちゃったことの苛立ちが、
このアニメを歪なメタファーで溢れ返させた要因にもなっている。
「回春」願望は、なによりも監督自身の叫びに過ぎないのだ。

などと解釈してみるテスト。

またもや長文になってしまった。
私は簡潔に語ることが出来ないようだ。
真に申し訳ない。反省している。

781 :名無シネマ@上映中:03/01/30 22:51 ID:iH9BG18G
湯屋=売春宿という解釈は、時代考証ものということなら
性交渉を一切描いてない欠陥作品ということになり、
暗喩とするなら、暗喩の効果がよくわからない。

時代の真実を、時代の規制を越えて将来の時間の線に
乗っけるという意味合いでのメタファーなら、現代は
そんなまわりくどいことをする必要も動機も無い。
ただの趣味的チラリズムだね。児童映画でやるなら
単なる悪趣味だ。
湯屋=売春宿ってわかりきってることを、何チラリズム
やって一人自己満足に入ってるんや、で終わり。
そこは自己満足ではなく日本人が歴史的に共有できる
何らかの深さが欲しい。

782 :名無シネマ@上映中:03/01/30 22:51 ID:UfNmNNm2
 ↑
こういう物の見方って皆も好きなの?


783 :782:03/01/30 22:53 ID:UfNmNNm2
>>779-780に対してのレスです。スマソ

784 :名無シネマ@上映中:03/01/30 22:54 ID:Cd0JwM35
「千と千尋の神隠し」の優良ファンサイトない?

785 :781:03/01/30 22:56 ID:iH9BG18G
いい具合にわりこんでしまたスマソ

786 :名無シネマ@上映中:03/01/30 22:59 ID:GxQ2C7vU
一般的に優良だと思われるところを2chで晒す事は出来ん

787 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:00 ID:S7JOpxtk
>>782
暗喩、つーよりもまったくもって関わっていない外野の立場から脳内イメージとして
感じていたものだけ 、というか雰囲気だけ持って来たと思ってるけれど。
赤線とかのそっち方面ぽいのは。

788 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:03 ID:S7JOpxtk
>>784
とりあえず、↓「和の間」あたりからリンク追ってみては?
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/9427/index.html

789 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:19 ID:EbM1ydpf
>>670
いや。そういうことじゃなくて、あっさり暖かく迎え入れられた意味のほうを
きいたんだけど。銭婆の気持ちでもなく、作者の意図。

790 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:19 ID:fgUufpEr
>>781
油屋が遊郭だとしても、遊郭=売春宿でないんだが。
時代公証だとか訴える割には片手落ち。

791 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:22 ID:fgUufpEr
>>789
昔から良く漫画で「怒ると怖いけど、イイコトすれば怒らない、むしろやさしい」って
キャラ居るじゃんか。
ドラえもんとか他とかでも大抵空き地の横に家があって、
大抵野球するとそこの家のガラスにホームランが突っ込むんだよな。

で、なにもしないとこの世の地獄を子供に見せつけるかのごとく怒り狂うんだけど、
謝りにいくとゆるしてくれる、みたいな。






…んなわけないか。
銭婆とは状況がちがいすぎる。

792 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:31 ID:iH9BG18G
>>787
雰囲気だけでなく千尋が栓抜くとピューと水を吹いて、
吹いた途端至高のため息が漏れるのも、あんなん
明らかに入れなくてもいい画なのに、ダメ押し気味に
手コキの隠喩だとおもた。

793 :部屋掃除:03/01/30 23:34 ID:iSKBh0qf
遅レススマソ。
>>693>>695
第六感を信じていないわけではないが、

豚の見分け方
今回思いついた説は2つ。
・全ての豚が、千尋のほうを向いて訴えかけるかの様に啼いていた。
以前見に行った時は寝ていたのだが、本来本当の豚になっていれば、
「千尋、助けて、私が親よ」という考えは起こらないと思う。
それを不自然と考えた。

・全ての豚が同じ様に見えた。若しくは、大差無かった。
答えを言った後、なめくじ女6匹と、蛙男6匹がどろんと現れたが、
彼らの見分けってつく?
同様に、全ての豚が同じに見えた。
なんでだろう?なんでだろう♪→ハッとした。もしや・・・。

上の説では、なんだか愛が重要だと思う。
下の説はテツ&トモが重要かも知れない。
手元に映像ないので、確証はない。曖昧な説で申し訳ない。

もし第六感というのであれば、お父さんは右から3番目、おかあさんは
一番左です・・・ってなった上で当たってたら、そうだと思うな。
で、釜爺が「今まで5万人が当てられなかったのに」とか言ってたら
そんな気がします。夢、壊してごめんなさい。

ちなみに、食欲性欲睡眠欲は人間の3大欲求なので
ソープ説は普通だと思っています。ので、鬼の首をとったかの様に喜ぶ人は
何なんだろうと思います。そういえば、「お風呂に入りたい欲」って
何なんでしょうね?この3大欲求に該当するのか?別物なのか?
ソープ説のひとは「性欲」にくくって、そうでない人は「睡眠欲」または別の
欲求に結び付けるんですかね?

794 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:36 ID:FESqvZzL
>>792
どこがどう「明らか」なんだか・・・

795 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:38 ID:vxbMmATl
釜じいが大昔の電車のチケットを持ってたのは
銭婆とかつてラブラブだったとか?
で、帰る電車が無くなってしまった為会いにいくのを諦めた爺さんと
帰る電車が無いのなら歩いて帰る千尋の若さ。なんて思ったりしてみた。
で、あれば、ハクが求職の紹介者として釜じいを選んだのも納得。なんてのはどう?

796 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:40 ID:WK4tVSHd
>>792
あそこ、私は浣腸プレイかと思ったよ。
心の中で「クソ垂れ流しなのか、糞詰まりなのか、お前はどっちなんだYO!」
って突っ込んだあの暑い夏の日を思い出した。

797 :部屋掃除:03/01/30 23:44 ID:iSKBh0qf
>>791
銭婆の所へハクを助けてもらうために行くのですが、
その第一目的は「ハンコを返す事」だという事を
意外と重要にしなさすぎ。その上でハクを助けてもらいたい。

ハクが死んじゃうって元気に迎えに来てるじゃん、と僕も
1回目見た時は、しっかり突っ込まさせていただきましたが。

後、あの時のハクが謝らない、というのは確かにそうなんだけど、
ハンコ奪って来た所にもう1回行くんだから、もし千が殺されたり
なんて緊張があって、戦闘モードで行ったら、
銭婆に「咎めません」っていわれてきまりが悪くなっちゃったのでは?
と考えたら違和感はない・・・って一般解釈にはならないかな、やっぱり。


798 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:51 ID:iH9BG18G
>>794
さすがに浣腸プレイまでいくと時代考証的にさかのぼれるかと

799 :798:03/01/30 23:53 ID:iH9BG18G
>>796の間違い スマソ

800 :名無シネマ@上映中:03/01/30 23:53 ID:WK4tVSHd
時代考証なんて無意味っしょ?この映画の場合。

801 :名無シネマ@上映中:03/01/31 00:04 ID:CKG+4dum
しかしハクは自分の名前すら思い出せないっつーのに
なんで千尋のことだけは覚えてたんだ?不思議だ。

802 :長文スマソ:03/01/31 00:11 ID:V5A+bNyA
>>687
>漫画が途中の段階で映画を作ったんですよ?
>そもそも映画造りを許すために形だけ漫画を描こうとしたわけだし。

2行目の事情は知りませんが、あからさまに設定を変えて
いますよね?トルメキアvsペジテの構図、ナウシカが戦争
に巻き込まれる理由も曖昧、何よりクシャナが悪者になっ
たりして、物語の根底を揺るがす部分をまったくの別物に
する必要があったのだろうか?と疑問に思うわけです。

