5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ポール・モーリアMood/Easylistening PART5★

1 :うぃ。 ◆Wi.pm2a5ds :03/08/25 06:44 ID:xKC4NC9r
ポール・モーリア氏をはじめムード・イージー系の話題をマタ〜リと。



644 :Penelope FAN:03/12/21 03:51 ID:eGLJdx+n
あー、できれば年代別にわかれば助かるのですが。

645 :名盤さん:03/12/21 03:55 ID:hxr217dA
大空港のテーマって夜明けのカーニバルのパクリだよね?

646 :名盤さん:03/12/21 09:35 ID:3Rj8UQhM
>>643-644
過去ログ>>508に書いてあるよ。

647 :名盤さん:03/12/21 21:07 ID:8NlvsMld
スペインものといえば、スペイン製の「EN ESPANA」もCDで併売されているよね。


648 :ATPCO:03/12/22 13:30 ID:aA2pckSK
日本に戻ってきました。まだ時差ぼけ気味で眠いです。
>>523 >>573 >>591 >>597
「永遠に愛す」が収録されているLP「ワールド・スター・フェスティバル」
をチェックしてみました。>>591さんがおっしゃられた通り、発売元はコロン
ビアではなく日本ビクターでした。1970年頃までビクターがPHILIPSレーベル
を扱っていましたから、権利関係のねじれはなかったです。訂正します。

649 :名盤さん:03/12/23 08:33 ID:HcPkCNKa
下がってる、下がってる。

650 :名盤さん:03/12/23 16:39 ID:T7Q1UMfF
>>649
下がっているようなので、保守です。書くことがないのでちょっとカラベリの
話題を…。先週の日曜日に行われた最後(?)のコンサートでしたが、なかなか
素晴らしかったですよ!本人はさらさら引退するつもりもないようですので
安心しましたし、どうやら勝手にSMFが最後の日本公演と決めただけでした。
昨年11年振りに発表したニュー・アルバムも最高の出来ばえでしたし、今後も
新録は行うだろうとのことで、これからも頑張ってほしいと思うと同時に、
PM,RLが引退した現在、最後の巨匠に大いに期待したいですね!!!
SMEもSTAR BOXは別として、PLAYS SOFT AND MELLOWを発売中止にしたのだから、
せめて新譜のA NEW DAY HAS COMEを単発契約で出せばいいのにね???
まぁ、これもセールス的には難しいでしょうが、久々にフレンチ・サウンドが
楽しめるいいアルバムなので、日本未発はもったいないですね。

651 :名盤さん:03/12/23 19:36 ID:5AuuecrZ
>>650
A NEW DAY HAS COMEのレーベル、番号、ご存じでしたらお教え願います。


652 :ATPCO:03/12/23 22:31 ID:vQKzL7gH
日本に帰国し手持ちのLPを眺められるようになりましたので、
次のアルバムに進む前に、未回答の件にレスしておきますね。

>>456 >>457
シャンソン・デラックス (Chanson De Luxe, XS-69-AX)は1968年、ラテン・デラックス
(Latin De Luxe, XS-76-AX)は1969年のリリースです。1972年にベスト・コレクション・
ダブル・デラックス(Best Collection Double De Luxe, SS-1072-MU、2枚組み)で再発
されました。

>>534 >>536
「きらめきのシンフォニー」のサウンド・エンジニアは不明ですが、その前後の
アルバムについてはクレジットがありますので、整理しておきますね。

アイ・ライク・ショパン(28PP-82/38PD-18) Jean-Louis Labro
哀しみのショパン (28PP-86/38PD-22) Jean-Louis Labro, assisted by Marc Repingon
夏色のオブジェ (28PP-100/32PD-50) Jean-Louis Labro
愛の夢 (28PP-102/32PD-61) Jean-Louis Labro
すべてをあなたに (28PP-105/32PD-126) Jean-Louis Labro, assisted by Christophe Dubois
G線上のアリア (28PP-111/32PD-155) Jean-Louis Labro, assisted by Christophe Dubois
プリマヴェーラの微笑 (28PP-134/32PD-266) Jean-Louis Labro & Dominique Poncet, assisted by Christophe Dubois
嘆き鳥のレジェンド (28PP-142/32PD-326) Jean-Louis Labro & Dominique Poncet, assisted by Christophe Dubois
パリの空の下 (28PP-144/32PD-432) Dominique Poncet
きらめきのシンフォニー (32PD-490) ???
愛のセレナーデ12 (PPD-7) Jean-Yves Pouilloux & Dominique Poncet
スペイン夢紀行 (PPD-18) Dominique Poncet, assisted by Raphael Tidas