以前監督がナウシカの続編について訪ねられたとき、
さらに大変になるから出来ない等おっしゃってましたが、
最大の理由はそうではなく、劇場版の設定がなんだか
よくわからないものになってしまったからだとしたら、
惜しいことだなあと思います。

>>795
>釜じいが大昔の電車のチケットを持ってたのは・・・
>銭婆とかつてラブラブだったとか?
それふと思いました。40年前ってところが妙にリアルな
感じがして(藁。ラピュタのドーラとおじさんの関係に似てる
なあと思ってたので、実は湯婆婆と釜爺は夫婦でその昔
銭婆婆と三角関係で仲がこじれたとかあったら面白いな
なんて。

803 :名無シネマ@上映中:03/01/31 00:47 ID:Lu4IHtI/
この作品を誰かから家族愛がテーマだって聞いて見てみるとなんか親は千尋に虐待やってそーな奴でびっくりしました。まぁ後半は普通に楽しめたんですが。

804 :名無シネマ@上映中:03/01/31 00:49 ID:uLPTy1ab
一見さめた親に思えるが、実際は娘をかなり大事にしてるでしょ

805 :名無シネマ@上映中:03/01/31 00:52 ID:B049t1LS
でも、人間の出来た優しい両親だったら、盗み食いという展開は
有り得なくなってしまう。
はやおの頭の中に「豚になる」というのが最初にあって、そのために
両親をああいう風に描いたのかも知れない。

806 :名無シネマ@上映中:03/01/31 00:55 ID:WXwUlRKz
父親は千尋を大事にしてそうだけど、
母親はどのあたりでそう思った?
母親は、千尋をどうこうというより、なんというか、
表情も乏しいし、しゃべり方も均一で、
なんかちょっと人間的な感じがしなかった。
だから、大事に思ってるのかどうか、よく分からない、
感情が読めない感じがした。

807 :名無シネマ@上映中:03/01/31 00:56 ID:XKPhmL4+
>>805
その前にもし漏れがあんなへんぴな場所に紛れ込んで
誰もいない中華街にぽつーんと食べ物が置かれていても
まず手を出さないがな

808 :名無シネマ@上映中:03/01/31 00:59 ID:B049t1LS
アウディが右折し、一家が神隠しにあう前から母親には冷たさがあった
し、そもそも千尋が琥珀川で靴を拾おうとして溺れたのも、母親の
監督不行届だったのかも知れないと想像出来る。
あの作品の中の母親は最初から最後まで冷たい。

809 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:04 ID:WXwUlRKz
うん、冷たい感じ、あるよね。そんな言い方しなくても、
と突っ込みそうになりながら見てました。
男の子がああいう母親に育てられると、
カオナシになりそうな気がちょっとした。
女の子の場合は、よく分からん。父親によるかな。

810 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:07 ID:B049t1LS
はやおの作品は、いつも父性の愛情がメインだよね。
魔女の宅急便では抱き合っていたし、トトロでは一緒に住んでいたし、
お爺ちゃんのぶっきらぼうな愛情とか、おばあちゃんの豪快さとか、
なんとなく一定のパターンがある。
母親の愛情などなくても子は育つと言いたかったのだろうか。

811 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:08 ID:VWmoboGg
アスファルトの切れる鳥居のあたりから違う世界に入り始めていたんじゃないの?
宮澤賢治の「注文の多い料理店」で、犬が泡吹いて倒れたりってのと、
少しずつ深みにはまっていく様子が似てると思った。
門の手前では父親は自制が効かないほどスピードを上げている。
それを危惧する母親も、やがてその世界に取り込まれていくという図式だと思った。

812 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:09 ID:qCc3z8+t
家族愛どころか母親の千尋へのひとことひとことにトゲがある
自分だったら、母親を殴っているかも


813 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:09 ID:XKPhmL4+
引越し屋だけには任せられない、私達も早く新居に着きたい
でないと額の裏に隠したへそくり見つかってしまうかもしれない
と思ってカリカリしてたのかも


814 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:11 ID:V5A+bNyA
気を引こうとするのにあまり気にしてもらえない父親、
冷たくあしらってもすがりつかれる母親。
現代日本の親子関係が見て取れる。
親父なんて鬱な存在だな。

815 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:26 ID:S6OGUYjO
湯婆→坊のような感じの母親がいのかい?
千尋の母親が特に問題あるとは思わない。
握られた腕を振り解いたりしてないじゃん。

816 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:29 ID:B049t1LS
>>815
うん、まあ普通の母親なんだけど、アニメ史の中でかなり異色だったとは
思うんだな。

817 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:30 ID:WXwUlRKz
えらい極端だな(w
握られた腕を振りほどいたりしたら、親じゃないよ(w
そんなのが続いたら、心理的虐待と言われてもしかたがないかと。
千尋の母親は、そこまではないと思った。
でも、普通の親は、あんなに冷たくあしらわないよ。
しょうがないわねぇ、って感じで笑ってるのが普通だと思うけど。
ついでに湯婆だって嫌だよ。でも、銭婆ならいいな。

818 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:31 ID:qCc3z8+t
腕をフリ解いてないけど、何気ないコドバの暴力
ようするに母親は子供なんだ

819 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:31 ID:kCT2oM3p
あの母親の冷たさと、父親の軽薄さ加減は、
あきらかに「わざと」演出されたものだと思うけど。
それさえも「あれは普通の親子」って主張する人ってナンナンダロ・・・
別に悪意をもって言ってるわけじゃないのに。
湯屋=遊郭説もしかり。なんかさー、なんか・・・・・お花畑ですか?

820 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:38 ID:WXwUlRKz
うん、わざと、だよね。そう思った。
俺は仕事柄、たくさんの親子を見てるんだけど、
あんな親、あんまりいないよ。ぜんぜんいない、
とも言わないけど、あんまりいない。
普通とは、ちょっと思えないなあ。

821 :名無シネマ@上映中:03/01/31 01:53 ID:V5A+bNyA
裕福で(アウディに乗り手ぶらで引っ越しする)自己中な両親
物は与えるがまったく坊を理解していない守銭奴湯婆婆

魔法に頼らず慎ましく暮らしている銭婆婆

後者の方がよほどまともに見える演出。
彼の作品には首尾一貫してそういう主張があるように見える。

822 :名無シネマ@上映中:03/01/31 02:21 ID:+T4VEMCv
かいしゅん くわい― 【回春】


(1)若返ること。「―の妙薬」
(2)病気が治ること。快復。
(3)春がめぐってくること。新年になること。[日葡]


823 :名無シネマ@上映中:03/01/31 02:42 ID:Aj+2ETj3
さきほどようやく見終えたよ。
面白いけど、すっげー楽しいっ!て訳じゃなかったなぁ。
トトロ以降の宮崎作品みんなこんな感じ。
毎回思うのは少女の性格が良い子過ぎやしないかと。

824 :名無シネマ@上映中:03/01/31 02:50 ID:jsMlgWWl
普通の親だと思うけど。わざと嫌な部分見せてるけど。
嫌悪感を持つのは、自分もあんなもんだと気づいてないからじゃないの?

いつも気を使ってやさしくしてたら死ぬ。それこそ
漫画の世界の話かもね。

825 :名無シネマ@上映中:03/01/31 02:56 ID:fhmRnkVK
泥団子くれた神様が好き。
あの湯上り感最高です。

826 :名無シネマ@上映中:03/01/31 03:01 ID:fhmRnkVK
親子は、明らかに演出でしょ。
千尋が怖がっているのに、ずんずん進んで行く両親。
母親の歩調に合わせようとして小走りする千尋とかね。
そのくせ母親は夫にべったり。
怖がっている子供に対して「あんまり近寄らないでよ。千尋。」なんて言わしているし。
食べ物を何の疑いもなく食べだす妻とその夫。

なんか知らないけど、アダムとイブを思った。
関連性は自分でも良くわかってない。

827 :名無シネマ@上映中:03/01/31 03:25 ID:rzzvEFYE
出来ちゃった婚っぽい

828 :名無シネマ@上映中:03/01/31 03:44 ID:NgkGcwR1
>>819
親が冷たいってのは別に思わないけど。
親しい親子関係ってあんな感じでしょ。全然普通。
幼児ならいざしらず、あれだけ大きな子供が意味もなく暗がりに
びくびくしていたら、
「別になんにもないから早く来なさいよ。うっとうしいのぉ」
ってな反応はリアルだよ。
しょうがねーなって呆れて笑っているのもありだけど。

「どうしたの千尋?大丈夫よ、お母さんがついているわ」
という展開の方が白々しい。いかにも漫画的。
ディズニーアニメじゃあるまいし。

あれ見て普通の親子じゃない!って感じる人の方が現実の親子関係に
なにか問題でもあるんじゃないの?

などと煽ってみる。

829 :名無シネマ@上映中:03/01/31 03:47 ID:t3DLtzfv
>>819
『油屋=遊郭(の、要素「も」含む建物)』ってのはトンデモ説じゃ無いと思うよ。
ただ、そこだけを拡大してそれが全てかのように語る人や、
↑の( )の部分を抜かして語る人は、
トンデモな意見をいう場合が多いのは事実だけど。

830 :名無シネマ@上映中:03/01/31 03:57 ID:fhmRnkVK
>>828
つまり現実的な描写だったってことだね。

本当は「どうしたの千尋?大丈夫よ、お母さんがついているわ」のような
温かい親子関係のほうが、僕達は望ましいと思っているだけであって。
そして、そうあったほうが、子供も幸せだと思うよ。実際に。
だけど、いまの現実的親子関係は、あぁいう、客観的に見ると“冷たい”関係であるんだなぁ。

油屋という一種の夢の世界(?)との対比が印象的だった。
あぁ、これが現実かぁ。みたいな。
白の「振り返っちゃ駄目だよ。」という台詞。

見ている子供達に当てたメッセージでもあると思う。


831 :名無シネマ@上映中:03/01/31 03:58 ID:uuzah4hM
>>828
禿同。
母親と娘なんて女同士だから一般的にあんなもんじゃないのかね。
同じ歳の頃でも男の子ならもう少し母親も甘いだろうけど。


832 :  :03/01/31 04:04 ID:R2f2zVMF
千と千尋、金熊賞受賞の真相だそうです。

アニメでは、最近の「千と千尋の神隠し」のベルリン映画祭金熊賞受賞という大ニュースがあった。
日本のメディアは、授賞万歳、日本の文化が認められたことはすばらしい、という報道一色だった。
しかし、結果だけを鵜呑みにせず、若干周辺の状況をチェックすることをお薦めしたい。
「千と千尋の神隠し」の受賞経緯を書いたドイツの主要新聞は、南ドイツ新聞も、
フランクフルター・ルントシャオも、ディ・ヴェルトも、真相はこうだと言う。

『ドイツの「階段の半分」にグランプリが行って欲しかった。当然もらえると思っていたのに、
フランスの「8人の女たち」が出て、人気を二分した。それを良いことに、今年から映画祭の
主催者として登場した、映画も知らない変わり者のディーター・コスリックが、独自色を出そうと、
変わり種の二本の映画に金熊賞を与えた。』

金熊賞受賞の背景がどうあれ「千と千尋の神隠し」の価値が下がると言うわけではないが、
欧米に認められた認められたと騒ぐことの愚かしさが見えて来るような気がしてならない。
日本で人気の出るマンガやアニメは、まさに日本人自らが評価基準を持っているという点に
重大な意味があるのではないか。
日本人が良いと思うものを、一握りの手練手管にまみれた審査員ではなく、沢山の普通の
外国の若者が支持するというパターンは、日本と欧米の文化交流の歴史を覆す画期的なことだ。


http://www.okada.de/unchiku/manga-review/manga-review.htm

833 :名無シネマ@上映中:03/01/31 04:05 ID:fhmRnkVK
>>831
しかしえ〜、子供はそういう関係を不満に思ったり、寂しく思ったりする
というのが一般的見解ではないのかね。
それが正常な親娘関係だとしても。

834 :名無シネマ@上映中:03/01/31 04:22 ID:Aw5DwTiJ
>>833
多くの子供はそういう経験を通過してると思うけど。
・・・ただ憶えてないのか、忘れたのか。

835 :名無シネマ@上映中:03/01/31 04:27 ID:fhmRnkVK
>>834
でしょ?
やっぱりね、宮崎駿は第一義的に子供のために(子供が感情移入しやすい現実感をもって)
映画を創ってると思う。そこが偉いね。本当にそう思う。
夢の世界を夢見る子供を見事に夢の世界へいざなう演出だと思うよ。
冷たい両親像は。
なぜ、大人にも楽しめるか?
だれもが子供だったからです。
通過してきた子供時代はどんな人にとってもほとんど同じ。
子供の心を描ける宮崎は凄いと思うよ。ほんと。

836 :名無シネマ@上映中:03/01/31 04:29 ID:uuzah4hM
>>833
それほど意味のある場面とも思わんけど。
もし親子関係が上手くいってないということを描きたかったのなら
千尋は親を救うところで疑問やためらいを見せたりするはず。
必死で親を助けようとしたんだから、普通の健全な親子ってことだ。

837 :名無シネマ@上映中:03/01/31 04:32 ID:fhmRnkVK
>>836
うまくいっていないとは一言も言っていないょ。
むしろ、現実的に問題のない親娘関係です。

838 :名無シネマ@上映中:03/01/31 04:38 ID:4q6oQ6ZF
>>837

なるほど。


ところで>>832は激しくガイシュツのコピペ坊。
皆、反応しちゃ駄目ですよ!

839 :名無シネマ@上映中:03/01/31 04:38 ID:E2kZBKfF
最後の両親を見つけたくだりなんですが、
例えば、もし橋のブタの中に両親が居て、それを千尋が見つけたとしたら、
「魔法が解けて人間に戻る」というシーンになると思うんです。
でもそういうシーンは無かった。宮崎駿さんはそういう場面を作らなかった。

つまり両親はブタになっていなかった。
「ブタになった」のではなく、
「千尋にはブタに見えた」と考えるべきではないか。

両親を見分けるシーンはかなり力が入ってますから、
なんらかの強い隠喩が隠されてると思います。
私は「千尋の成長に伴う親子関係の変化」ではないかと思います。
両親と自分を狂気の世界から救うことの出来る「何か」を、
千尋は入れた。それは苦団子ではなかった。

凡百のブタの中から、自信を持って両親を見分けることが出来る能力。
それは一体どういうものでしょうか?
人間の本質を見抜く目?
それとも、人間は所詮ブタなのだという諦めの境地?

「海の彼方にはもう探さない。輝くものは私の心に見つけられたから」
という歌詞はかなり気になります。

未消化で申し訳ないけど、このへんどう思われますか?

840 :名無シネマ@上映中:03/01/31 05:19 ID:hiyuZHOa
両親の時間的感覚って腹いっぱい食って一息着いてたら千尋がいないのに気付き
あちこち探してもいないからきっと車に戻ったんだろうと考えトンネルに差し掛かったところで
後ろから千尋がくるって感じだよね。
だから両親は自分が豚になったという記憶はないんだろうな。
(それと料理に見合った代金は支払ったと信じたい。)

両親を見分けた理由 やさしい気持ちになれたから
(おもいっきりバカっぽいが劇場で初めて観た時マジでこう思ったw)

841 :名無シネマ@上映中:03/01/31 05:36 ID:uuzah4hM
>>839
両親見分けるシーン、そんなに力入ってたか?
最後手抜きすぎって感想もたくさん聞くけど。

豚を見抜いたのはやっぱり髪留めの力じゃないかと。
両親が豚になったのも、夢オチや幻想とは思わなかったな。
千尋の体験がすべて幻想というわけじゃないのなら
両親が豚になるところだけ幻ってことにする必要もないっしょ?