653 :ATPCO:03/12/23 22:51 ID:vQKzL7gH
さらに大昔に戻り>>398の自己レスです。

ポール・モーリア/マルセイユの愛〜デジャ・ヴ」(Deja Vu, 1984)
台詞のない音楽映画=シネマージュ第1弾(LD、VHS、β、VHD)
1. 哀しみのカンターヴィレ (1984)
2. セブン・シーズ (1984)
3. 白い渚のアダージョ(オータム・ストーリーのテーマ)(1974)
4. 恋はみずいろ (1967/82)
5. 渚の別れ (1972)
6. サンセット・オープニング (1983)
7. スノウ・デザート (1977)
8. ロマンティック・レーザー (1980)
9. みずいろのスタッカート (1982)
10. ピアノ・スター (1977)
11. 蒼いノクターン (1966)
12. ドミノ (1965/84)

ドミノは1966年版ではなく、この映像メディアのための新録だそうです(僕は
聴いたことないです)。

654 :ATPCO:03/12/23 23:09 ID:vQKzL7gH
>>600 >>604
1991年発売の4枚組みCD「ポール・モーリア・グレイト・ボックス」(PHCA-3101-4)の
ライナー・ノート(北川氏)によると、「コリンとはPMの秘蔵っ子女性歌手、コリン・
テルのことであり、若い彼女のキュートなイメージをセレナーデとして表現した・・・彼女
のアルバムはPMのブレーンがバック・アップしており、日本でもフォノグラムよりCD
が2枚リリースされている」そうです。しかし、同氏による「さよならコンサート」の曲目
解説では、コリン・テルについて触れられておらず、ヴァランタン・クーポー氏の長女
コリン嬢(当時は就学前の小さな女の子)に捧げたセレナーデとして紹介されていました。

655 :ATPCO:03/12/23 23:45 ID:vQKzL7gH
>>622 >>641
永田文夫氏は、「夏色のオブジェ」のライナー・ノートで、モーリア・サウンド
の魅力について、「ストリングスを生かして、メロディ・ラインを浮き彫りにする
とともに、リズムを前面に押し出したあざやかなアレンジ、そしてオーソドックス
な音楽性とフレッシュな現代性をかねそなえたサウンド」と述べています。この
アルバム「スペイン夢紀行」では、永田氏の指摘するストリングスとリズムが、
従来以上に強調され、厚みと深みを増していると思います(さすが大規模編成
だけある)。クラシック3部作もそうでしたが、「嘆き鳥のレジェンド」〜「きら
めきのシンフォニー」では、電子楽器が多用される一方で、リズムに迫力がなく、
ストリングスも平板だったので、相対的に「スペイン夢紀行」の好感度がアップ
しているとも言えますが・・・・。

656 :ATPCO:03/12/24 15:56 ID:rsoQ12lK
次のアルバムは、ボサノヴァ・アレンジによるスタンダード集(1990年の
来日記念盤)です。間違いは訂正してくださいね。

リオの休日/ポール・モーリア (Remember)
*PHILIPS PHCA-22(CD, 1990)
*収録曲:
  1:ビギン・ザ・ビギン BEGIN THE BEGUINE (1990)
  2:カーニヴァルの朝〜「黒いオルフェ」 MANHA DO CARNAVAL (Orfeu negro) (1990)
  3:ブラジル BRAZIL (1990)
  4:トライ・トゥ・リメンバー TRY TO REMEMBER (Au coeur de septembre) (1990)
  5:イパネマの娘 THE GIRL FROM IPANEMA (1990)
  6:素顔のままで JUST THE WAY YOU ARE (1990)
  7:キサス・キサス・キサス QUIZAS, QUIZAS, QUIZAS (1990)
  8:想い出のサンフランシスコ I LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO (1990)
  9:P.M.愛のテーマ (PMイースタン) PM EASTERN (Love's Theme) (1990)
  10:フライ・ミイ・トゥ・ザ・ムーン FLY ME TO THE MOON (1990)
*フランス盤との対応:
  「リメンバー」(846 995-2, 1990)と同一