842 :名無シネマ@上映中:03/01/31 06:46 ID:rtkDnNBy
>>779-780

オクサレ様のシーンを見る限り
監督が性的に枯れてるとは思えんが。
むしろストレートに欲望を発散させてる。
あそこまで描いちゃっていいのか?って感じだぞ。

1、スカトロプレイ
2、2度目の薬湯を投入後、千が股を開いて受け入れ態勢。
3、千の手が硬いものにさわる。
4、硬いものをロープでぐるぐる巻き。手つきが慣れないのでリンに手伝ってもらう。
5、昇天

こんなわかりやすいソープ嬢描写がほかにあるか。


843 :名無シネマ@上映中:03/01/31 06:52 ID:Aw5DwTiJ
そうとも取れるだけの話だろ。
煙突が映れば勃起といってるぐらいのほとんど意味のない話、
だとは自分は思うけどね。

844 :名無シネマ@上映中:03/01/31 07:00 ID:rtkDnNBy
そうか?

監督とスタッフ一同、「助平なシーンだね〜」なんて、
面白おかしく作画してた光景が見えるようだよ。

露骨な18禁アニメに対するアンチテーゼでもあるんじゃないか?


845 :名無シネマ@上映中:03/01/31 07:08 ID:rtkDnNBy
そうそう、忘れてた。
もともと>>842は、千が神嫁として捧げられるシーンなんだ。
水の波が花嫁衣装のベールとして描かれてる。



846 :名無シネマ@上映中:03/01/31 07:08 ID:aTSZUnbY
http://www.kenmon.net/

これってアリ?







847 :名無シネマ@上映中:03/01/31 07:09 ID:0aeQ50qU
勃た無く成ったからって性欲が無く成ったと考えるのは
早いよ。なんでバイアグラが売れるのか考えてみ。

848 :ROOOM:03/01/31 07:22 ID:0E3zvCLi
テレビ放映されてから、このスレすげーな。
ちょっと目を離してるとすぐ次のスレに行っちゃう。
前スレの865以降、読みそびれたよ。

849 :名無シネマ@上映中:03/01/31 07:26 ID:OjuaFRwT
rtkDnNByは日常生活で目に映る事柄全てが猥褻なものに変換されるんだろうな。



850 :名無シネマ@上映中:03/01/31 08:09 ID:iCwgnfrJ
>>849
> rtkDnNByは日常生活で目に映る事柄全てが猥褻なものに変換されるんだろうな。

むかし偉い人が「芸術作品は鏡と同じだ、猿が覗きこむと猿しか見えない」
つったらしいが、コイツにもサルが見えてるんだろう(w

851 :名無シネマ@上映中:03/01/31 08:24 ID:rtkDnNBy
>>850

>むかし偉い人が「芸術作品は鏡と同じだ、猿が覗きこむと猿しか見えない」

     誰 の 言 葉 で つ か ?



852 :名無シネマ@上映中:03/01/31 08:39 ID:HcfGoP5r
>>842
ちょっと待って。
>>780だが、そのへんのことはちゃんとわかっているつもりだ。

>ついでに言うと、あっち方面で枯れちゃったことの苛立ちが、
>このアニメを歪なメタファーで溢れ返させた要因にもなっている。
>「回春」願望は、なによりも監督自身の叫びに過ぎないのだ。
って、780には書いたし。

>>847が言うように、勃たなくなったことと
欲望(性欲)を発散させるという行為は、
別の話として考えるべきだ。

それはともかく、
>水の波が花嫁衣装のベールとして描かれてる
っていうのは、ステキな表現よね。

853 :名無シネマ@上映中:03/01/31 08:39 ID:HcfGoP5r



ちなみに、>>779-780はあくまでしょーもないネタだし、
この映画の描写をいちいち下ネタ方面で解釈してる他の多くの人達も、
下らんのは承知の上で、ネタとして楽しんでいるに過ぎない(はずです)。
宮崎アニメを肴にこんなバカ話が出来るのは、ここ2ちゃんだけなんです…。
勘弁してください。(そこらのファンサイトで話題にしても、迷惑でしょ?)

ジブリファンには潔癖で生真面目な方が多いような印象がありますが、
そういう方達は、2ちゃんとはそういう場所でもあるということを覚悟した上で、
あまり下ネタを真に受けたり、過敏な拒否反応を示したりせず、
どうか、愚かな私達を生暖かく見守ってやって下さい。
というか、我慢してください。スルーして下さい。

下ネタ大好きッ子でした。

854 :名無シネマ@上映中:03/01/31 08:57 ID:rtkDnNBy
そんなに必死になるなよ(w

855 :名無シネマ@上映中:03/01/31 09:29 ID:0aeQ50qU
ハヤオの作品の背後にエロの臭いを全く嗅ぎ取れないという人は
潔癖という以前に、読解力が無いといっても良いんじゃないでしょうか。


856 :名無シネマ@上映中:03/01/31 10:05 ID:t3DLtzfv
>>855
普通の人はエロスをかぎとっても、その要素を拡大して、そこだけを
語ろうとなんてしないからだよ。
むしろ語ろうとしない人が嗅ぎ取ってないというのは誤解でしかないと
いっても良いんでないでしょうか。

ハヤオの作品なんかに限らなくても、
創作家の作家性が色濃く出た作品にエロスが存在するのなんて別に普通。
というか創作家なんて煩悩を叩きつけて物を作るもんでしょ。
わざわざそこだけをしつこく語る必要性も感じないけど?

857 :名無シネマ@上映中:03/01/31 10:16 ID:Pg5Z9XiP
ハヤオはロリコンなんだからそんなこと論じても
奴が少女に力注いでるのはみえみえ。

858 :名無シネマ@上映中:03/01/31 10:29 ID:t3DLtzfv
だからそれを語るのに殆ど意味はないってのに。

859 :名無シネマ@上映中:03/01/31 10:33 ID:0aeQ50qU
>>858
なぜエロの要素を語る事に意味が無いと思うんですか?

860 : :03/01/31 11:05 ID:ERjmjWC5
>>858
フロイトに謝れ!

861 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:12 ID:t3DLtzfv
>>859
というか、「嗅ぎ取れない人は読解力がないのでは」ってあなた言ったけど、
実際は「嗅ぎ取ってるけど語らないだけ」だと思うよ、ということ。
敢えて言えば言葉は悪いけど、むしろあなたが空気を嗅ぎ取れてないだけにも思える。

必要が全くないと言う気は無いし、
それはそれで面白い話題では在るけど、もう既に延々と繰り返されて、
(特にこの映画はエロスが判りやすいから突っかかる人多いし)さらには
そこだけを拡大して全てととる人が多いもんだから
なんとなくその話題はもう避けたい気分かなあ、と。(俺は、だけど)
映画板でも芸スポ+でもどこでも大抵それでスレ消費されるし。

どうせ大抵は「宮崎はロリコン!」しか言えないアンチの単純なレスか、
油屋→遊郭→ソープっていう話が延々続くか、
あれはあのエロスの暗喩、あれはあの暗喩、と全てエロス「だけ」に繋げるか、
で発展がないのも原因かも。

862 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:13 ID:t3DLtzfv
>>860
し! しまったフロイト先生…。
夢に出てくる炎やあれやこれやは抑圧されたエロスの象徴でした…
ご、ごめんなさいフロイト先生…(((( ;゚Д゚)))

863 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:14 ID:spOgtWxe
>>856
あなたが語りたくなきゃスルーすればいいだけでしょ。
一要素として語るならいいんでしょ。
いちいち「語るな」って絡まなくてもいいんじゃないの。
放っとけば。

864 : :03/01/31 11:14 ID:o1NnAORY
>>836
>もし親子関係が上手くいってないということを描きたかったのなら
>千尋は親を救うところで疑問やためらいを見せたりするはず。
それは違うと思う。親に虐待されて骨折したりしてる子でも,
親はかばうし,親を悪く言わない。むしろ助けようとする。
それが虐待の特徴。千尋は虐待されてるとは思わないけど,
でも親を助けようとしたから親子関係に問題ない,健全だ,
とは言えないということで。
>>828
>「別になんにもないから早く来なさいよ。うっとうしいのぉ」
なら別に問題ない思うけど,あの場面の母親は,そんなじゃなくて,
もっと言葉も拒絶的で,千尋の方をろくに見てないよ。無視に近い。
828の感じなら,無視はしてないから別にいいと思う。

865 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:20 ID:X6qGofq9
うちの親モロにああだから全く違和感を感じなかった。
初めて竹下ケイコに好感を持ったw
(実際に会ったら本当に嫌な人だったけど
めずらしく役としても嫌な人やってたからw)

866 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:25 ID:kTGb4OZI
両親の描写については、かなり意識的だと思ったよ。
現代的な中産階級の30代の親っていうのを、多少批判的にリアルに描いてると思った。
父親の子供っぽさとか、母親の冷たさとかは自己中心的な未熟さの表れで
「恋人夫婦」とか「友達親子」とか言われるような現代的な少し冷めた夫婦・親子関係。
トトロの両親との対比で見るとはっきりしてると思う。理想と現実として。
未熟な保護者のもとで十分な庇護を受けられないということは、
子供自身の自立の必要性を説くうえで、作劇上のテーマの補強にもなる。
トンネルくぐるあたりからの常軌を逸した行動は異世界の魔力として見たけどね。
でも、「あとで金払えば、勝手に食べてもいい」とかの厚顔無恥ぶりは本人の属性だろうし
そこが処罰対象としてブタにされる理由になってるんではないかと。

867 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:30 ID:oAOm1JIT
竹下景子?出てた?
沢口靖子のまつがいでつか?

868 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:30 ID:uuzah4hM
>>864
千尋なんかより、お前自身がなんか危ないんじゃないのか・・・?
そっちのが心配だよ・・・・・・

>>865
竹下景子?そんなの出てたっけ。

869 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:31 ID:YPfxtIcB
>多少批判的にリアルに描いてると思った

批判っつーかおちょくってんだよ。
茶化してんだよ。
自分らが作っちまった世界なのに愚弄してんだよ。
反面教師ほどウゼーもんは無い。

870 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:34 ID:t3DLtzfv
>>863
一要素として語る人が居なかったもんだから…ごめんね。

871 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:35 ID:t3DLtzfv
>>869
それはちょと穿って見すぎにも思う…そこまであの爺さん狙うかなあ。

872 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:39 ID:0aeQ50qU
両親共、子供の訴えには耳を傾けませんでしたね。
千尋は10歳にして親を超えてしまいました。


873 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:39 ID:uuzah4hM
>>866
う〜〜〜ん、そこまでいくと、もはや考え過ぎとしか・・・。

これって、基本は娯楽作品だと思うんだけど。
ちょっと違った楽しみ方するとすればアート系とか。
そこまで社会派として勘繰っちゃったら暗くなり過ぎて
本来の楽しみ方まで出来なくなりそう。

874 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:42 ID:d4UtlcF5
>>863
べつに語るなとは言ってなかった様に見えるけど…
むしろあなたの方がはたから絡んでるようにも。
まあ二人で話してたみたいだし暴れてるわけでもないしほっとけばいいかと。





ところで千尋の両親の冷たさは魔法によるもの説ってないの?
あれなら問題ない気がしたんだけど。
(魔法とするにはやや描写が足らなかったけど)


875 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:43 ID:6WfFp1y8
>>715
リン=イタチ
遅レス スマソ

876 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:45 ID:WxCO6lUs
>>872
でも実際親ってあんなもんじゃないかな?
いきなり食べ始めたのは流石にアレだけど、
子の不安の訴えを無視して車を走らせ、奥へ奥へ歩いてく辺りは
普通に近いと思うんだけど…
ウチだけかな、まさか。


877 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:45 ID:3TtSxOIe
宮崎映画って元々親には何も期待してない感じがする。特に母親には。
そしてその代わりにか、少女が母性を発揮する。
母は不在で、子を捨てるものなのか。
実の母親は、母性を求めるのには血生臭すぎるということなのだろうか。

878 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:54 ID:0aeQ50qU
>>876
子供の視点からみれば親というのは
己を保護してくれる頼みの綱であると同時に
子供の訴えをあれこれ禁じて来るうるさい存在
でもあるわけで、冒頭から豚になるまでの
持って行きかたは非常に上手かったですね。
冒険が終わって、ラストにはもう両親との人間関係が
変わってしまったと思います。


879 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:57 ID:X6qGofq9
昔から言われるが「家族」がちゃんと機能していないこと多いよね、パヤオの映画。
別々に住んでたり、氏んでたり。

880 :名無シネマ@上映中:03/01/31 11:58 ID:SFr6G4D/
千尋、もったいない。
一つぐらい魔法教わってから帰って来いよ。

881 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:03 ID:0aeQ50qU
>>880
魔法よりも、ハクと別れたのが勿体無いなー。

882 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:06 ID:uuzah4hM
>>876
いや、ごく普通だと思うが。
普通に、外で大人が子供を適当にあしらってる時の感じ。
時代とか関係なく。

変に思うやつって、やっぱりディズニーとか
そこらへんのメディアに普段影響されてるんじゃないの?
親がベッドで、子供の言うことを頭をなでながら
優しく話を聞いてやってるような感じのやつ。
日中でも子供にそういう態度とってやってるのが普通だと思ってる。
だから同じメディアなのにやたらリアルに描いてあるもの見ると
逆にしっくり行かないものを感じて「親の態度はこうあるべき!」
とかって考えちゃうんだよ。


883 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:14 ID:tqFbn3y1
夜通しああだこうだと講釈たれたカキコしているのキモ過ぎ。


884 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:14 ID:GmTJf0B0
>873
社会派って...一部分を解釈しただけですけど。
もちろん娯楽作品として楽しみましたよ。
あの監督なら、登場人物の性格設定ってこれくらい普通にしてるでしょ。

885 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:15 ID:SFr6G4D/
>>882
IDにうざがられてるね。

886 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:26 ID:uuzah4hM
いや、敢えて母親のクールさについて勘繰るというなら
やっぱり「現代人の風刺」かもな。
昔の人みたいに「千尋の母・父」としてのみ存在する
という人間像ではなく「明るく軽い体育会系の男」
「クールで現実的な女」っていう現代人にありそうな
人間の象徴が豚にされたってことかも。
料理をがっついて食べるところは、物語の中では
もちろん魔法の街に入っておかしくなったんだろうけど
がっつく豚ってのは、貪欲な現代人の象徴だろうし。
考えてみればシンプルなイメージだな。

887 : :03/01/31 12:34 ID:o1NnAORY
>>876
こどもが高校生以上くらいならともかく,10歳だったら,
こどもの不安を無視(あるいは気づかない)親は,
ちょっとどうかと思うよ。そういう親,こどもがなんか問題ある
ヤツくらいしか思い出せない。いるけど実際。
でも,こどもがちょっと問題あって,病院行ってるヤツとか
ばっかりだから,普通,っていう言い方は気になっただけ。


888 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:38 ID:rtkDnNBy
どうして千尋の親がスタンダードな親であるという前提で見なきゃならん?