  録音:Studio des Dames Paris
  編曲&指揮:Paul Mauriat
  サウンド・エンジニア:Dominique Poncet, assistaed by Raphael Didas
  製作:Paul Mauriat & Valentin Coupeau
  Note:仏盤ジャケにDDDの記載

657 :ATPCO:03/12/24 15:57 ID:rsoQ12lK
>>656
モーリアの自作曲は9のみ。4は1967年(SFX-7150)、7はベルエール時代の
1959年(XS-76-AX)に録音されているので、今回が2回目の録音となります。
2は、「悲しみよさようなら」のタイトルで、1975年のマルセル・ビアンキ
のスティールギター・アルバム(FDX-170)に収録されたヴァージョンもあります。

また、10曲中4曲が、(アレンジ違いはあるものの)ライブ録音されています。
1は1998年のさよならコンサート、2は1990年と1996年のコンサート、3は
1982年(映像メディアのみ)の「アラウンド・ザ・ワールド・メドレー」6曲目、
6は1990年コンサートのライブ盤にそれぞれ収録されています。

ライナー・ノートは水野さち子さん。北川隆一による「ポール・モーリア25年
の歩み」という記事も載せられていました。

658 :ATPCO:03/12/24 20:06 ID:MdkaBj/z
>>657 敬称を落としてしまいました。すみません。
「想い出のサンフランシスコ」は「霧のサンフランシスコ」の方がポピュラー
な邦題かしらん。

659 :PMイースタン:03/12/24 21:12 ID:e9YO73ow
ATPCOさん、お帰りなさい。皆さん、メリー・クリスマス!
今日は「HANSI MANIA(J.ラスト・ファン、某オークションで有名な方と
は別人)」の方からいただいたJ.ラストのクリスマスコンサート・ビデオを見たり、
PMの仏盤「NOELS」、ドイツ盤「WEIHNACHTSTRAUME」を聴いています。

>>656
これまた台湾でフランス盤を買いました。これもオビ付きで「永詩不忘 情調音樂大師
波爾・摩麗亞大樂團 再現無限魅力」というキャッチ・コピーです。

「キサス・キサス・キサス」はベル・エール版もボーカルが入り、捨てがたい魅力です。
「トライ・トゥ・リメンバー」は90年版の方が好きです。
全体的に「ジル色」が強いと感じますが実際のところ、そうなんでしょうか?
私のハンドル・ネームでもある「PMイースタン」はあまり好きな曲ではありません。

日本盤はなぜ「紙ジャケット」だったのでしょうか?オーストラリア盤も通常タイプで
したが。

660 :PMイースタン:03/12/25 21:59 ID:bi/9TTo7
下がってるため、保守あげです。
山崎はじめさんからクリスマス・メッセージをいただきました。ここの住人の方も
いただいた方がおられそうですね、たぶん・・・。

>>656
「リメンバー」のジャケットもフィリップ・ケラーですが、我が家の2F階段にこの
ジャケットと非常に似ているケン・ドーンの版画が飾られています。同じ時期に購入
したのですが、どちらが先に発表されたのでしょうね。

「素顔のままで」は私にとっては非常に納得のいくアレンジだと思います。


661 :名盤さん:03/12/26 02:31 ID:i0qb2+wM
>>656
当初の予定では、「トライ・トゥ・リメンバー」ではなく、フリオ・イグレシアス
の「アノール・アモール」が録音される予定だったという話。これってホント??

662 :名盤さん:03/12/26 02:47 ID:7TiPOonK
>>661
本当ですよ。他にも日本フォノグラムでは「エーゲ海の真珠」のボサ・ノヴァ・
ヴァージョンを録音依頼しましたが、これだけは蹴られましたね!!!
>>659
某オークションで有名なHANSIMANIAって、どなたのことでしょうか???