ああいうドキュソ親の家庭で生まれ育った無気力な娘=千尋でいいだろ。

889 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:49 ID:Cb9gRbJS
あの場合、ああいう親じゃなかったら話が始まらないだろ。
 「ここいやだ、帰ろう」
 「そうか。じゃあ帰るか」
    −終−

890 : :03/01/31 12:53 ID:ERjmjWC5
反面教師としての両親だろ?

891 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:03 ID:0aeQ50qU
あんなに怖がってるのに「そんなにくっつかないで、歩きにくいわ」
なんていうんだからちょっと冷たいでしょ。

892 : :03/01/31 13:06 ID:ERjmjWC5
>>891
反面教師としての両親だろ?


893 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:20 ID:Lgl+gNP+
小泉なんか言ってたぞ。

894 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:28 ID:+T4VEMCv
>つまり両親はブタになっていなかった。
「ブタになった」のではなく、
「千尋にはブタに見えた」と考えるべきではないか。

なるほどのぅ。

895 :ごめんhelp:03/01/31 13:32 ID:+T4VEMCv
蛇が頭が良かったら[ジャガリコ](蛇が利口)、豚が夫婦喧嘩をしたら[トンガリコーン](豚が離婚)、では河豚(ふぐ)が兄弟喧嘩をしたら何になる??


896 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:38 ID:6waXMQl0
視聴者は千尋がどんな体験をしたのか知ってるから親の対応が酷いように思えるが、
何も知らん親が、ただのテーマパークの廃虚を真っ昼間に歩くだけで
あんなに怖がる子供を理解出来ないよ。幼児じゃあるまいし。

897 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:46 ID:fhmRnkVK
両親は豚になってたよ。
間違いない。

898 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:48 ID:fhmRnkVK
だから〜、あのシーンは現実と夢想の世界を対比するために必要なシーンであって
それ以上でも以下でもない。

899 : :03/01/31 13:49 ID:yJKTfrQW
豚になってたが、いつもと同じことをしていたので豚になった
ことに気付かなかった。自分を省みることもせずに、ひたすら自らの欲望を
むさぼり続けてた、とかね。

900 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:51 ID:yCP/JrZo
ハンコにかけた呪いがとけたのは何故?
あの虫は呪いではなかったんだよねえ。
愛の力?

901 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:52 ID:PL7cHTZh
親の対応に反発する前に自分自身を見つめ直せばいいのに。
偽善的にな事ばかり言っててもしょうがない。
加害者側だってことに目をそらしすぎ。

作者の狙いどおりかもしれない。嫌な気分にさせること。


902 :名無シネマ@上映中:03/01/31 13:53 ID:4q6oQ6ZF
そして、900に突入したわけだが。

903 : :03/01/31 14:07 ID:o1NnAORY
確かに「千尋には豚に見えた」ってのは,気づかなかった。なるほど。

>>896
理解できないからって拒絶するのは親じゃない,ってことではないかと。
他人ならアリだけど,親(というか,その子に愛情をかけている人)なら,
なんでこの子はこんなに怖がるんだろう?って思って,もうちょっと
気にかけたり様子を観察したりするってのが愛情ってもんじゃないかな,と。
でも,あの場面では,そういう親じゃない,という設定になっているのが
一つのポイントなんだと思うけど。話を進めていく上でも必要だし。

>>901
親になってないからとりあえず加害者にはなってないっす。
あんな親にはなりたくないなあ,というのはあった。
自分も親にはかなり反発した方だけど,うちの親はあんなに
冷たくないし,友達の親で結構冷たい人がいて,その友達が
つらくて苦しんでるのを見てきたから,なんかちょっと
気になっちゃったんだよ。
作者のねらいというか,意識はしてるよね,ああいう親を描くのは。

904 :名無シネマ@上映中:03/01/31 14:13 ID:G0beaXOK
>900
呪いって「持っているものが死ぬように」だっけ?
解けたというか、千尋は「返しに行くために」持ってただけだから
呪いから除外されたっていうのはどう?
所有者としての意識がなかったから。
都合よく解釈してだけど。

905 :名無シネマ@上映中:03/01/31 14:26 ID:rtkDnNBy
「千尋には豚に見えた」って何だよそれ?もうアホかとバカかと。

なんのためにハクは千尋をブタ小屋に連れて行ったんだ?
おにぎりのシーンまでの流れを無にするのか。おめでて〜な。

はんこの「持っているものが死ぬ呪い」も、湯婆婆の虫に呪いがかかったのであって、
千尋が虫をふみつぶした時点で呪いは解けたんだよ。
ぜんぜん読解力ないのか。


906 :名無シネマ@上映中:03/01/31 14:28 ID:V2CayGtX
ワハハハ!

907 :名無シネマ@上映中:03/01/31 14:30 ID:V2CayGtX
読解力。

映画見るのに?読解力?

908 :名無シネマ@上映中:03/01/31 14:38 ID:rtkDnNBy
厨は帰れ(w

909 :名無シネマ@上映中:03/01/31 14:54 ID:laIdM6o4
>>900
>ハンコにかけた呪いがとけたのは何故?

食わせた団子の力

910 :名無シネマ@上映中:03/01/31 14:54 ID:AI3YBDoi
ハクは覚醒前は湯婆の手下なので、千に対して行ったすべての親切に
ハクの心がこもっているとは断定できない。
豚になった両親を見せたのも、千に「豚になった」と信じさせるように
湯婆からの命令かも知れない。

911 :名無シネマ@上映中:03/01/31 14:58 ID:laIdM6o4
>>905
ハンコは違うだろ。
あれは「ハンコを盗んだモノに呪いがかかる」という銭婆の魔法。


912 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:05 ID:rtkDnNBy
>>911

ハンコを盗んだのはハク竜の腹の虫。

913 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:08 ID:8C8XniPW
ふみつぶしたぁ?ははははははは
あれは妹が弟子を操るために龍の腹に忍び込ませた虫だよ。

914 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:12 ID:0aeQ50qU
リンに休日はあるんだろうか。
あったとしても食べ物屋だけしかない商店街での
買い食いくらいしか遊びは無いだろうなあ。
いつか出て行くとか言ってたが、可哀想に。

915 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:14 ID:7uXgu8et
>905
ハクに呪いがかかったから血吐いて苦しんでたんでしょ。
それを団子で吐き出させたから直った。
虫はぴんぴんしてたよ。

916 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:15 ID:rtkDnNBy
>>913
>>915

もし、「ハンコを盗んだのはハク竜で、腹の虫はハク竜を操っていただけ」で、
腹の虫には責任は無いと言いたいのなら、あんたは単純ばか。

車を運転していて事故ったら、
「事故をおこしたのは車で、ドライバーには責任は無い」と言ってるようなもの。
そんな言い訳は通用しませんよ。



917 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:16 ID:0aeQ50qU
判子に呪いがかかってたからハクが苦しんでたのは事実として、
一緒に吐き出した目玉の虫はそれとは別件にユバーバが
ハクに埋めた虫でしょ。

918 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:17 ID:rtkDnNBy
>>915

ハンコの呪いは、「死の呪い」で「苦しむ呪い」では無い。
千が虫を殺したから、死の呪いは消えたの!


919 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:18 ID:laIdM6o4
>>916
だから虫に呪いがかかる道理ならば、何で虫は元気だったんだよ??
そこんとこの説明を明確に頼むわ

920 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:19 ID:yCP/JrZo
ハンコのシーンは結構重要だと思うのに
明快な回答が分からなくて
ちょっとそこが消化不良。

921 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:20 ID:rtkDnNBy
>>917

ハクが苦しんでたのは、腹の中で虫が暴れてからだよ。

なぜ、腹の中で虫が暴れていたか?

命令通りに、湯婆婆にハンコを渡さないでいたからだ!


922 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:21 ID:rtkDnNBy
>>919
>>918

>>920
俺に聞け。

923 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:23 ID:5GovuiKq
>>910
その説がもし正しかったら「あらゆるコネクションを使ってジブリに入社し
“赤いDVD”を内部告発しこの問題に終止符を打ち、モノのついでに次回作の
“ハウルと動く城”を無理矢理“天空の城ラピュタ”の続編に作り変えさせ、
ハヤオの個人資産をここにいるみんなに平等分配する」と言う罰ゲームをうけてもいい!。

924 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:27 ID:laIdM6o4
>>916
この理屈ならば、真の黒幕は湯婆なんだから湯婆に呪いががかる道理だけど。
そこんとこの説明も明確に頼む。

925 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:28 ID:rtkDnNBy
>>924

「実行犯」という言葉を調べて来い。

926 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:29 ID:Wkm9fOLS
rtkDnNBy
釣り?

927 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:32 ID:laIdM6o4
>>925
実行犯というのならば、それはハクだろが。
虫は直接手を出していない。操っていただけじゃん。

928 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:36 ID:rtkDnNBy
>>927
>>916

ハク竜は、操られていただけなので、責任は及びません。

>>926
勘違いしてるやつらに、わかりやすく解説してるだけだが?

929 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:36 ID:G0beaXOK
>918
死にそうになってたんだろ?
だから、死なないように吐き出させたんだろ?
虫は苦しんでもいなかったが?

930 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:36 ID:laIdM6o4
>>925
こんなこと書くようでは、アンタ自身が書いた>>916の内容と食い違い
が生じるね。

世間でも実行犯だけ裁かれて黒幕は罪は問われないってか?

931 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:38 ID:Cb9gRbJS
rtkDnNBy の論理がそろそろ死にそうです

932 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:40 ID:rtkDnNBy
>>929
>>921>>918よめ!

>>930
>>928

まったく、人のレスくらいちゃんと読めよな。



933 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:42 ID:laIdM6o4
rtkDnNByは完全に論理破綻してるな

934 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:42 ID:Cb9gRbJS
>>932
君いくつ?

935 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:43 ID:rtkDnNBy
>>933

んじゃ、君が説明したら?
なんで呪いは消えたの?ん?

936 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:43 ID:rMREtEkk
その前に:rtkDnNByはこの映画をちゃんと見ろ。

937 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:46 ID:laIdM6o4
>>935
厨房くん、読んでないの??
既に>>909に書いたよ。

で、君いくつ?

938 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:46 ID:rtkDnNBy
俺の説明のどこが変なんだ?

悔しいのはわかるが、俺の解説が正しいことは認めろ。

939 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:48 ID:rtkDnNBy
>>909

団子は、「悪いものを吐き出す」効果じゃないのか?
それにプラスして呪いもとくのか?

そのほうが、ご都合主義すぎるな。


940 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:50 ID:c34kEGqa
>935
>904のでいいんじゃないの?
「持っているものが死ぬように」っていうのがハンコ自体にかかってるんなら
ハクが死んでも虫が死んでも呪いは残る可能性もあるよな?

941 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:55 ID:rtkDnNBy
>>940

銭婆が、「呪いが消えてるね」といってましたな。


942 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:56 ID:iDNctgR8
はんこの呪いは「盗んだものが死ぬように」。
呪いが解けたのはハクにはんこを盗ませた虫が死んだから。

943 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:56 ID:rtkDnNBy
まあ、百歩譲っても、「千尋の愛の力で消えた」といったところだな。


944 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:57 ID:laIdM6o4
>>939
ご都合主義なんてことを突っ込んだら、映画やドラマは成り立たないんだが。
だいたいあの団子は千尋が両親の呪いをとくために残しておきたかった
ことをお忘れかな?(藁
これもご都合主義すぎる??

そんなことよりも、頼んだ明確な解説を頼むわ。

945 : :03/01/31 15:59 ID:o1NnAORY
団子はさ,要はなんにでも効くんだよ。万能薬みたいな感じで。
なんにせよ,まずいけど食べるといい方向に向かうのさ,きっと。

946 :名無シネマ@上映中:03/01/31 15:59 ID:0aeQ50qU
ひょっとしてダンゴパワーはあくまで吐き出させただけで、
虫と判子を一緒に吐き出してしまった時点から
判子の呪いはハクから虫にシフトしたってことかな?
で、呪いどおりに虫は死んだから呪いが解けたのかも。

947 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:00 ID:rtkDnNBy
俺のいままでの説明がそんなに気に入らんか。

はいはい。「千尋の愛の力で消えた」これでいいだろ?

948 :946:03/01/31 16:01 ID:0aeQ50qU
>>924氏にかぶった。

949 :946:03/01/31 16:01 ID:0aeQ50qU
まちがい
>>942だった。。。。

950 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:06 ID:rtkDnNBy
話かわるけど、「じゃりんこチエ」知ってるか?

千尋ファミリーのモデルだぞ。チエも父ちゃんも婆ちゃんもそっくりだぞ。
高幡監督へのオマージュなんだろな。


951 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:09 ID:0aeQ50qU
>>950
うう、言われてみれば・・・

952 :nnn:03/01/31 16:10 ID:rGv+NR/i
http://jsweb.muvc.net/index.html
   ★幸福になりたい私★

953 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:12 ID:MmS/RmL3
>946
ナットク。

954 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:12 ID:ZwGKPj25
つーか「虫が呪われてしまった」解釈は充分成立すると思うが、
煽るつもりが必死になってた様はみっともない。>rtkDnNBy
ハクの負傷 -> 紙人形(式神)の攻撃による外傷・魔法傷
ハクの記憶が切れ切れ -> 虫に乗っ取られてる
湯婆婆が遠隔操作したわけじゃなく、ハクの身体を動かしてたのは虫
っつー解釈なんだろ?

>>950
小鉄とジュニアはだれだ(w

955 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:12 ID:rtkDnNBy
これで、千尋パパがドキュソなのも納得だな。

パパの行動は、テツそっくりだよ。顔もそのままだし。

956 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:15 ID:rtkDnNBy
>>954

解釈もなにも、映画をちゃんと観てれば、他に理由はないだろ?

小鉄とジュニア=ねずみとハエ


957 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:17 ID:rMREtEkk

千尋の両親は別居してない。



958 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:20 ID:rMREtEkk

千尋パパはちゃんと仕事してる。



959 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:34 ID:5GovuiKq
そんなことより新スレ立てなければ
今度の1さん、がんばって!期待してます!

960 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:34 ID:ZwGKPj25
そういや「千尋」という名のなかに「チエ」があるな。「エロ」もあるが。

961 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:34 ID:rtkDnNBy
じゃりんこ

     ヨ
千 エ   ロ
     寸



962 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:42 ID:rMREtEkk
じやりんこチエへのオマージユなのはむしろあいこっち。

963 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:44 ID:nRbm8F+m
FAQまとめ
1.千尋の記憶
  トンネルを抜けたときには、不思議の街の記憶は思い出せなくなっている。
  けれども、「思い出せないだけで,忘れてはいない」とされている。

2.行きと帰りのトンネルの違い
  「門みたい」だった入り口、トンネルの出口にあった風なりのする
  建物、車の前の石像の顔のいずれも消滅、ただのトンネル、石柱に。

3.坊はすでに立てていた
  湯婆場と坊の再開場面、湯婆場は棒が2本足で立っているのに驚くが、
  坊は遅くとも千尋と対面したときには既に立てていた。常に狭い部屋で
  寝かしていたため我が子の成長に気付かない湯婆婆。

4.ハクの弟子入り
  川が埋められ、行き場を失ったハクは湯婆婆に弟子入りし、魔法の力を
  得ようとする。しかし、湯婆場に呪いをかけられ、いいように使われる。

5.別れ際のハクの手
  ニガ団子の効能で呪いが解け、吊り上った目が戻る。千尋のお陰で自分の
  本名も取り戻すが、変える場所が無いのには変わりなく、千尋との再会は
  難しいのを知りながら千尋に元の世界に返って欲しいがために「きっと逢
  える」と言う。別れ際のハクの手を見れば想像が付くだろう。