663 :名盤さん:03/12/26 20:44 ID:WOX70Gjg
>>661 「アノール・アモール」ではなく、「アモール・アモール」のタイプミスでした。

664 :ミスターN:03/12/27 08:13 ID:8ldLcaFt
>>656
「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」はイントロが長く、全く従来のイメージと違
いますね。ここでもパン・フルートが活躍しています。2コーラス目のオルガン風
シンセが60年代を醸し出しています。
「キサス・キサス・キサス」は90年バージョンも力作だと思います。


665 :名盤さん:03/12/27 13:51 ID:ehjt/jZP
「トライ・トゥ・リメンバー」の旧録は、38PD-5、32PD-58、JK-14でCD化されているが、
いずれも廃盤で入手し難い。なお、1990年の10枚シリーズの中の「スタンダード・ヒット・
コレクション」(PHCA-20)に収録予定だったが、「リメンバー」で新録がリリースされる
はこびになったため、急遽、「アンチェインド・メロディ」に差し替えられてしまった。

666 :名盤さん:03/12/27 17:18 ID:zyVotw4V
>>664 フライ・ミイ〜は、レゲエ調のイントロが奇妙きてれつで面白い。
聴き手の意表を突いて「聞かせ」るアレンジ。

667 :名盤さん:03/12/27 20:02 ID:wOh64OD+
「キサス・キサス・キサス」と「ブラジル」は、ジル・ガンビュスのアレンジ
だそうですね。

668 :名盤さん:03/12/28 12:47 ID:1BETY8oy
>>657
「ポール・モーリア25年の歩み」は、4枚組みボックスセット(Great Box)
に使いまわしされたよねえ。

669 :名盤さん:03/12/28 17:18 ID:hv4u8UTe
スタンダード・ナンバーのアレンジでは、カラベリの方が好み。
カラベリの一連のスタンダード集(虹色ロマンス、オンリー・ユー、テンダリー、
ブルー・ロンド)の復刻キボンヌ! カラベリのリズム・アレンジにはジル・
ガンビュスも参加していて、モーリアのRememberよりも歯切れのよい演奏になってる。

670 :名盤さん:03/12/28 17:22 ID:Ey6HUoA1
>>669
カラベリの「枯葉」はよかったなあ。
2回録音してると思うけど、80年代と90年頃かな?

671 :ATPCO:03/12/28 20:35 ID:2jLrQpwm
大昔にまで遡って「落穂拾い」のレスしておきますね。

Part4 920 LP「マジック」のジャケ・デザインは、竹永茂生氏でした。

>>26 >>27 >>33 >>34 うぃ。さん、僕の持っているDVD(El Bimbo)では、「水かけ」
シーンが、ベスト・オブ・フランス・メドレーの「ラメール」部分に収録されていました。 

>>158 「ラビリンス」のサウンド・エンジニアは、Dominique Poncet (assisted by
Mark Perignon)です。なお、1980〜87年のPMのオリジナル・アルバムでは、Jean-
Louis Labroがサウンド・エンジニアを勤めていました(>>652参照)。

>>184 まったくの別曲です。カラベリの「オンリー・ユー」はザ・プラターズの1955年
のヒット曲で、作詞・作曲はバック・ラムとアンデ・ランド。PMの「オンリー・ユー」
は1983年のフライング・ピケッツのヒット曲です。

>>256 カラベリの3枚組みを聴きなおしたところ、1984年頃に録音された「恋の予感」
と「哀しみの時にも」に聞き惚れてしまいました。

672 :ATPCO:03/12/28 20:35 ID:2jLrQpwm
>>664 ミスターNさん、「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」は、「素顔のままで」と並んで、
このアルバムで最も好きな曲です。オルガン風のレトロな音色がよいですネ。

673 :ミスターN:03/12/28 22:35 ID:UReEb/9R
>>672
「郷愁」という言葉がピッタリの曲ですね。

それにしてもなぜこのアルバムはたった10曲なのでしょう?
>>669
おおよそ推測できます。ジル・ガンビュスさんはこういったアルバムに参加されて
いたですから、さぞかし気持ちの良いアレンジでしょうね。

実は今、実家に戻る途中でPMイースタンのところで書いています。

674 :PMイースタン:03/12/28 22:51 ID:UReEb/9R
ミスターNと2002年PM楽団中国公演の映像を見ています。
ブレンダン・パワー氏の「人民帽」なんて、いまどき現地の人でもかぶりません。

「ビギン・ザ・ビギン」は「さよならコンサート」バージョンもいいですね。

あと2曲くらいスタンダード・ナンバーを収録してほしかったです。
>>665
「トライ・トゥ・リメンバー」の初録はなぜかドイツ盤LP「MOTIVE」にも入って
います。そのジャケットはお気に入りです。