6. ハクの本名
  ニギハヤミコハクヌシ

7.滞在日数
  千尋が不思議の街で過ごした日数は3日。(by 鈴木P)



964 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:45 ID:nRbm8F+m
8.海原電鉄
  電車とみんな呼んでいたが,実際はディーゼル

9.キットカット
  最初の車内のシーンで,千尋とシートの間に挟まっている。

10. なぜ千だけが…
  名のある川の神(似非オクサレ様)の件で千が湯婆婆に誉められているとき,
  後ろでリンが、「えっ、俺は?俺のこと忘れてない?」というジェスチャー
  をしている。

11. ハクの性別
  ハクの性別について、映画中で銭婆の次のセリフで明言されている。
  「両親のこともボーイフレンドの竜のことも自分でやるしかない」
  (「ボーイフレンド」という表現から,性別は男)



965 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:46 ID:nRbm8F+m
---- 以下,仮説 ---

12. 息をすると解けてしまう術
  最初に千尋が湯屋の橋のところにやってきたときに、ハクが
  「私が時間をかせぐ。早く川の向こうへ走れ!」と言ったときに掛けた術。

13. 魔法でつくったんじゃ何にもならない(髪留め)
  千尋が現実世界に戻ったとき or 時間がたつと魔法で作ったものは魔法が
  解けて消えてなくなってしまうため。

14. カオナシの移動
  カオナシは,家人が招き入れないと,家の中に入ることが出来ない。

15.契約書の誤字
   千尋は湯婆婆との契約の際「荻」の字の「火」の部分を誤って
  「犬」と書いてしまうが、その為か
完全に支配される事を免れる(?)。
  (「本当の名前」も忘れかける程度で済む)

16. 釜爺の「わからんか、愛だよ愛」
ギャグでは無く、作者の思い入れのある台詞である。
【根拠】「愛というセリフをいやみなく言える人はこの人しかいない」
という鈴木敏夫プロデューサーの推薦により、
釜爺の声は菅原文太さんに決定したという。
(ロマンアルバムp.65「愛の力」より)





966 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:46 ID:rtkDnNBy
>>962

あいこっちってなに?

967 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:47 ID:nRbm8F+m
---- 以下,仮説 ---

12. 息をすると解けてしまう術
  最初に千尋が湯屋の橋のところにやってきたときに、ハクが
  「私が時間をかせぐ。早く川の向こうへ走れ!」と言ったときに掛けた術。

13. 魔法でつくったんじゃ何にもならない(髪留め)
  千尋が現実世界に戻ったとき or 時間がたつと魔法で作ったものは魔法が
  解けて消えてなくなってしまうため。

14. カオナシの移動
  カオナシは,家人が招き入れないと,家の中に入ることが出来ない。

15.契約書の誤字
   千尋は湯婆婆との契約の際「荻」の字の「火」の部分を誤って
  「犬」と書いてしまうが、その為か
完全に支配される事を免れる(?)。
  (「本当の名前」も忘れかける程度で済む)

16. 釜爺の「わからんか、愛だよ愛」
ギャグでは無く、作者の思い入れのある台詞である。
【根拠】「愛というセリフをいやみなく言える人はこの人しかいない」
という鈴木敏夫プロデューサーの推薦により、
釜爺の声は菅原文太さんに決定したという。
(ロマンアルバムp.65「愛の力」より)




968 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:49 ID:rMREtEkk
>>966

知らないならそれはそれで幸せなことだ。

969 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:52 ID:oY79MAy3
あの、湯婆婆の元にいた、顔だけの「ん、ん、ん」と言ってるヤツ、
あれはなんのメタファーだとかの説あるんですか?

970 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:52 ID:rtkDnNBy
ID:rMREtEkkは意地悪。


971 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:53 ID:rtkDnNBy
>>969

はい、先生。
「つるべおとし」という妖怪です。「ぽんぽこ」にも確か出てきました。


972 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:54 ID:3qiXj+rM
>>969
強いて言うなら「悪趣味なペット」

973 :名無シネマ@上映中:03/01/31 16:59 ID:oY79MAy3
>>971
どうも!早速検索してみました。
「人を驚かす妖怪」だそうで。

974 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:03 ID:lgMrTPQU
妙にスレの伸びが速いと思ったら厨房様の御降臨か

975 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:07 ID:rtkDnNBy
マターレ

976 :いい加減更新スレ:03/01/31 17:11 ID:m8Ru3Rot

           ■関連スレ■
■ アニメ映画監督、宮崎駿について ■
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1043172940/l50
´Д)つパズー!■天空の城ラピュタ 4■シータァ(。Д。)
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1041065483/
☆☆☆猫の恩返し 3匹目☆☆☆
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1030274420/
哲学板千と千尋
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/philo/1043417557/l50




977 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:14 ID:rtkDnNBy
1000

978 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:16 ID:XKPhmL4+
>>976
芸能ニュース板にもなかった?

979 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:18 ID:rtkDnNBy
ほれ

http://ruitomo.com/~gulab/s.cgi?k=%90%E7%90q&o=r

980 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:18 ID:zxSkqtAT
このスレは50まで逝くかな〜?

981 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:22 ID:2knLfp5x
ブタは宮崎のトレードマークでもあるよね。
「どん欲の塊。それでいて憎めない」とも語ってる。

「ブタ=蔑みの対象」と決めつけるのは危ないカモ。
ただ湯婆がブタを蔑んでいたのは確か。

982 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:22 ID:XKPhmL4+
>>963
この1の答えははどこから導き出したの?

983 :これ貼る?:03/01/31 17:26 ID:m8Ru3Rot
平成たぬき合戦ぽんぽこ
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1043418107/l50
【映画】「千と千尋の神隠し」次はアカデミー!大期待
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1043916134/l50
正直、千と千尋の神隠し理解できません。その2
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comicnews/1043689699/l50

984 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:31 ID:rtkDnNBy


985 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:32 ID:YPfxtIcB
みんなで次スレは作らないと決めましたよね。
記念すべき最終スレの1000をゲット出来た喜びを
皆さんに伝えたいです。
ありがとう。そして・・・サヨナラ

986 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:34 ID:BIH15TWz
rtkDnNByはイタイな。w

987 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:35 ID:XKPhmL4+
ジブリで一番人気あるキャラ、だれなんだろ

988 : :03/01/31 17:36 ID:ERjmjWC5
>>987
パヤオ

989 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:40 ID:rtkDnNBy
1000ゲット!

990 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:43 ID:m8Ru3Rot
>>987


991 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:43 ID:rtkDnNBy


  1 0 0 0 お め で と う !



992 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:43 ID:l10GXpMI
「千尋には両親がブタに見えた」を拡大してみる。
つまりあの世界のことは全て「千尋から見た景色」。

偉そうな人ほどデカイ顔をしているように見える。
異性である男はまるでカエルのように見える。
客人はもはや人類から遙か遠くの存在に見える。
もの凄い勢いでたくさんのことをやってのける釜爺は手がたくさんに見える。
「千尋」であった時に出会ったハクは人間に見える。
同じ境遇にあるリン(&床磨きをしている娘たち)は人間に見える。

993 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:43 ID:ITq7Jwih



994 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:43 ID:rtkDnNBy
千ほし〜  千ほし〜


995 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:44 ID:7bj+FDbw
いただきました

996 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:44 ID:rtkDnNBy
1000

997 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:44 ID:oY79MAy3
>>992
上手い。雨が降ると海になる!

998 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:44 ID:7bj+FDbw
1000げっと(2回目)

999 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:45 ID:l10GXpMI
今日からお前は1000だ

1000 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:45 ID:rtkDnNBy
1000!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

317 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★