675 :名盤さん:03/12/29 05:06 ID:wcY5LSsc
sage

676 :ATPCO:03/12/30 01:31 ID:y6CG1Qby
>>673-674 CDになって長時間収録が可能になったにもかかわらず、収録時間は
昔と変わりませんでしたネ。10曲のアルバムは、1979年の仏盤「ドナ・ドナ・ミア」
以来ではないでしょうか。もっとも、「ドナ・ドナ・ミア」の場合、日本などの海外
盤では特別録音が追加収録されていましたが。

677 :名盤さん:03/12/30 08:22 ID:RBzQyM+b
>>676
そうですねー。79年「NOUS」は過去ログにもあったように、「AEROSONG」が追加
されてたブラジル盤がありました。

678 :名盤さん:03/12/30 16:50 ID:rZzWJHYR
>>664 >>666
「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」もそうですが、「ブラジル」のイントロも
凝っていますね。こうしたオリジナルにない独自のイントロをつけるのは、
モーリアの十八番でした。

679 :ATPCO:03/12/31 10:55 ID:b1HhNbId
>>676
1982年の「マジック」から1990年の「リオの休日」までのオリジナル盤の収録時間
を調べてみました(再生機器により秒の狂いがあります)。やはり「リオの休日」
の収録時間が最短のようです。

「リオの休日」34分22秒(10曲)
「スペイン夢紀行」40分31秒(12曲)
「愛のセレナーデ12」35分47秒(12曲、ゴースト・ストーリーを追加すると39分42秒)
「きらめきのシンフォニー」43分37秒(16曲、ビルディング・ザ・グルーブを追加すると52分43秒)
「ベスト・オブ・フランス」36分44秒(11曲)
「嘆き鳥のレジェンド」39分55秒(11曲)
「プリマヴェーラの微笑」39分56秒(12曲)
「G線上のアリア」34分50秒(11曲)
「潮風に誘われて」40分50秒(12曲)
「愛の夢」45分31秒(12曲、悲愴ソナタをのぞくと41分59秒)
「夏色のオブジェ」46分42秒(13曲、アマポーラをのぞくと43分12秒)
「哀しみのショパン」41分23秒(12曲)
「アイ・ライク・ショパン」39分38秒(11曲、オリーブの樹を追加すると42分44秒)
「フラッシュダンス」39分2秒(12曲、LP)
「恋する瞳」41分11秒(12曲、LP)
「私は風が好き・ライブ」45分34秒(10曲)
「マジック」37分57秒(12曲、エニー・ディ・ナウを追加すると41分23秒)

680 :ATPCO:03/12/31 11:08 ID:b1HhNbId
皆様、今年1年間お世話になりました。アルバム数も残り少なくなってきました。
2004年3〜4月までにすべてのオリジナル・アルバムを一通り見終わることになり
そうです。見通しとしては、このまま「リオの休日」で年越しして、台湾盤「ユー・
ドント・ノウ・ミー」について触れた後(PMイースタンさん、紹介してください
ますか?)、フィリップスからリリースされたラスト4枚を順次取り上げることに
なります。その後はポニー・キャニオン6枚+VAL Productionもので終了となります。
このままのペースを維持したとすると、ポニー・キャニオン盤の途中でpart5はおし
まい、残りはpart 6になるかと思います。part 6になったら、新企画を考えなければ
なりませんネ。

681 :名盤さん:03/12/31 20:05 ID:mcJUl6CF
スタンダード・ナンバーといえば、カラベリもそうだけど、ジェームス・ラスト
も1980年代前半に録音していましたよね。

682 :名盤さん:04/01/01 09:55 ID:D7DLfplN
>>659 >>664 >>667
昨年のPMオーケストラ公演で演奏された「キサス・キサス・キサス」は、
スタジオ録音と同じアレンジでしたか?

683 :名盤さん:04/01/01 14:03 ID:Vq9b8nGU
>>682
全く同じというわけではないですが、それに近いアレンジだった記憶が・・・。

684 :名盤さん:04/01/02 09:46 ID:hUqLDSJ7
>>656
アルバム・タイトルが「リオの休日」になっているので、またブラジルものかと思
いました。原題が「リメンバー」なので日本側でつけられたタイトルだとわかった
けど。「ブラジル」とか「イパネマの娘」が入ってるからかな?

685 :名盤さん:04/01/02 19:28 ID:nwgF2TGN
>>684 確かにこの邦題はズレてますねぇ。ボサノヴァ→ブラジル→リオデジャネイロ
なのでしょうが・・・。

686 :名盤さん:04/01/02 21:16 ID:6+aA2hzC
>>685
"GOLDIES"とか"ニュースタンダード・ヒッツ"でも良かったのでは?とも思うんで
すが、他にどなたか気の利いた邦題タイトルつけていただけませんか?
「スペイン夢紀行」は良いと思います。

687 :名盤さん:04/01/03 15:57 ID:TCJ2czQ1
>>686 「ニュー・スタンダード・ヒッツ」だと同時期にリリースされたオムニバス盤
(PHCA-20、スタンダード・ヒット・コレクション)と混同されるリスクあり。
「ゴールディーズ」は、1981年コンサートのメドレーで使われましたね。カラベリの場合、
「虹色ロマンス/ポピュラー・スタンダード名曲集」というタイトルもありました。

688 :名盤さん:04/01/03 17:54 ID:c+Fb7weP
スタンダード集(オムニバス盤)では、1993年にリリースされた「ポール・モーリア・スタンダード・ベスト」
(PHCA-6126)がまだ売られています。このCDに収録されている「恋はみずいろ」、「エーゲ海の真珠」、「シバの女王」、
「悲しき天使」、「輝く星座」は、オリジナル録音ですか、それとも再録音の方ですか?
ご存知の方、教えてくださいませ。もしオリジナル録音なら購入したいと思ってます。

689 :名盤さん:04/01/04 00:04 ID:eJwpcrcm
シバの女王様お元気であられますか?

>>688
もうすぐ20枚復刻されますよ!そっちでどうですか?

690 :ATPCO:04/01/04 10:26 ID:QKdAiunF
>>680
PMイースタンさんがお忙しいようなので、台湾盤「ユー・ドント・ノウ・ミー」
について詳細を書いておきますね。

YOU DON'T KNOW ME / PAUL MAURIAT (PHILIPS 846 891-2, CD, 1990)
 1:ユー・ドント・ノウ・ミー YOU DON'T KNOW ME (1990)
 2:夢見る未来は MY FUTURE IS NOT MY DREAM (1990)
 3:アバウト・ウィンター ABOUT WINTER (1990)
 4:輝ける明日 TOMORROW WILL BE BETTER (1990)
 5:春風に向かって TOWARDS THE SPRING WIND (1990)
 6:P.M.愛のテーマ (PMイースタン) PM EASTERN (Love's Theme) (1990)
 7:ゴースト・ストーリーのテーマ GHOST STORY (1989)
 8:愛ある限り (台北之歌) SONG FOR TAIPEI (Thinking of you) (1986)
 9:ソング・オブ・ラブ THE ENDING SONG OF LOVE (1985)
 10:オリーブの樹 OLIVE TREE (1984)
 11:竜の子孫 DESCENDANT OF THE DRAGON (1982)
 12:P.M.愛のテーマ (PMイースタン) (vocal by Angus Tung) PM EASTERN (Love's Theme) (1990)

1998年には24ビット・リマスタリング盤がリリースされてます。
1、2、3、4、5、12の6曲は日本未発売です。6は「リメンバー」(PHCA-22, 1990)、
7は「Digitalベスト・オブ・ポール・モーリア/愛の記念日」(PPD-19, 1990)、8は
「ニュー・ベスト30」(30PD-164/5, 1986)、9は「夏色のオブジェ」(28PP-100/32PD-50,
1985)、10と11は10枚組「ポール・モーリアの世界」(OCD-20005, 1994)が日本での初出
だと思います。

691 :ATPCO:04/01/04 10:33 ID:QKdAiunF
>>679 訂正です。
「きらめきのシンフォニー」は46分5秒(16曲、ビルディング・ザ・グルーブを追加
すると52分43秒)でした。

>>688 僕もそのCDを持っていないので分からないです。

692 :PMイースタン:04/01/04 21:12 ID:XkjJGTqA
>>690
皆様、あけましておめでとうございます!
ATPCOさん、謝謝〜。
このアルバムは91年1月に香港にて購入。CDとカセット・テープで発売。
98年、24ビット版は台湾では紙ケース付きで販売、香港ではオビ付きで販売。


693 :PMイースタン:04/01/04 23:37 ID:AI4MyVcV
>>690
「ユー・ドント・ノウ・ミー」は「PM愛のテーマ(PMイースタン)」と同じく
Angus Tungの曲。
ごめんなさい、時間がないので明日以降、ゆっくりまた書きます。再見!

352 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)